おかげ横丁へ行ってきた

おかげ横丁

姪っ子が春休みになったのを機に、伊勢神宮へお詣りに行ってきました。

もちろんそのついでに、内宮に隣接しているおかげ横丁で赤福を食べたり、色々周ってお土産をゲット。

赤福餅、美味しいですねぇ〜。

本当は赤福氷を食べたかったのですが、まだシーズン外でメニューにはありませんので、僕は赤福ぜんざいをいただきました。

赤福氷は伊勢丹で食べることにします。

 

赤福本店

赤福本店。

3年前に来た時もそうでしたが、やはりたくさんの人でしたね。赤福を食べた後に姪っ子にソフトクリームを奢ってもらって帰路に着きました。

お疲れさ〜ん。

広告

またまた“かん袋”へ行ってキタ

かん袋

お墓参りのついでに、“かん袋”へ行ってきました。

ほぼひと月前に行ってましたね(前回はこちら)。

今回はお盆ということもあってか、お店の外まで長蛇の列でした。まぁ~長居する(というか長居出来ない)お店ではありませんので、10分程度で“氷くるみ”に有り付けますが・・・。

何回食べても、昨日食べてもまた食べたくなる美味しさ。もう暫くは行けないので、3人前のオミヤを2つ買って実家でも食しました。

本当にスバラシイ美味しさ、コレを作った方に感謝したいと思います。

ありがとう!!

西洋休日

通りもん

久しぶりの福岡の銘菓『通りもん』。

モンド・セレクション特別金賞の白餡のお饅頭。

相方が出張で買ってきました。何年ぶりだろう?温かい緑茶とともにいただきたいですねェ~。

 

通りもん

いただきます~。

阿闍梨餅

阿闍梨餅

相方が貰ってきました。

京都の和菓子と言えば、ふたばの豆餅(大福)とこの阿闍梨餅です。モチっとした食感と甘すぎないアンコ、とても美味しいです。

最近、軟弱にもスイーツネタが増えてきていますがコレばかりはしょうがないですね。

 

 阿闍梨餅

いただきます~。

『かん袋』へ行ってキタ

かん袋

大阪、堺市にある“くるみ餅”の『かん袋』に行ってきました。

ホームページはこちら

コレ、ホントに美味しいスイーツです。忌まわの際に必ず食べたい一品。久しぶりに食べましたが変らない味でした。

歴史は古く、1329年からだそうです。かの太閤秀吉も愛したと言われる絶品くるみ餅。

ちなみに、“くるみ餅”という名称ですが、木のクルミではありません。餡を包む(くるむ)ということらしいですね。

 

くるみ餅

う~~ん・・・美味しそうに見えないなァ~。

トホホ・・・。

ちなみに、もちろんお店で食べれます。

 

氷くるみ

コレが正しい食べ方。

お店で食べた『氷くるみ』のダブル。

パウダー氷がお口の中でサラッと溶けて、夏にピッタリです。少し不便なところにありますが、大阪に来られた際には是非とも立ち寄ってください。

その日中に食べないとダメなので、遠方の方のおみやげに適さないのが唯一の難点ですかね。また行きたいですね~。

“はっさく大福”いただきました~

はっさく大福

先月、取り寄せして食べてみた『はっさく大福』(お取寄せ~)がとても美味しかったという話しを相方が法事の時にしたら、福山市に住んでいる親戚が尾道まで行ってくれて送ってくれました。

広島県・尾道市にある御菓子司『中屋』さんのはっさく大福。

う~む、美味。これも美味しいですね。

Hくん、ありがとう。美味しくいただきました。

 

はっさく大福

周りでは、『いちご大福』の方が好きって声が多いのですが・・・。

僕は『はっさく大福』の方が好きですね。

お取寄せ〜

はっさく大福

因島・はっさく屋さんのはっさく大福。

 

はっさく大福

八朔(酸っぱくなく丁度いい塩梅の酸味)の果実と白あんのコラボが絶妙で、とても美味しいです。広島のお土産はもみじ饅頭ではなく、はっさく大福にしてもらいましょう。

 

僕)『コレ載せる器とかねェーの?出来ればクロっぽいシックなヤツ。ホラ、いかにも雄山先生が使いそうなサ』

相方)『無い。そもそも我が家には和食器が無い(いまごろ何を言ってるのかしら、このアホは。それもクソ忙しい朝に)』

僕)『・・・』

相方)『アラ、美味しそうね!!2個いただいて行くわ〜』

と言って、今朝出勤して行きました。

シックな古伊万里の小皿なんかに載せて記念撮影したかったゼ、相方よ。

まぁ〜いいです。そして次の休みには、『かん袋』へGo。