フットボーラーだって人間だもの

クロップ

クロップ

情熱的でユーモアがあって人情味溢れる指揮官のもと、信頼されて快適で結果が出てくれば自信も取り戻す。

2015-2016・プレミアリーグ第13節、マン・シティVSリヴァプール@エティハド・スタジアム。

『クラシコ』のあとに連続で録画視聴しましたが、ユルゲン・クロップは数多のマネージャーたちに無い何かを持っているのでしょう。『完璧にはほど遠いが、とても、とても良かった』と語ったように、まだまだ改善の余地(特にフィニッシュ)があるレッズでしたが、走る走る走る。

run and run、more run。

それもプレミア仕様に、ドルトムント時代よりメリハリが効いていたと思います。ネイマールとタメのコウチーニョが完全復活し、ララーナがガス欠せずにピッチを駆け回る。ミルナーに至っては、何かに取り憑かれたかのようなアップ&ダウン。正直、世界最高峰の華麗なフットボールではありませんが、観る者に訴えかけるエモーショナルに溢れていました。

そんなクロップ・レッズにフットボールの女神も微笑み、ラッキーなオウンゴールで先制(コウチーニョが必死戻ってディフェンスしボールを奪ってからのゴールだった)したこのゲーム。コウチーニョの秀逸な股抜きの一撃(フィルミーニョが必死に走って繋いだゴールだった)で加点し、オフサイドぎりぎりで3点目をゲット(チャンの秀逸なヒールに抜け出したコウチーニョのアシストからのゴールだった)した前半。終了間際にアグエロの美し過ぎるゴラッソで1点返されましたが、後半も泥臭く粘って(バックパスをスターリングに掻っ攫われアグエロにシュートを撃たれたが懸命に戻ってきて必死でスライディングしたりと)耐え凌ぎ、コーナーキックからの溢れ球を蹴り込みマンチェスターから勝ち点3を持って帰還しました。

(陳腐ですが)素晴らしいの一言。

スタンフォード・ブリッジに続きエティハドからも勝ち点3を持ち帰り、勝ち点を20としたレッズ。4位のガナーズとは勝ち点差6。3分の1が終わっただけのリーグ戦。もちろん、トップ4で終える可能性もあるし、過酷なマッチ・スケジュールだけに脱落していく可能性もありますが、観る者を熱くするゲームに、ニュートラルな僕でさえ期待せずにはいられません。

クロップが志向するヘヴィ・メタル・フットボールは、レッズにこれから何かを齎すでしょう。ロジャースが3年間掛けても成し得なかった、対トップ4のアウェイでの二つ目の勝ち点3を早くも成し遂げた愛すべきユルゲン・クロップ。

格上に滅法強いアンダー・ドッグの逆襲が痛快なユルゲン・クロップのフットボールから目が離せなくなってきました。

 

Manchester-City-vs-Liverpool

団結。

俺たちはテロに屈しない。

 

コウチーニョ

フィルミーノ

シュクルテル

ネットを揺らし始めたレッズ。

あとは引いて守る格下相手にどうするかです。

 

アグエロ

イニエスタのゴラッソに続いてアグエロの美しい一発も観れた日曜の幸せ。

フットボールって素晴らしい!!。

 

クロップ

『資金的には、誰もバイエルン・ミュンヘンに対抗することはできなかった。だがピッチ上ではもちろん対抗することもできた。それこそがフットボールに関して私の最も大好きなことだ。どれだけ出費するかが重要なわけではない。何をしたいかだけが重要なんだ』

『だから当然ながら我々もシティと戦うことができるし、もちろん倒すこともできる。ドルトムントでもシティに勝ったことはあるし、アウェーでは引き分けた。彼らの方が金は持っていたが、それは成功の一部でしかない。残りは努力することだ』

とゲーム前に秀逸なコメントをしていたユルゲン・クロップ。粕谷さんですら絶賛する愛すべきユルゲン・クロップ。

 

クロップ

ドルトムント時代に仕事する可能性があったデ・ブライネとゲーム前に談笑。

 

クロップ

ゲーム後には、必ずピッチに入って敵にはシェイク・ハンド、味方にはハグ。

人間味溢れるところも魅力的だ。

広告