ブラヴォ、イスコ

イスコ

イスコ

EURO2016予選・グループC、スペインVSベラルーシ@エスタディオ・ヌエボ・コロンビーノ。

格下が相手とはいえ、前半18分の1発はキーパーが一歩も動けないまさにゴラッソでした。

最近はマドリーでも活躍しているみたいですが、僕はあの頃を思い出しました。

ブラジルからの捲土重来を期す“ラ・ロハ”の命運はこの男とコケが握っているのかもしれません。

『今は調子が良いね。チャンスをうまく生かすことができていると思う。今が自分の最高の時期だとは考えたくないけどね。フィジカルの状態が良くて、速く質の高いプレーができている。それをピッチ上で見せることができているんだ』

『僕はとにかく頑張って、毎日自分の場所を勝ち取ろうとしている。あとは監督たちが決めることだよ。スペイン代表にもレアル・マドリーにも、世界最高の選手たちがいる。僕はただ、監督たちの選択を難しくさせたいと思っている』

 

ブスケツ

ブスケツ

ゲームはイスコのゴールの1分後にブスケツが豪快に叩き2-0とし試合を決めました。

バルサでももっと打って欲しい。

 

ペドロ

バルサでは出番が限られているペドロが後半にネットを揺らし3-0で勝利した“ラ・ロハ”。

ペドロ、ゴール出来て良かったです。でも1月には海を渡るかなぁ(泣)。

 

モラタ

モラタも出番がありました。

そして、カジェホンも(笑)。出場時間は多くありませんでしたが、ファースト・チョイスのジエゴ・コスタがフィットしてませんので脅かして欲しいですね。

 

スペイン

スタメン備忘録。

サンティ・カソルラも良かった。ピケがセントラル・・・(泣)。若手の守備陣は育ってませんかね。右サイドはアスピリクエアタで良かったのでは?。もうカシージャスもアディオスでいいのでは?。デ・ヘアがゲーム前に脱臼し離脱しましたが・・・。

デルボスケ翁にはデ・ヘアを使って欲しい。

 

デルボスケ

その翁、ゲーム後にイスコに軽くごもっともな戒めを。

『イスコはとても良いプレーだった。だが、ちょっと上品にやりたがりすぎる場面もあった』

『我々は良いプレーをして、試合を支配した。最初の30分で2点を決めた。だが、上品に、芸術的にやりたがることが時々ある』

それがスペインではありますが、王座をドイツに明け渡した今はもっと泥臭く、ガムシャラにプレイすることが必要かもしれませんね。

 

スペイン

チアゴ・アルカンタラやイジャラメンディが居ませんが、U-21・EUROを連覇した逸材の息吹を感じるスペイン代表。

まだスロバキアに遅れを取っていますが、ここから復活して欲しいものです。

終焉の地、マラカナン

スペイン

ブスケツ

スペイン

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第2戦、スペインVSチリ@マラカナン・スタジアム。

勝てる感じが全くしなかった。ネットを揺らす雰囲気は皆無だった。悲壮感のみが漂い、焦り、浮き足立ち、失点し、栄華を極めた無敵艦隊の航海はブラジル・マラカナンの地(今大会のファイナルの地でもある)で終焉を迎えた。

ジエゴ・コスタは素晴らしいタレントだと思うが、このバルサをベースとした“ラ・ロハ”には全く合っていなかった。その後釜のフェルナンド・トーレスは更に酷く、何故彼を投入するのか首を傾げざるを得なかった。

この試合では、第1戦で目も当てられなかったラモスとピケのコンビをラモスとハビ・マルティネスに変えて臨んだデル・ボスケ。しかし、20分にバルガスに蹴り込まれ敢えなく失点してしまう。無失点が前提だったが、この時点でグループ・ステージ突破は事実上不可能となってしまったと言わざるを得ない。

まだ1失点だったのに目も当てられず慌てて、焦って、前半終了間際にアレクシス・サンチェスのFKの溢れ球をアランギスに押し込まれ終わってしまった。

EUROを連覇し、ワールドカップの連覇をも目指した王者だったが、2002年のフランス、2010年のイタリアに続いての前回大会のチャンピオンがグループ・ステージでゴー・ホームとなった事実は何かの証左だろうか。

バルサのサイクルが終わり、代表も一新されるだろう。

フットボールの世界に於いて勝ち続けるのは不可能なことだ。ワールドカップでは単純に4年分歳を取ればクオリティを維持するのは至難の技なのだろう。

寂しいが現実に向き合わなければならない。

今大会は“個”の力に依存したカウンターが威力を発揮している。これからのスペインはどのようなチームを目指すのだろうか。若くて才能溢れるタレントの宝庫だ。まずはEURO。これからも注目していきたいと思う。

 

デルボスケ

采配ミスは明白だろう。

プレイヤーのコンディションも万全ではなかったかもしれないが、名前に固執しすぎたかもしれない。

『ここまでの2試合では、どちらも優位に立てなかった。我々は痛みに打ちひしがれている。今日の前半は消極的なプレーに終始し、後半にはアクションこそ見せたがゴールには至らなかった』

『何が足りなかったか?すぐに考えることは望まない。確実な返答をするためには、ある程度の時間を置かなければね。我々は24~25日間をともに過ごしたが、良いコンディションを維持しており、スタメンの選択も悩ましいものだと思っていた。しかし、現実はそうではなかった』とゲーム後に総括したデルボスケ。

お疲れ様でした。

 

イニエスタ&カシージャス

『何が起こったかを説明するのは難しい。人々に謝罪をしたい。このグループは、こんな終わり方に値しない。最初に責任を負うのはこのチームであり、また最も心を痛めているのも僕たちだ。できるだけ良い形で大会を終えることを考えなくてはならない』と語った全くイイところがなかったカシージャス。

代表のゴールマウスはデ・ヘアに。

一方のドン・アンドレスは

『僕たちにとって大きな失望だ。誰も考えていなかった打撃で、重くのしかかっている。僕たちが抱える期待は大きいものだった』

『このチームは最も高い場所に位置し、現在は最も下にいる。野心が欠けていたわけではない。それは僕たちが抱える問題ではない。大きな失望で、実際難しいことだ。本当に残酷な結末だ。少ししか言葉を発することができないよ』と語ったが、細かいミスが多かった。

 

サンチェス&ブスケツ

絶好調のアレクシスとゴールへ流し込むだけだったシーンを外してしまったブスケツ。

バルサの僚友、明暗がくっきりと。

 

スペイン

沈没した無敵艦隊のスタメン備忘録。

新生“ラ・ロハ”に何人残るだろうか。

“ティキ・タカ”は2度死んだ

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

カシージャス

バルサの凋落とともに沈む”ラ・ロハ”。

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第1戦、スペインVSオランダ@アレーナ・フォンチ・ノヴァ・スタジアム。

ボールは持てどゴールを脅かすシーンはほぼ皆無。前半のポゼッションは70%に。5人で引いて守るオランダ相手に、ワントップに入ったジエゴ・コスタにボールが収まらず、横パスや安全なパスに終止。それでもラッキーなペナルティ(ジエゴ・コスタの切り返しから得た)で先制した。2点目を取っていれば勝ち点3は得たであろう。ダビド・シルバに決定機が訪れたが決め切れず、その直後の44分にファン・ペルシーのスーパーなダイビングループヘッドで追い付かれて前半を終えた。

それでもまだ同点だった。

後半に攻めれば問題ないはずだ。

しかし、前回の南アフリカワールドカップ・ファイナルでは散々だったミュンヘンの快速ウイングがキレキレで、ピケとラモスでは止めることが叶わず53分にリードを許してしまい、そこから為す術なく怒濤の失点を重ねてしまった。

後半は前半以上に良いところがなく、『聖』イケルの度し難いミスも重なり、まさかの大敗(1-5)を喫したスペイン。

グループリーグでゴー・ホームの危機に。アレクシス・サンチェスが絶好調なチリにもあっけなく敗れるかもしれない。バルサがカウンターに屈し無冠に終わった今シーズン。世界を魅了した“ティキ・タカ”は、ここブラジルの地でも瀕死の重傷を負ってしまった。

恐らく復活はしないだろう。恐ろしいまでの僥倖に巡り合わなければゴールは生まれないであろう(ラモスが意地のヘッドを見せるかもしれないが)。

衰えた『聖』イケルはダビド・デヘアに、シャビはコケに変えよう。セスクをゼロトップに据えて2列目からの飛び出しを狙う必要もあるかもしれない。そして、2枚のセントラル、ピケとラモスのコンビネーションが悪過ぎる問題もどうするか。

手負いの“ラ・ロハ”。

前回も初戦でスイスに0-1で敗れてからのバウンス・バックで見事優勝を飾ったが、第2戦のチリ戦まで時間はそう多くは残されていない。

 

ロッベン

ロッベン

キレキレだったロッベン。

左サイドバックのブリントからのロングフィードを秀逸なトラップからピケを難なく躱してラモスも振り切って決めきり、前回大会の汚名を見事返上した。

 

ロッベン

圧巻だったスプリント。

スナイデルのスペースに出したパスに、ラモスよりあとから駆け出したが難なくチギって追い付き、カシージャスとの一対一を制しスペインを殺した。

 

ロッベン

オランダ

ファン・ペルシーのダイビングヘッドが今大会のハイライトの一つになるだろうが、この試合はロッベンが主役だった。

 

イニエスタ

カシージャス

酷すぎた『聖』イケル。

 

シャビ

『すべてが悪かった。後半は散々だったし、僕たちは派手な形でミスを犯してしまった。悪かったすべてのことを改善しなくてはならない。チームは簡単に相手のカウンターを許してしまった』

『僕たちはもう水曜を迎えることを望んでいる。素早くリアクションを見せ、このチームが偉業を成し遂げられるチームであることを示したい。ポジティブにならなくてはならない』と語ったマエストロ・シャビ。

復活できるだろうか?

 

ファン・ペルシー

2代目フライング・ダッチマン。

それにしても凄いダイビングヘッド(それもループで)だったなぁ〜。

いよいよ明日は我らが日本。

マスト・ウィン!!

首位奪還も・・・

ラ・ロハ

ワールドカップ・ヨーロッパ予選・I組、フランスVSスペイン@スタッド・ドゥ・フランス。

メッシがいないバルセロナ、何とか勝ち点3を捥ぎ取るの巻。

毎度のボールポゼッションもなかなかシュートまで行けない『ラ・ロハ』。『レ・ブルー』は4-5-1って感じでブロックを作っていましたかね。そんなブロックを、負傷のアルバの代わりに先発したアーセナルのモンレアルがイニエスタと頑張って攻め上がっていました。

前半唯一の決定機はシャビが有り得ないことに大きく吹かしてしまいゴールが割れませんでした。

61分にモンレアルのグラウンダーのクロス(ボレーシュートを打つような感じで蹴ってましたね)にペドロが飛び込んで、綺麗にヒットしませんでしたがエブラの前に入って足を伸ばして押し込みました。バルセロナではなかなかゴールを決めることが出来ない(まぁ~しょうがないですけど・・・)ペドロですが、代表では今シーズン10ゴール目と結果出しまくりです。

その後、フランスが退場者を出して10人となって余裕で・・・と思いましたが、セットプレイからエブラにあわやのシーンを作られ(ヴァルデスが当たってましたかね)なんとか勝利した・・・って感じです。

首位に返り咲き、残りの試合からもワールドカップには出れるとは思いますが、メッシがいない分、バルセロナ以上に対応策を見付け出さないといけません。ファルソ・ヌエベ(偽9番)も限界って感じだしね。

 

ペドロ

ペドロ②

『ラ・ロハ』を救う1発を決めたペドロでしたが、負傷してしまい週末のリーガは出場できません。シャビも負傷で・・・チャンピオンズに間に合うか微妙な状況。

バルセロナにとって痛すぎる予選となってしまいました。