“Ballon d’Or” 2015

バロンドール

メッシ

バロンドール2015のウィナーは、やはりレオ・メッシでしたね。

自身5度目(2009、2010、2011、2012、2015)の栄誉。昨年のロナウド同様に順当でした。

『自分にとってとても特別な瞬間だ。5度目なんて信じられないよ。小さい頃に想像していた以上だ』

『僕に投票してくれたすべての人たち、そして良いこと悪いこと含め、人生における成長の糧となったフットボールに感謝をしたい。本当にありがとう』

 

メッシ

ネイマール

イニエスタ

ダニ・アウヴェス

バルサのレッドカーペット。

 

バロンドール

バロンドール

最終候補者だった3名のロナウド、メッシ、ネイマール。

 

メッシ&ネイマール

メッシ

from another planetのレオ・メッシ。

ネイマールもいつかはバロンドールを取れると思うが・・・。

 

ルイス・エンリケ

監督賞はルイス・エンリケ。

ミッドウィークのコパのためか、欠席でした。

 

バロンドール

ベストイレブン。

キーパーはノイアーですが、欠席だったでしょうか。DFは、右からダニ・アウヴェス、チアゴ・シウヴァ、セルヒオ・ラモス、マルセロ。MFはモドリッチ、ポグバと我らがドン・アンドレス。FWが最終候補者だったロナウド、メッシ、ネイマール。

 

メッシ

おめでとうございます。

 

ミヤマ

女子の最終候補者3名の一人にノミネートしていた宮間のアヤちゃんがMSの間に。

澤さん以来の快挙は逃しましたが、あらためて女子の日本代表は世界のトップなんだなぁ。

広告

11人対10人の結末、最後にドラマが訪れた

チアゴ・シウバ

チアゴ・シウバ

これだからフットボールは面白い。

アザールが沈めたペナルティでチェックメイトのはずが・・・フットボールは最後まで分からない。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、チェルシーVSパリ・サンジェルマン@スタンフォード・ブリッジ。

チアゴ・シウバの痛恨のハンド。アザールのクールなペナルティ。しかしドラマは用意されていた。

114分のコーナーキックからの(陳腐だが)魂のヘッド。このゴールの2分前に放ったコーナーキックからのヘッドが、クルトゥワにセーブ(まさにファインセーブ)されてからの起死回生の、九死に一生を得る一発。何かが起りそうな雰囲気だったが、まさかのゴールだった。専守防衛からの勝ち上がりを得意とするチェルシーが、10人の相手に逃げ切れなかった。

ほんとフットボールは分からない。だから、フットボールは面白い。時にフットボールは麻薬的だ。

昨シーズンの借りを綺麗にロンドンで返したパリ。僕は前半で10人となって万事休すだと思ったのだが・・・、カウンターからカバーニが左ポストに当てて絶対駄目かと思ったが・・・、世界最高と言われ続ける2人のブラジル人セントラルが、身体能力を活かしたヘッド2発でネクスト・ラウンド進出のプラチナ・チケットを手に入れた。

 

モウリーニョ

『向こうの方が、我々よりも試合のプレッシャーにうまく対処した。相手が10人になったことで、勝たなければというプレッシャーをさらに感じるようになった』

『相手には失うものがなく、とにかく自分たちのプレーをしていた。我々は、それに対処できなかった。組織の動きがはっきりしているセットプレーから2失点した。マーカーが判断しなければいけないし、そのゾーンにいる選手も同じことだ。2ゴールを献上したことは、受け入れ難かった』

と語った“スペシャル・ワン”。

あと10分ちょっと守るだけだったが・・・。チームから放出したダビド・ルイスに決められる痛恨の極みに何を思うだろう?。セットプレイをコントロール出来なかった戦術の達人の蹉跌。

やはり“スペシャル・ワン”の“退屈”なフットボールでは駄目なんだ。

 

ダビド・ルイス

ダビド・ルイス

『僕たちは、素晴らしい試合をしたと思う。僕たちのチームのベストプレーヤーであるイブラが退場になって、シンプルにやろうと言ったよ。僕たちはゴールを決めなければいけない状況だったから、その中でチャンスをつくる必要があった。今夜は最高だね』

『すべての選手が、それぞれの全部を出し切った。むこうが先に点を決めたけど、互いの目を見ると、「やれる。最後まで信じるんだ」と言っていた。そして追いついて延長戦になり、また同じようになったけど、全員が素晴らしかったと思う。CLは難しい大会だ。もちろん今夜はハッピーだ。でも、もっともっと多くの試合を戦うために、地に足をつけていなければいけない』

『今夜は点を決めることができて良かった。試合前に祝わないと言ったけど、感情をコントロールできなかったんだ。チェルシーファンは僕を支えてくれたからありがとうと言いたい。感情的になってゴールを祝ってしまったことについては申し訳なく思っている』

古巣に見舞った強烈な恩返しだった。

 

チアゴ・シウバ

『僕らはとても良い試合をしたし、非常に逞しかった。質を備えた選手を多くそろえているし、それが相手を本当に苦しめた。でも、今日は精神面で勝利を呼び寄せた』

『最後まで諦めなかったし、去年と同じミスをしなかった。今回、僕らはプレーをしに来ていたし、それこそがまさに僕らがしたことだ。CLは楽ではないから、落ち着きを保たなければならない』

諦めなかったメンタルは賞讃されていい・・・しかし、あのハンドは猛省が必要だろう。

 

ズラタン

ズラタン

ズラタン

1発レッドを受けたズラタン王。(足を引っ込めていたし)そこまでのファウルでは無かったと思う。

『レッドカードを見たときのオレは、「自分が何をしているのか分からない男」か「ほかの何かを見ている男」のような状態だった』

『レッドカードを受けたときに最悪だったのは、チェルシーの奴らがオレの周りに来たことだ。11人のベイビーがいるように感じた。さらについてくるから出て行ったんだ』

『ヤツ(オスカル)がプレーの後に演技をしたのか、オレがぶつかってしまったのかは分からない。どうでもいいことだ。オレたちは勝ち進んだのだから、何が起こるかは今後分かる』

 

パリ

最高に美しいスルーパスを繰り出したパストーレ、コーナーキックを蹴ったラベッシ、決定機を外したカバーニ、2発のヘッドを決めた2人のブラジル人セントラル、王を欠く傭兵軍団の進撃はまだ続くこととなった。

何処まで遠く行けるだろう?。

次はマドリーあたりと一戦交えて欲しいと思った、最高にエキサイトした素敵なミッドウィークの朝となった。

ありがとう、チャンピオンズリーグ。

ありがとう、フットボール。

“Ballon d’Or” 2014

バロンドール

ロナウド

2年連続のwinner、クリスティアーノ・ロナウド。

2014年のバロンドールは大方の予想どおりの結果となりましたね(個人的にはノイアーが良かったんですけれど)。先日、引退を発表したアンリが『ザ・ウィナー イズ・・・』とロナウドの名を読み上げました。昨年のような涙はなく、ロナウドは余裕の笑顔で(4度受賞のメッシに追い付きたいとジョークも飛ばしましたし)した。

2013-2014シーズン、リーガでは31ゴール、チャンピオンズリーグでは17ゴール(どちらも得点王)を記録し、2年連続3回目の受賞。クライフ、プラティニ、ファン・バステンと並ぶ記録で残るは4回受賞のレオ・メッシのみです。

おめでとう。

『僕に投票してくれた人々、チームメート、監督、会長、レアル・マドリーのすべての人々の感謝をしたい。僕にとって、これは夢だ。同様に、自分が最高の選手となるために後押ししてくれた代表チーム、すべてのポルトガル人と、全員に感謝をするよ』

『このような重要な賞を勝ち取れるなんて、考えられなかった。唯一無二だよ。とても感動的だし今後も同じ姿勢で働き、チーム&個人でタイトルを獲得するモチベーションを与えてくれる。忘れることなどできない瞬間だ』

『僕は止まることはないよ。メッシに追いつきたい。自分を夢から目覚めさせることなどできないし、それは僕に期待を与えるものだ。これまでに何度も言ってきたはずだよ。サッカー史に最高の選手として刻まれたいとね』

貪欲です(笑)。

ちなみに、メッシと比較ではロナウドが60ゴール・21アシスト、メッシは58ゴール・21アシストでした。やっぱ、2人とも別の惑星から来ていますかね(笑)。

しかし、ホント前線のプレイヤーしかいませんね。ディフェンダーとキーパーが受賞することはこの先もないでしょう(カンナバーロとヤシンしか受賞してません)。これでは、バロンドールには興味がないという意見も分かります。

何か方法はないのかなぁ。

 

バロンドール候補者

最終候補者の3名(ノイアー、メッシ、ロナウド)。

 

メッシ

メッシ

レオ・メッシはお馴染みのアントネッラさんと。デル・ピエロが来てましたね。

 

ロナウド

ロナウドのガール・フレンド、イリーナ・シェイクが居ないのをいいことに、女子最優秀選手候補者のマルタがパシャリ(笑)。

 

メッシ

昨年はイリーナ・シェイクがいたんだけれど・・・。

 

イリーナ・シェイク

レッドカーペットにはスーパー・モデルさんが必要ですので、ビューティフルなイリーナ・シェイクの1枚を(笑)。→どうでもいいですが、破局したという記事がありました(追記)。サラもシュバインシュタイガーと別れたし、モデルさんもフットボーラーも大変ですね。

 

ベスト・イレブン

ベスト・イレブン

続いてFIFAベストイレブン。

パリのルイスとシウバは欠席だったでしょうか。ディ・マリアよりマスチェラーノが相応しいと思いましたが、皆さんはどうでしたか?。

 

バロンドール

監督賞の最終候補者(シメオネ、レーヴ、アンチェロッティ)。

 

ヨアヒム・レーヴ

ウィナーは母国ドイツをワールドカップ優勝に導いたヨアヒム・レーヴ。

(個人的はシメオネですが)妥当かな。

 

ハメス・ロドリゲス

ベストゴール(フェレンツ・プスカシュ)賞はやはりブラジル・ワールドカップでのハメス・ロドリゲスの1発(個人的にも1位)でしたね。

 

イニエスタ

バルサからベスト・イレブンに選出されたドン・アンドレスも出席(昨年は怪我で欠席でした)。

 

ケイト・アブド

なにか寂しいので、授賞式の司会進行を務めた美人マルチリンガル(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語を話せるそうです)キャスター、ケイト・アブド(イングランド)さんを。

語学が出来る人って尊敬します。

そして最後にまたまた気になるコメントを・・・。

 

メッシ

『バルセロナ、その後にニューウェルズでプレーしてキャリアを終えたいと言い続けてきた。でもフットボールの世界では、何が起こるかを知ることはない。来季に自分がどこにいるのかも分からないよ』

『クリスティアーノが話したように、フットボールは多くのどんでん返しがあり、どのようなことでも起こり得るんだ』

と語ったレオ・メッシ。

オイオイ・・・。先日と違うじゃん。オヤジさんに怒られでもしたかな(笑)。そして、この後バルサTVで『未来は分からないと言っただけ』とまた語りましたが・・・どうなってんでしょうか。

『クリスティアーノは素晴らしいことを成し遂げた。コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグを勝ち取り、得点記録(チャンピオンズリーグ)を更新した。素晴らしかったね。彼と一緒にプレー?、難しいだろうが良い感じでプレーできると思うよ』

 

メッシ&ロナウド

メッシ

バルサで現役を終えることを願います。

若き2人の10番の夏が終わった

ハメス・ロドリゲス

ネイマール

ホロ苦くも美しい敗北と、チームが取ったアグレッシブさが招いた受ける必要のないファウルとともに。

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト8、ブラジルVSコロンビア@カステロン・スタジアム。

22歳と同じ年齢で、早くから将来を嘱望された至宝と今大会ブレイクした金の卵、プレイスタイルは違うが、同じNo10と母国の期待と夢を背負う若者の対決が注目された一戦は、敗者も勝者もワールドカップを去ることとなってしまった何とも言えないゲームとなった。

勝てると信じて疑わなかったコロンビア。どんな内容でも畢竟するに勝てば良いブラジル。

ナイーブだったと言わざるを得ない、前半早々のコーナーキックからの失点が痛すぎたコロンビア。どんどんファウル覚悟(意図していたと思う)でゲームの流れを止めて、何がなんでも勝ちに行くブラジル。

結果、ブラジルは『君の振る舞いは、リーダーとして問題があるのではないか』と責められた、泣き虫キャプテンと恐ろしいブレ球を豪快に蹴り込んだダビド・ルイスの両セントラルのゴールのリードを守り、辛くも何とか逃げ切った。

ハメス・ロドリゲスは、ブラジルに削られながらも美しい一瞬の煌めきを存分に見せて、“本物”という爪痕を残し大会を去る。

ネイマールは、腰椎骨折(それほど激しい接触には思えなかったが)という事態に見舞われ、残りのゲームの出場は叶わなくなった。

ゲームを観終えたあと、僕は何とも言えない気分に見舞われた。

“戦争”とも比喩される代表戦、それも最高峰のワールドカップならではの結果に、世界中のニュートラルなフットボール・ラバーはどう思っただろう?。美しいゲームを披露していたコロンビアを、もっと観たいと思ったのは僕だけではないハズだ。しかし、ピッチに、ブラジルに、センチメンタリズムは存在しない。

オンリー・ウィン、マスト・ウィン。

カナリア軍団は、結果のみを追い求め、ドイツとの決戦のチケットを手に入れた。このゲームで、エースが離脱しキャプテンはサスペンデットになる代償を払った。汗を掻き、土に塗れながらも行軍するホスト・カントリー。

ワールドカップの凄まじい一面を、王国ブラジルならではの厳し過ぎる現実を痛感させられ、また若い両クラックをもう観ることが出来ないのだと、時間が経って改めて寂しく思うこととなった。

これもフットボールだと言わざるを得ないのかもしれない。

 

チアゴ・シウバ

チアゴ・シウバ

チアゴ・シウバの横のディフェンダーが痛すぎるボール・ウォッチャーとなってしまったコロンビア。

これで歯車が狂ってしまった。

 

ダビド・ルイス

ダビド・ルイス

強烈なゴラッソを沈めたダビド・ルイス。

このフリーキックとなったファウルはファウルで無かったけれど・・・。2本のセットプレイでの失点は予想外だったであろうコロンビア。

マラドーナや多くの識者が、『このゲームの主審は最低だった』的なことを述べているが、やはり何の慰めにもならない。

 

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

フェルナンジーニョに削られまくりだったハメス・ロドリゲス。

しかし、自身のスルーパスから得たペナルティを沈め、今大会5試合全てでゴールを上げた。あと5分、時間があれば追い付いていたかもしれない。フットボールにイフは無いのだけれども・・・。

素晴らしいパフォーマンスで、今大会を盛り上げてくれた若者に惜しみない拍手を贈りたいと思う。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール・ハニー

ネイマールの夏も終わった。

昨年のコンフェデのような、ネイマールの大会とはならず残念だが、早く回復してバルサに戻ってきてもらいたいと切に願う。

そして、アルゼンチン・メッシがいよいよキックオフ。ホント、寝不足だ。