テラフォーマーズ12巻

テラフォーマーズ

かなり遅いですが、ミッシェルさんが表紙のテラフォーマーズ12巻を姪っ子さんから借りてきました(慶次が表紙の11巻も借りたのだけれど)

なかなか話しが進みませんねぇ・・・、少し飽きてきたかな。

冒頭、みんな助かって良かった!!っと思いきやモブのジャレットくんはあっさり狙撃されて死亡(泣)。人類の到達点、ジョセフはもちろん生きているのでしょうけど、クソな劉や小町艦長、ミッシェルさんはどうなるかなぁ。そして、本巻のラストで燈くんが覚醒し13巻へ。母親から受け継いだチカラとは?。

飽きたって言いましたが、なんだかんだで楽しんでます。13巻が出たらまた借りて来ようっと。

広告

テラフォーマーズ8巻〜10巻

テラフォーマーズ

残りを姪っ子から借りてきました。

豹紋蛸、タスマニアン大蟹(キングクラブ)、戸立蜘蛛、スマトラオオヒラタクワガタ、銀河蝦虎魚(ギンガハゼ)、鬼蜻蜓、弾丸蟻、大蓑蛾、マイマイカブリ、大雀蜂、、チャツボボヤ・・・。色々な生物、昆虫が登場しますねぇ(笑)。

全てを同じサイズにした場合、蟻か蜘蛛が最強だそうです。って言われてもね(笑)。

でも面白いです。

細菌型が出て来たりもしました。

ようやく明かされた(ミッシェルさんにプロポーズした)マーズ・ランキング1位のジョセフ・G・ニュートンさんは何に変態出来るのでしょうか?(しないのか?)。

早く続きが読みたいですね。

以下、マーズ・ランキング備忘録。

1位:不明。

2位:電気鰻(デンキウナギ)

3位:タスマニアンキングクラブ

3位:大雀蜂(オオスズメバチ)

5位:パラポネラ(別名:弾丸蟻/ダンガンアリ)

6位:大蓑蛾(オオミノガ)

7位:スマトラオオヒラタクワガタ

8位:モンハナシャコ

9位;脚高蜘蛛(アシダカグモ)

10位:朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)

やっぱり1位が気になります。個人的には弾丸蟻がカッコいいです。そして最後に疑問が・・・、この漫画の主人公って誰なんだろう?。やっぱ大蓑蛾の膝丸燈くんなのかなぁ。

ですよね?。

テラフォーマーズ1巻〜7巻

テラフォーマーズ

姪っ子から借りてきた『テラフォーマーズ』を読みました。

取り敢えず1巻〜7巻。

けっこう面白い。否、かなり面白い。

人間とヒト型ゴキブリ(キモい)とのバトル、その裏にある人間対人間の構造。ちょっと大風呂敷を広げ過ぎかなとも思いますが、スピード感があって楽しめました。

絵柄は正直好きではないのですが、じわじわクセになるコミックです。色々な昆虫が出てくる(その説明も好き)サイエンス・フィクションもの。

10巻まで出てるのかな。

残りももちろん借りることに決定です。

 

本棚

ついでに本棚を整理。

フィギュアを整理してすっきりしました。でもまたすぐに置きたくなるんですよねぇ。

ほどほどにしよう。