『思い出のマーニー』、哀しい思い出に

思い出のマーニー

『えっ』

うん、間違いなく『ジブリ』は死んだんだな。

 

思い出のマーニー

思い出のマーニー

金曜ロードSHOW!で録画視聴。

鈴木Pが『ジブリ』らしい作品とおっしゃてたそうですが、脱宮崎駿に踠き苦しんでいる(無理だということを露呈し続けている)。美しい作画クオリティはもちろん『ジブリ』だが、個人的には劇場まで足を運んで観るようなモノではなかった。

問題を抱えた少女が、幼い日の思い出と空想、自然豊かな田舎で、おおらかな親類夫婦やちょっと変わった心優しい友達に救われ立ち直る物語。でも、無口なオジサンのボートにホイホイ乗っちゃダメだ。今の日本じゃとても無理が有り過ぎる。大人も子供も楽しめない映画だった。

偉大すぎる宮崎駿を払拭するのは不可能なのだ。

商業的成功を収めるだけなら、庵野秀明が『ナウシカⅡ』を作ればいいが・・・。

『ジブリ』は宮崎駿商店だったということを改めて認識させられた。

『ジブリ』はもう死んだんだ。

それは、とても哀しく寂しいことだけれど・・・。

広告

風立ちぬ

風立ちぬ

観ました。

正直な感想は、『う〜〜ん・・・』。

悪くはないのですが、全体に希薄です。二郎と菜緒子のエピソードしかり、二郎の戦闘機に対する思いしかり。二郎に感情移入しづらく、共感が得られないのです。

結核を患っている菜穂子と二郎が結婚するシーンはとても『じ〜〜ん』と来ましたが、ラストは『ぽか〜〜ん』としてしまいます。

『夢』で始まり『夢』で終わる。

『生きて』って言葉も良く分からなかった(泣)。二郎、悲観に暮れるシーンなんてなかったし、唐突過ぎます。

潮時ですかね。

押井監督の感想をネットで見ましたが、押井さんの相棒が喝破した『老人の睦言』が、まさに言い得て妙。この作品に共感出来るのかなり年配の方だけだろうと思います。

コレが宮崎監督最後の作品?残念でなりません。

最後に、庵野カントクの声優ぶりは全然オッケーでしたよ(笑)。カントク、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の制作もよろしくお願いしますよ〜。

 

風立ちぬ

恋愛映画にもなっていなかったですね。

残念。

 

風立ちぬ

ユーミンの名曲はバッチリでしたね。

紅の豚

紅の豚

紅の豚

金曜ロードSHOW!で『紅の豚』を観ました。

宮崎駿監督が引退宣言をしたための緊急放送?

個人的に、宮崎アニメで一番好きなのは『となりのトトロ』なんですが、この『紅の豚』も負けず劣らず好きですね。

青い海に白い雲に赤い機体。

宮崎監督が趣味で作ったと言ったように、冒険活劇やメッセージのようなストーリーは特に何も無いのですが、肩肘張ず気軽に楽しめます。声優さん達もイイですし。

引退会見で巨匠は、

『ぼくは、あと10年は仕事をしたいと考えています。自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事をつづけたいのです。その目安を一応“あと10年”としました。もっと短くなるかもしれませんが、それは寿命が決めることなので、あくまでも目安の10年です』

『ぼくは長編アニメーションを作りたいと願い、作って来た人間ですが、作品と作品の間がずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした。要するにノロマになっていくばかりでした。“風立ちぬ”は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果たされてしまいます』

『長編アニメーションではなくとも、やってみたいことや試したいことがいろいろあります。やらなければと思っていること、例えばジブリ美術館の展示も課題は山ほどあります。これ等は、ほとんどがやってもやらなくてもスタジオに迷惑のかかることではないのです。ただ家族には今までと同じような迷惑をかけることにはなりますが』

『それで、スタジオジブリのプログラムから、ぼくをはずしてもらうことにしました。ぼくは自由です。といって、日常の生活は少しも変わらず、毎日同じ道をかようでしょう。土曜日を休めるようになるのが夢ですが、そうなるかどうかは、まぁ、やってみないと判りません。ありがとうございました』

とおっしゃいましたが、むかし噂のあった『紅の豚の続編、「ポルコ・ロッソ最後の出撃」』を、短編でいいので最後の10年で是非とも作って欲しいです。

 

エンジン

ポルコの愛機のニュー・エンジンに『ジブリ』の文字。

 

フィオ

フィオ、可愛い~。

 

紅の豚

紅の豚

飛ばねぇ豚はただの豚だ。

カントク!お迎えが来るまでに『続編』よろしくお願いします!!

君は“バルス祭り”に参加したか!?

ラピュタ

スタジオ・ジブリ最新作、『風立ちぬ』が絶賛上映中の中、金曜ロードSHOW!で『天空の城ラピュタ』がつい先ほど放送されましたね。

もう何回目?(今回で14回目だそうです)

そして、恒例のバルス祭り。皆さん参加されましたか?8月2日、23時22分だったでしょうか?

前回放送の2011年12月には、秒間2万5088件もツイート(当時世界記録)された滅びの呪文『バルス』

アホですねェ~(大好きです)。

なんでも、2013年の『あけおめ』ツイートに記録を抜かれたそうですが、記録更新となったのでしょうか?(笑)

もう穴が開く程観ている『ラピュタ』。でも何度観てもイイです。ストーリーもパーフェクト。そして、ムスカ(寺田農さん)。珠玉の名言が心に刺さります。

『君のアホ面には心底ウンザリさせられる』

劇場に『風立ちぬ』観に行こうかな。

コクリコ坂から

コクリコ坂から

『金曜ロードSHOW!』で放送されていたものを録画してようやく観ました。

監督は偉大すぎる父・駿氏を持つ宮崎吾朗さん。

前作『ゲド戦記』から捲土重来を期して・・・かどうかはわかりませんが、脚本は父・駿氏が務めたみたいで、話しとしては纏まっていたと思います。東京オリンピック前の横浜を舞台に描く高校生の淡い恋・・・。

難しかったです。

『風の谷』に衝撃を受け、『天空の城』にワクワクし、『となり』と『魔女』でなんだか温かくなって、『豚』や『姫』や『神隠し』や『動く城』を存分に楽しんだものとしては、やはり物足りないです。

ミーハーなジブリファンではありますのでこれからも必ずジブリ作品は観るでしょう。映画館で観たものもあれば、DVDで持っていたり、最近ではBlu-rayディスクで持っているものを繰り返し観たりもします。

テレビで観たらいいかな?じゃない作品を期待したいと思いますが、庵野さんが『ナウシカ』の続編を作るしかないかなぁ~?

 

コクリコ坂から②

『ゲド戦記』ほど酷くは無かったですが・・・。

頑張って欲しいなァ~。