進化したシュバルツ・ゲルベン

ドルトムント

そこにカガワくんの(恐らく)居場所は無かった。

寂しい・・・。

2015-2016・ヨーロッパリーグ・ベスト16・ファーストレグ、ドルトムントVSトットナム@ジグナル・イドゥナ・パルク。

久しぶり観たドルトムントのゲーム。プレミアで2位のスパーズを相手にせずオバメヤンのヘッドとロイスのドッペル・バックでネクストラウンドへ王手を掛けました。ゲーゲン・プレッシングからの速攻というよりは、バルサよろしくボールを持ってサイドから攻めていく。ボールを失ったら即囲みに取り戻しにかかる。愛すべきユルゲン・クロップが築いたヘヴィ・メタル・スタイルから上手くモデルチェンジしている感じがしました。変幻自在のフォーメーション。機能するトライアングルとパス&ムーブ。縦パスも良く入っていたし、ドリブルで剥がしてからのコレクティブな連動も見事でした(スパーズが不甲斐なさ過ぎたかな。開始39秒オープニング・シュートを放っただけでした)。

ボール・ポゼッション66%対34%。

アテンプト17対3。

ショット・オン・ターゲット5対2。

ファイナル・スコア3対0。

完勝。

カガワくんは残り10分位からの出場で見せ場なし。今シーズン当初は良かったと思ったんだけど、ウィンター・ブレイク明けから急にポジションを失ってしまいました。前節のミュンヘンとの『クラシコ』も招集外だったし。何とかポジションを取り戻して欲しいけど、どうなんだろうなぁ。トゥヘルの戦術にマッチしないのかなぁ。頑張って欲しい。

それにしても今シーズンのヨーロッパ・リーグの決勝ラウンドは凄いメンツです。スペインからは2連覇中のセビージャやビジャ・レアル、バレンシアにビルバオが出てますし、プレミアからはスパーズに加えマン・ユナイテッドとリヴァプール(このラウンド16でナショナル・ダービーだもん)、ドイツからはドルトムントとレヴァークーゼン、あとバーゼルです。CL並みです。いつもならヨーロッパ・リーグは観ないんですが、完全に寝不足です。

セカンドレグがありますが、ネクスト・ラウンドも楽しみです。

 

オーバメヤン

30分のオバメヤンのヘッド。

左サイドでロイスやカストロ、シュメルツァーが粘ってのクロスからのヘッドでした。先制してラクにはなりましたね。

 

ロイス

61分の2点目。ショート・コーナーからスポティッチがヘッドで繋いでのロイスの豪快な一発。

 

ロイス

締めは70分。自陣からヴァイグルが中央のオバメヤンの縦に楔を入れて、オバメヤンがドリブルでディフェンダーを剥がし左のカストロへ叩いてカストロがダイレクトで右のロイスへ浮きパスを通して最後もロイスがダイレクトでドッペル・バック、コンプリート。美しい繋ぎと崩しでした。

カストロがカガワくんでもイイと思うんだけど(同じこと出来るハズなんだけどなぁ)、何かが違うのだろう。悲しい。

 

ドゥルム

ドゥルムも良かったんだよなぁ。クロップ時代はサイドバックでしたが、サイドハーフに変わってどんどんエリア内に攻め込んでました。

『パフォーマンス、スコア、そして守備の姿勢に非常に満足だ。我々は活き活きとしたプレーをし、競り合いで強い決心を見せたと思う。序盤はトッテナムが強くハイテンポだった。だが、我々は徐々にパスワークを安定させられた。それからチャンスもつくり出した。後半は試合を完全に支配し、トッテナムを押し込むことができたよ。彼らを我々のゴールに近づかせなかった』

と語ったトーマス・トゥヘル。

なかなかの戦術家なのかな。カガワくんにもチャンスをお願いしたいものです。

広告

North London Derby雑感

コクラン

コクラン

スパーズは勝たなければいけなかった。

ラムジーの秀逸すぎるヒール・フリックで先制されたが、後半の早い段階で数的有利を得たしガナーズを完全に上回っていたからだ。

2015-2016・プレミアリーグ第29節、トットナムVSアーセナル@ホワイト・ハート・レーン。

トータル・アテンプト、26対10。

ショット・オン・ターゲット、11対4。

ポゼッション、52対48。

スコア、2-2。

何が足りなかったのか?。60分にコーナーキックの溢れ球をアルデルヴァイレルトが捩じ込み、62分には左サイドからハリー・ケインが今年一番の美しいゴールを右ポストに当てて沈め逆転に成功したがリードを守り切れない。76分にショート・カウンターを喰らいアレクシス・サンチェスにゴール左隅に蹴り込まれそのままゲームを終えてしまった。1枚イエローを貰っていたダイアーは2枚目もののファウルを見逃してもらったにも関わらず・・・。追い付かれてしまったがまだ十分に時間があったにも関わらず・・・。ポチェッティーノの交代策も失敗だったか、代わって入ったプレイヤーがゲームに入りきれずホイッスルが吹かれてしまった。

よく走って、インテンシティがあって、コレクティブにプレスを掛けて、ガナーズにフットボールをさせていなかったが・・・それだけでは駄目なんだ。アタッキング・サードでのアイデア、スキル、落ち着き、精度、この辺りが足りない(多くを求め過ぎ?)。

プレミアリーグ2位対3位のシックス・ポインターは、2-2の痛み分け。このあとにゲームを控える首位レスターにこの結果はどのような影響を与えるだろう?。失敗のスペシャリストMrヴェンゲルの首の皮一枚が繋がったノース・ロンドン・ダービーはとても面白いゲームだった。がしかし、繰り返すがスパーズは勝たなければいけなかった(勝てたゲームだった)。またガナーズがどうしてこうも駄目なんだと痛感したゲームでもあった。

 

ラムジー

39分のラムジーの秀逸すぎるヒール・フリック。

ゲーム開始直後から、ラムジーのポジショニングがオカシイと思って観てたが(自陣右サイドをローズにやられまくってたよね?)ゴールで結果は残した。

 

アルデルヴァイレルト

60分。プレミアらしい混戦からのゴールで追い付いたスパーズ。

このゴールの前に、ケインに放たれた一撃がゴールライン・テクノロジーで救われたガナーズだったが、結局決壊してしまった。

 

ハリー・ケイン

ケイン

同点弾の2分後に放ったハリー・ケインの美し過ぎた一発(解説してたベンさんも驚くしかなかった)。早くも今年のベスト・ゴールにノミネート確実な一発だった。

 

サンチェス

サンチェス

ベジェリンの縦パスに反応しダイレクトで捻じ込んだアレクシス・サンチェスの一発。

ゲームの大半で苛立ってたが、結果を残して黙らせた。

 

エジル

ビッグゲームでまたまたほぼ消えていた『天才』エジル。

酷評が待っているだろう。

 

ラムジー&サンチェス

Mrヴェンゲルを救ったラムジーとサンチェス。

 

ゴールライン・テクノロジー

瞬時にノー・ゴール(右側がゴール)と告知してくれたゴールライン・テクノロジーは素晴らしい。

 

スパーズ

勝たなければならなかったスパーズ。

ニュートラルなフットボール・ラバーにとっては、ホント面白いノース・ロンドン・ダービーに大満足。まだまだ混戦が続くプレミアは、リーガとは違った魅力が満載だ。