前半を終えて2-1

トーレス

トーレス

トーレス

『クラシコ』よりは良かった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・ファーストレグ、バルセロナVSアトレティコ・マドリード@カンプ・ノウ。

惨敗からのバウンス・バック。キックオフから丁寧にボールを繋ぐ。それは『クラシコ』と変わらない。メッシがアタッキング・サードでシュートを放ち(枠を捉えることが出来なかったが)、アウヴェスの綺麗なクロスにネイマールがドンピシャのヘッド(これもバーを僅かに越えた)。ゴールへのインテンシティが伺え、レオ・メッシのポジションも『クラシコ』ほど中央に拘泥してなかったし(右サイドに張っていた時間もあった)、そもそもアトレティコに何もさせていなかったが決め切らないと高い代償を払うこととなる。

25分。エリア手前でコケにトーレスへパスを通され、トーレスが綺麗にシュテーゲンの股を抜いて先制点を許してしまう。一瞬の出来事だった。ピケのポジショニングのミス。バルサキラーのトーレスにゴールを許して今日もダメかと思った10分後に、そのトーレスが愚かすぎる2枚目のイエローを貰いゲームは分からなくなった。

焦点は、より一層閉じ籠る相手を抉じ開けることができるかに絞られた。最強の盾への挑戦、残り45分。僕は、イケると感じていたが果たして。49分にレオ・メッシがネイマールの浮きパスを胸トラップからオーバーヘッド。決まっていればメッシ伝説に新たなページが加わったが、この一撃はポスト右へ逸れた。ネイマールが左45度から放った美し軌道の一撃がクロスバーを叩いた時は正直このままも覚悟したが、このゲームのバルサは『クラシコ』とは違い、アトレティコもマドリーとはクオリティが違った。

一人減った相手に対し容赦なく両ラテラルが攻め上がる。同点ゴールはその両ラテラル、アウヴェスとアルバが演出することとなる。63分。そのアウヴェスが柔らかいクロスを中央へ入れて、ネイマールが競った溢れ球を後ろか上がってきたアルバがシュートした。そのボールをエリア内ど真ん中にいたスアレスが面で当てて蹴り込み1-1に。勢いづくバルサ。その11分後の74分には、右サイドからメッシが前のスアレスにボールを預け、スアレスはダイレクトでアウヴェスにボールを叩き、アウヴェスが今度はスアレスにピンポイントで合わせ逆転に成功した。

ふう。何とか勝ち越しホッと一息。しかし、アウェイ・ゴールを許しているので勝ち抜けを確定させるためにも、もう1点を獲りに行く。結局ネットを揺らすことは出来なかったが、バランスを欠くことなく全員の意思統一が出来ていたし、『クラシコ』での教訓を活かすとこができたゲームとなったと思う。

前半90分を終えて2-1。

残り90分。

要塞カルデロンでもネットを揺らすのみだ。

 

トーレス

中指を立てる親父の気持ちが痛いほど分かる(笑)。

バルサキラーのトーレスのゴールで一時はどうなるかと思ったが、愚か過ぎる2枚のイエローで全てが変わってしまった。アンチはまた『バルサは守られている』と騒ぐだろうが、1枚目も2枚目も完全にイエローだった。因みに、バルサのCLの歴史で今回の退場劇が30回目だそうだ。通算215試合で30人の退場。その中には疑問が残るものもあるだろうが、バルサが削られまくっている証左でもある(このゲームでもメッシやネイマールに対するファウルは酷いものだった)。

 

スアレス

アルバのシュートを面で合わせコースを変えたスアレスの1点目。

 

スアレス

スアレス

アウヴェスに叩いてからのポジショニングが秀逸だった2点目のヘッド。

『クラシコ』では完全に消えていたが、このゲームでは完全に仕事をした。

 

イニエスタ

美しいボールタッチ、スピードあるドリブル。何回かミスもあったが、ドン・アンドレスはピッチを支配していた。

 

メッシ

決まっていれば完璧だったレオ・メッシのオーバーヘッド。

 

メッシ

『クラシコ』ほどノッキングはなかったが、まだボールロストもあって心配。レオ・メッシは右サイドから攻めて欲しいのだけれど・・・。

 

ネイマール&スアレス

スアレス

ネイマールにゴールがないのが気掛かりだが・・・。

前半のどフリーヘッドと後半のバー直撃の一発は決めなければならない。

 

トーレス

アディオス、ニーニョ。

 

クライフ

クライフは絶対満足していないと思うが、一歩前進だ。

ネクスト・ラウンドへ進むにはカルデロンでもネットを揺らさなければならないと思う。美しく勝利するのみだ。

広告

違いを作るレオ・メッシ

メッシ

メッシ

メッシ

出場30分。前日に誕生した次男マテオくんに捧げる技ありゴールで要塞カルデロンを攻略。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第3節、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

3節で早くも迎えたビッグマッチ。スタメンの発表を見て、昨シーズンのソシエダ戦での内紛をも想起したレオ・メッシのベンチスタートでしたが、今回はキチンとコミュニケーションを取ってどうやら問題は無かった模様です。しかし、メッシの居ないバルサはやはり並みか、70%を超えるボールポゼッションを記録も、敵陣での効果的なソレは影を潜め、アルバとロベルトの両サイドバックも攻め上がりも少ない。頼みのネイマールはボールロストが目立ち、前半はイニエスタのドリブルから右サイドを駆け上がってきたラキティッチのシュート(キーパーにセーブされる)とコーナーからラフィーニャがすらしたボールをスアレスが蹴り込んだ(バー直撃)シーンくらいがチャンスらしいチャンスだったでしょうか。主審を務めたマテウ・ラオスのハンドの見逃し(後半にも2度あった)もあって割とストレスが溜まった前半。まぁ、アトレティコにもチャンスを与えませんでしたので、バルサ流「鳥がこ」は一応の機能を果たしてはいたと思います。

そして、後半へ。

 

トーレス

トーレス

51分。

ショートカウンターを喰らい、バルサキラーのフェルナンド・トーレスにゴール左隅に蹴り込まれ先制を許したバルサ(シュテーゲン、何とかして欲しかった)。後半開始早々から停滞してたので嫌な感じがありましたが、案の定の失点。しかし4分後にネイマールが美しすぎるFKを沈め振り出しに戻し息を吹き返しました。

 

ネイマール

ネイマール

バルサでの通算100試合目を飾るに相応しい、まさにゴラッソを蹴り込んだネイマール。メッシがベンチだったので自ら得たFKを得意の角度から蹴り込みましたね。威力に精度、申分なし。

そしてこの後残り30分となって登場したレオ・メッシがピッチを支配。昨シーズンのような右サイドに張り出すのではなく、中央に入るかたちから中盤に下りてきてのゲームメイク。自陣でボール回しが多かったこのゲームで、メッシが入るととたんに敵陣でボールが持てるようになり、幾度かチャンスを作ってゴールの香りが漂い、77分にアルバがエリア内中央のスアレスにパスを通し、スアレスがダイレクトで叩いたところに左から侵入してきたメッシが予定調和のように反応して、秀逸な左足アウトでゴール右隅に流し込み勝ち越しに成功。

完璧なダイレクトプレイからの流れるようなゴールは往年のペップ・バルサを思い出させました。

 

メッシ

決定的だった。試合の均衡を破ることを常とする彼(メッシ)だが、今日もまさしくそういった存在だった』

とシメオネがコメントしてましたが、違いを作る男が違いを作って得た貴重な勝ち点3。FIFAウィルスに殺されずにすんでホッと(ヴェルマーレンがまたハムストリングを痛め退場しましたが)一安心の日曜の朝。

次はミッドウィークのフエラでのローマ戦。ローマを叩いてグループステージも好発進したいところです。

世界基準の決定力

ネイマール

ネイマール

ネイマール&メッシ

を朝5時から観ることが叶い、ライブ視聴したかいがありました。

2014-2015・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・セカンドレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

ゲームは、(ファーストレグを1-0でモノにしていた贔屓のバルサでしたが)開始早々のトーレスの一撃でアドヴァンテージが無くなる面白い展開となりました。

 

トーレス

トーレス

1分。

マスチェラーノの何気ないクリアボールを拾われ、そのボールが前線のトーレスへ渡り、(マドリード・ダービーのように数十秒で)トーレスはマスチェラーノを難なく躱して右脚を振り抜きネットを揺らしました。

う〜む・・・。

バルサはフワっとしてましたね。これで目を覚ましてくれればいいのですが、このゲームはボールを繋ぐいつもの感じが見受けられません。最終ラインからロングボールをポンポンと蹴っていました。

圧力を掛けてくるであろう(実際、前から当たってきましたが)アトレティコのプレスをそれで躱すルイス・エンリケの指示だったのかなぁ?。

なかなかボールを繋げないバルサでしたが、それでも9分に、前掛かりのアトレティコのおかげで出来たスペースを突くことに成功しました。

自陣でボールを持ったメッシが溜めて、右前に走ってきたスアレスにボールを出して、スアレスがトラップと同時に前を向いて、左から中央へダイアゴナルに追い付いてきたネイマールに秀逸なパスを出し、広大なスペースをスピードを落とさずにドリブルで前進したネイマールが、クールにキーパーの右を抜いて(冒頭の画像)1-1の振り出しに戻しました。

トーレスもそうでしたが、ネイマール・・・素晴らしい決定力でした。

詮無い事ですが、日本代表ではこうはいかないでしょう(泣)。

 

マスチェラーノ

10分も経たないうちに2発が飛び出し、これで勝ち抜けるにはあと2点が必要になったアトレティコ。もちろん圧力を掛けて仕掛けてきました。30分、右サイドでフアンフランがマスチェラーノからペナルティを捥ぎ取り(厳密にいえば、ファウルはエリアの外でしたが)2-1とし、ゲームはカオスへと突入していきました。

マスチェラーノは『not his day』でしたかね。

 

バルサ

前半はこれで終わらず、38分。バルサには珍しくコーナーキックから、ブスケツがフリーでヘッド。ボールは枠へは飛んでませんでしたが、ミランダが焦ってオウンゴールとなり2-2に。バルサにとってはラッキー過ぎるゴールでした。

 

アルバ

ネイマール

オウンゴールの3分後の41分。

疑惑のアルバのハンドから、光速カウンターを見舞ったバルサ。メッシが右サイドで溜めてアルバに浮きパスを通すと、自陣から猛然と駆け上がってきたアルバがスライディングしながら中央へ折り返し、中央にいたネイマールが難なくトラップでキーパーを躱してネットを揺らし、ゲームを締めました。

 

アルバ

アルバ・・・完璧なハンドでしたね(泣)。

バルサにとってはラッキーでしたが、マスチェラーノのペナルティをチャラにするようなジャッジは如何なものかと思います。主審のレヴェルが低かったゲームでもありました(カード出まくりでゲームをコントロール出来てませんでしたもんね)。

このあとの残り45分は何も起らずゲームは流れ、3-2で勝利したバルサは(2戦合計4-2で勝利)、セミ・ファイナルへとコマを進めました。

勝ち抜けることが出来て良かった良かった。

 

ネイマール

今シーズンのバルサでの公式戦20・21ゴール目を上げたネイマール。確実にフィットしていて、あと上にはメッシがいるのみです。

このまま世界トップの決定力でバルサに貢献してもらいたいものですね。週末の難敵ビジャレアル@カンプ・ノウも頼りにしています。

ニーニョ、アトレティに祝祭をもたらす

トーレス

今日はこの人でしたね、フェルナンド・トーレス。

2014-2015・コパ・デル・レイ・ベスト16・セカンドレグ、マドリード・ダービー@サンティアゴ・ベルナベウ。

開始1分。アトレティコのダイレクト・パスの交換からペペのミス(グリーズマンに寄せて行きましたがすれ違いに躱される)でエリア内で2対1。グリーズマンが右サイドで開いて待っていたトーレスにパスをはたき、トーレスは左脚を振り抜きネットを揺らしました。

 

トーレス

トーレス

トーレス

ファーストレグを2-0でモノにしているアトレティコにとっては値千金のアウェイゴール。

出鼻を挫かれたマドリーは痛過ぎる失点で、ラモスが気迫のヘッドで一度は追い付きましたが、またもや後半早々にこの男がマドリーの息の根を止めました(マドリーはミスが高く付きましたね)。

 

トーレス

トーレス

46分。今度はラモスのパスをカットしたグリーズマンのスルーパスを受けて、キックフェイントでペペを躱しクールにネットを揺らしました(ナバスの足に触れられましたけどね)。

『満足している。僕たちは快適にプレーしながら、相手にチャンスを与えることを避けなければいけなかった。あのように早く得点できたことで、望んでいた展開に持ち込めたね。僕たちはそこまで苦しむことなく、ラウンド突破が危険にさらされることもなかった。ベルナベウでは簡単なことではないよ』

『ここまで来てくれたファンはありがたいし、復帰後の2得点に満足している。それも、一度もゴールを決めたことがないベルナベウでね。今日は素晴らしい日で、喜びをかみしめる日になったよ』

ハットトリックのビッグチャンスもありましたが・・・モタモタしてしまい(笑)。まだ全盛期には及ばないかな。

マドリーの猛攻をロナウドのヘッド1発のみに凌ぎ、ネクストラウンド進出です。マドリーが攻めてアトレティコがなんとか凌ぐ、面白いゲームでした。

まぁ、マドリーにとってこの敗戦は、リーガとチャンピオンズに専念となって、これはこれで良かったのかもしれません。

『(トーレス)彼は移籍して、成長し、今では男になった。彼のことはうれしいよ。こういった試合でこのような答えを見せてくれた。ファンも喜んでいる。疑問を持っていた人たちもいたが、ここまで、我々にとって彼の復帰は良いことだった』とシメオネはコメントしましたが、絵になる男のリーガ帰還は僕個人としても嬉しいかも。繰り返しますが、眠い目を擦りつつ観たゲームでしたが、開始早々に目が覚めて楽しいゲームでした。

クォーター・ファイナルはまたバルサ(このゲームのあとに大勝。僕は結局落ちてしまいましたが・・・苦笑)。少しやっかいですが、また熱いゲームを観たいものですね。

ここにもある、危機?

ロナウド

ロナウド

2014-2015・コパ・デル・レイ・ベスト16・ファーストレグ、マドリード・ダービー@ビセンテ・カルデロン。

『危機と話すのは大袈裟だよ。アトレティコとの対戦はまだ90分残されている。次戦進出の可能性は高くはないが、我々は全力でそれを試みる』

冬のチャンピオン、マドリーですが、リーガに続きダービーでも0-2で敗れ失速。メッシ同様ロナウドも先発せず。ゲーム開始当初はインテンシティに溢れ、ボールを持ってまずまずだったと思いましたが・・・。

『チームは彼らの(ラモスが不用意だった)PKまで試合をコントロールしていた。だが、我々には奥行きのあるプレーが欠けていたんだ。アトレティとの対戦はとても難しい。我々はもっと縦に早いプレーを必要としている』

ポゼッションはやっぱ向いてないか。ベイルはセルフィッシュに空回りし、ベンゼマとハメス・ロドリゲスはエアーだった。クロースは疲労感満載で(この日先発した)ケディラは右往左往するのみ。マルセロとイスコは奮闘していたが、右サイドバックのアルベロアは(いつもの如く)無視された。

ネットを揺らす感じが皆無だった(アトレティコがソリッドだったが)。

セルヒオ・ラモスは、

『僕たちはプレミアリーグから多くを学ぶべきだ。PKの際に、ファウルとされるアクションがあったとは思わない。プレミアはたくさんのファンが見て楽しんでいる。だから、そう言っているんだ。負けた時にジャッジについて話すのは簡単だ。だから、強調することはしないよ』

と語りましたが、苦しい言い訳だ(完全にペナルティだった)。

ハメス・ロドリゲスは、

『プレーは彼がジャッジするのだけれど、常に疑いを持っていた。彼は疑い、疑い続け、いつもアトレティコのために笛を吹いていた』

負けがこむとやはりこうなるね。

 

アトレティコ

シメオネ

シメオネ、勝つことに際しては素晴らしいの一言だ。

『マドリーの方が良い形で試合をスタートさせた。だが選手たちは良いリアクションを見せたね。前半に少しずつリズムを手にして、時間とともに競争的なチームとなっていた。後半はとても素晴らしく、規律が取れ、懸命に働いていたよ』

『争いに臨むという以外のプレー方法は理解できない。そして外部との競争に臨むためには、内部での競争が必要不可欠なんだよ。3つのコンペティションに臨むためには、20~21選手が必要となる。このチームは競争的であり、どのようなコンペティションも争っていく』

ゴールが決まった時のボールボーイを務めた息子さんとのセレブレーションが強烈に良かったですね。

 

フェルナンド・トーレス

スウィート・ホームに帰還したエル・ニーニョ、トーレス。

まだまだですけれど、このゲームで見せていたインテンシティとシメオネがいれば復活するかもです。

それにしても・・・大したフットボールじゃないんだけどなぁ(負け惜しみ)。さぁ、次は未明なバルサ。どうなるか。もちろんライブ視聴です。

おやすみなさい。

ロンドン旅行 DAY-3(Aug 26)その②オールド・トラッフォード篇

オールド・トラッフォード

オールド・トラッフォード

悲願達成。

「シアター・オブ・ドリームズ」。

ついに、ついにオールド・トラッフォードを訪れることが叶いました。お馴染みの正面、かなりデカイです。カンプ・ノウやベルナベウに並ぶ大きさでした。

 

オフィシャル・ショップ前

オフィシャル・ショップ『メガストア』前の相方。

カガワくんのユニフォームでは被るので、かなり長考の上ロビンとなりました。

 

オフィシャル・ショップ

『メガストア』内のポスターもカッコイイ。

お土産にマグカップが欲しかったんですが、MUFCのロゴが三菱東京UFJ(MUFG)みたいでダサイので断念。ガラスのコースターとエコ・バック、甥っ子にアルミの水筒を購入しました。

 

サウスゲート

S20ゲート

正面から左に回るとサウス・スタンドのゲートがあります。

黄色い扉が入場口です。

 

シーズン・チケット

入場時はイコカ(関西在住なんで)みたいにタッチしてバーを開けて入ると聞いていたのですが、普通にゲートのオジサンにチケットを見せて入場しました。

パシャパシャオノボリサン丸出しで記念撮影ばかりしていましたが、ゲーム開始までまだ数時間がありましたので、一旦荷物を置きにホテルまで戻りいよいよゲーム観戦です。

 

座席

スタジアム

スタジアム

ここからはスマフォで撮影しましたので、画像が荒いです。

座席は選手入場口近くの前から2列目でした。目の前を様々なプレイヤー達が通ります。

 

カガワくん

カガワくん!

この日は(も)出番がありませんでした(泣)。後半途中には、目の前でライアン・ギグスやマタ等とアップはしていました。

モイーズに評価されてないのかなぁ~(泣)。この日先発していたバレンシアやクレバリーより良いと思うけどなぁ~。

 

モウリーニョ

『カンプ・ノウ』でも拝見した、今は『ハッピー・ワン』の御仁。

何故かは分かりませんが、『ジョゼ~・モウリーニョ~、ジョゼ~・モウリーニョ~』とお馴染みのコールを受けてました。『カンプ・ノウ』では凄まじい罵声を浴びてましたが、そういうのはあまり無かったです。

ゲーム自体は、去就に揺れるルーニー(チェルシーから2度もオファーをされている)一人が攻守にプレゼンスを発揮。チェフにセーブされたシュートなど惜しいシーンもありました。

 

ルーニー

ルーニー

『ルーニー!ルーニー!!』コールの大合唱。

ゴール裏のサポーター達の声援が90分間半端なかったです。チェルシーに対する容赦ないブーイング、マン・ユナイテッドの頑張ったプレイには割れんばかりの拍手。

サイコーでした。

でもまぁ~ヒトコトで言えばウルサイ(笑)。スタジアムの特徴もあってか、かなり響くので隣と会話するのもママナリマセンでしたね。

 

トーレス

後半アップを開始したフェルナンド・トーレス。

目の前のトーレス(後半途中出場した)のセイで、後ろのアンチャンが、ユナイテッドの攻めが見えなかった時に、

『Sit down!Torres!!Fuuuck you!!! 』

と叫んでいました(笑)。

『邪魔なんだよ。クソが!!』、確かに邪魔でしたが・・・(笑)。

 

スタジアム

スコアレス・ドローで試合は終了。

夢のような試合内容では(かなり凡戦でした)ありませんでしたが、それでもやはり『シアター・オブ・ドリームズ』。

長年行きたかったスタジアムを訪れることが出来たサイコーの一日となりました。@『サン・シーロ』でミラン、@『カンプ・ノウ』でバルサ、@『オールド・トラッフォード』でマン・ユナイテッドを堪能しましたので、次はドイツでクロップ・ドルトムントを観戦したいなぁ~と思ってます。

DAY-4(Aug 27)『バッキンガム宮殿&etc』篇につづく。