撃ち合いを制しネクストラウンドへ

ロッベン

ファン・ペルシー

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第2戦、オランダVSオーストラリア@ベイラ・リオ・スタジアム。

楽しいゲームでしたね。

スペイン戦の前にライブで視聴しましたが、起きて観たかいがありました。キレキレのロッベン。このゲームでもセンターサークルを少し越えたあたりからショートカウンターからドリブルを開始し、エリア内で右にフリーでいたファン・ペルシーを使わず自ら切れ込み豪快にネットを揺らしました。

その1分後の21分にケイヒルに今大会一番のゴラッソで豪快にネットを揺らされたオランダ。後半には不運はハンドからペナルティを沈められ1-2とリードされましたが、今度はエースのファン・ペルシーがフリーでボールを受けて豪快にネットを揺らし追い付き、仕上げは途中出場のデバイ(20歳)が秀逸なミドルをゴール右隅に捩じ込んで勝負あり。

簡単に失点してしまった点は反省ですが、アタッカー陣は今大会一好調です。あと、前半はスペイン戦で採用した『5-3-2』が全く機能せず苦戦しましたが、後半はお得意の『4-3-3』で見事に修正したファン・ハールの采配も冴えていましたかね。

このあとにスペインがチリに0-2で敗れてグループ・リーグ突破を決めたオランダ。あとはチリに勝利し1位通過でブラジルとの対戦は避けたいところでしょうか。それとも早い段階で当たって(消耗する前に)勝ち切る戦略はあるでしょうか?。

どのみちカップを掲げるには避けて通れない相手。カウンターに特化したオランイェ。前回大会のファイナリスト、侮れないですね。

 

オランダ代表

お家芸の内紛はなさそうな今大会。

悲願はなるでしょうか?。

 

ロッベン

ロッベン

速過ぎるロッベン。

ベイルよりも速いし決定力も申し分ないですね。

 

ロッベン

このままの調子で行けばあるいは?。

そして、最後はここまでで一番の1発を残しておきたいと思います。

 

ケイヒル

ケイヒル

ロングクロスを豪快にダイレクトで振り抜いたケイヒルの1発。

マン・ユナイテッドでのファン・ペルシーの1発(コチラ)のようでした。

大満足。

広告

“ティキ・タカ”は2度死んだ

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

カシージャス

バルサの凋落とともに沈む”ラ・ロハ”。

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第1戦、スペインVSオランダ@アレーナ・フォンチ・ノヴァ・スタジアム。

ボールは持てどゴールを脅かすシーンはほぼ皆無。前半のポゼッションは70%に。5人で引いて守るオランダ相手に、ワントップに入ったジエゴ・コスタにボールが収まらず、横パスや安全なパスに終止。それでもラッキーなペナルティ(ジエゴ・コスタの切り返しから得た)で先制した。2点目を取っていれば勝ち点3は得たであろう。ダビド・シルバに決定機が訪れたが決め切れず、その直後の44分にファン・ペルシーのスーパーなダイビングループヘッドで追い付かれて前半を終えた。

それでもまだ同点だった。

後半に攻めれば問題ないはずだ。

しかし、前回の南アフリカワールドカップ・ファイナルでは散々だったミュンヘンの快速ウイングがキレキレで、ピケとラモスでは止めることが叶わず53分にリードを許してしまい、そこから為す術なく怒濤の失点を重ねてしまった。

後半は前半以上に良いところがなく、『聖』イケルの度し難いミスも重なり、まさかの大敗(1-5)を喫したスペイン。

グループリーグでゴー・ホームの危機に。アレクシス・サンチェスが絶好調なチリにもあっけなく敗れるかもしれない。バルサがカウンターに屈し無冠に終わった今シーズン。世界を魅了した“ティキ・タカ”は、ここブラジルの地でも瀕死の重傷を負ってしまった。

恐らく復活はしないだろう。恐ろしいまでの僥倖に巡り合わなければゴールは生まれないであろう(ラモスが意地のヘッドを見せるかもしれないが)。

衰えた『聖』イケルはダビド・デヘアに、シャビはコケに変えよう。セスクをゼロトップに据えて2列目からの飛び出しを狙う必要もあるかもしれない。そして、2枚のセントラル、ピケとラモスのコンビネーションが悪過ぎる問題もどうするか。

手負いの“ラ・ロハ”。

前回も初戦でスイスに0-1で敗れてからのバウンス・バックで見事優勝を飾ったが、第2戦のチリ戦まで時間はそう多くは残されていない。

 

ロッベン

ロッベン

キレキレだったロッベン。

左サイドバックのブリントからのロングフィードを秀逸なトラップからピケを難なく躱してラモスも振り切って決めきり、前回大会の汚名を見事返上した。

 

ロッベン

圧巻だったスプリント。

スナイデルのスペースに出したパスに、ラモスよりあとから駆け出したが難なくチギって追い付き、カシージャスとの一対一を制しスペインを殺した。

 

ロッベン

オランダ

ファン・ペルシーのダイビングヘッドが今大会のハイライトの一つになるだろうが、この試合はロッベンが主役だった。

 

イニエスタ

カシージャス

酷すぎた『聖』イケル。

 

シャビ

『すべてが悪かった。後半は散々だったし、僕たちは派手な形でミスを犯してしまった。悪かったすべてのことを改善しなくてはならない。チームは簡単に相手のカウンターを許してしまった』

『僕たちはもう水曜を迎えることを望んでいる。素早くリアクションを見せ、このチームが偉業を成し遂げられるチームであることを示したい。ポジティブにならなくてはならない』と語ったマエストロ・シャビ。

復活できるだろうか?

 

ファン・ペルシー

2代目フライング・ダッチマン。

それにしても凄いダイビングヘッド(それもループで)だったなぁ〜。

いよいよ明日は我らが日本。

マスト・ウィン!!

腐っても鯛

ファン・ペルシー

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、マンチェスター・ユナイテッドVSオリンピアコス@オールド・トラッフォード。

ファーストレグを0-2で落としていたマン・ユナイテッド。プレミアでもレッズにボコボコにやられ、マンチェスターは解任、更迭に揺れていたと思いますが、2年連続プレミア得点王のロビン・ファン・ペルシーのハットトリックで、モイーズのクビは首の皮一枚繋がりました。

 

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

25分。

ラッキーなペナルティをゲットし息を吹き返したマン・ユナイテッド。

 

ファン・ペルシー

前半アデイショナルタイムにルーニーからのグラウンダーのピンポイント・クロスを豪快に蹴り込みアグリゲートスコア2-2。

夢の劇場は完全ヒートアップでした。

そして、美しい瞬間が後半早々の52分に訪れました。

 

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

美しい弧を描いた1発がネットを揺らし、そしてソレはネクスト・ラウンド進出への扉を開いた1発となりました。

チャンピオンズリーグで自身初となるハットトリックはお見事ですが、このゲームはやはりデ・ヘアがマン・オブ・ザ・マッチだったと思います。

 

デ・ヘア

3回は失点していてもおかしくなかったシーンがありましたが、完璧にセーブしゴールに鍵を掛けました。失点していればアウェイ・ゴールで敗退していたと思います。

この試合はラファエルとエブラがどんどん前へ上がって行きましたので、カウンターの厚みはありましたが、広大なスペースを与えもしサイドから失点の危機もありました。

2枚のセントラル(ジョーンズとファーディナンド)は相手のスピードに全く付いて行けず醜態を晒すのみでしたし、リードしてからのゲーム・マネジメントも心許なく落ち着きがありませんでした。

0-2からのバウンスバックは『腐っても鯛』と言ってイイと思いますが、ネクスト・ラウンドはヨーロッパのまさにトップ・オブ・エイト。

現状一番オッズは低いだろうと思います。

 

モイーズ

『抽選がどうなるか次第だが、だいたいは我々が不利な立場での戦いになるだろう。しかし、このクラブが(優勝)できると本当に思っている。ここまでは十分ではなかったが、我々が本来の力を発揮できれば、どんなチームとでも張り合えるはずだ』と語ったフットボール・ジーニアス。

しかし、優勝は完璧に不可能だと思いますね、まったく。

そして、今日もカガワくん出なかったなぁ〜。

Ten things Moyes has got wrong at United

モイーズ

Getting the big names firing(ビッグネーム達をお払い箱に)

マンチェスターイブニングニュース電子版に『マン・ユナイテッド、モイーズが犯した10の過ち』が載っていました。そのうちの一つが上記タイトルで、カガワくんの力を引き出すことに失敗した、ファン・ペルシーは怪我でもがき、多くのプレイヤーが期待を大きく下回った等々が書かれていました(たぶんそんな事が書いてあると思います。何分、中学生レヴェルの英語力なので・・・詳しくはコチラ)。

ルーニーの調子が上がったことだけが、唯一ポジティブな出来事では寂し過ぎますね。

チャンピオンズでの対オリンピアコス戦@ヨルギオス・カライスカキスをドルトムントのゲームの後に観ましたが、目も当てられませんでしたもんね。

前半終了間際の38分に失点(けっこう偶然の産物だったと思いますが)し、後半開始早々の55分にゴラッソを沈められ、良いところなく敗れたマン・ユナイテッド。アウェイゴールを一つでも返せばオールド・トラッフォードで充分逆転可能だと思いましたが、ファン・ペルシーのシュートは大きく枠を越えてしまい90分を終えました。

ネットで面白いポジショニングのチャートが出ていましたが、中盤のプレイヤー達のポジショニングが悪過ぎます。右サイドで先発したアシュリー・ヤングの地面(ボール)しか見ていないプレイにも草が生えました。

ファーストレグをアウェイに乗り込んだチームで唯一敗れたマン・ユナイテッド。このままクロスでドカンでは、オールド・トラッフォードで凄まじいブーイングが起るのではないでしょうか。

やっぱカガワくんを先発させるべきだと思います。

 

カガワくん

the Japanese playmaker will depart in the summer。

って記事にありましたが、この夏に本当にグッバイとなるのでしょうかね?。ネットのチャートではカガワくんのポジショニングは完璧だったんだけどなァ〜。ソレを活かすことが出来ないモイーズ。全ての元凶はソコなんだけどなァ〜。

ミュンヘンからクロースやドルトムントからロイスやギュンドアンを取っても絶対変わらないと思います。

とほほ・・・。

モイーズのゲーム後のコメント。

『欧州での我々は最悪のプレーだった。それは確かだ。本当に今夜はひどいパフォーマンスだった。我々は最初からまったく試合に入れなかった。今日のプレーでは、何にも値しない。我々は良い調子で、良い精神状態で試合に臨めたのだが、今日はそれを見せられなかった』

『私は責任を負う。私のチームであり、常にそうする。今日の我々は良いプレーができなかった。もっと良いプレーをしなければいけない。そして我々にはそれができる』

『唯一良かったのは、もう1試合あるということだ。選手たちも傷ついている。自分たちのプレーを分かっているんだ。だが、ここにはチームがある。我々はともに団結していくよ』

『セカンドレグがある。オールド・トラフォードは、これまでも素晴らしい夜を目にしてきた。私はまたそうなることを願っているよ』

なんか、駄目な上司の典型のような発言です。役に立たないプライド(見栄)だけはあって、根拠無希望的観測。

だから、願ったら駄目なんだって!!。

 

マン・ユナイテッド

『僕がプレーしたいと思っているスペースを、チームメートがよく埋めてしまうんだ。そうなることで、そのスペースに入るのが難しくなってしまい、彼らのポジションに基づいた走りで調整する必要が出てくる。残念なことだが、彼らは僕のゾーンでしばしばプレーしているんだ。本当に残念だよ』と語ったファン・ペルシー。

全然団結してねェーーー。もう、チチャのワントップでいいんじゃね?。

おしまい。

何も変わらないマン・ユナイテッド

ファン・ペルシー

2013-2014・プレミアリーグ第23節、マン・ユナイテッドVSカーディフ@オールド・トラッフォード。

クラブレコードとなる60億円以上(3,710万ポンド)のお金を使って獲得したファン・マタが早速先発した一戦を観ましたが、結局はファン・ペルシー頼み、“個”頼みでした。

粕谷さんがコラムで書いておられましたが、モイーズは中盤のタレントを上手に使いこなすタイプではないのでしょう。今日観た試合でも、以前と何ら変わりがなかったです。

退屈過ぎて、サウサンプトンVSアーセナルの試合が面白過ぎて、マン・ユナイテッドはどうしようもないです。ライブで観る選択を間違えました(泣)。

今日はたまたま開始早々にゴールを得ることが出来て試合を優位に進めましたが、トップ4とではこうは行かないでしょう。

何も変わらないと書きましたが、カガワくんの出番だけが減ってしまいましたかね。

残念(泣)。

 

マタ

カガワくんとマタの違いが今のところないです。

60億円以上出す価値はあったのか?

マタと同時起用するプランもないだろうし、ルーニーが戻ってくればカガワくんの出番は皆無になるだろうなぁ〜。移籍するべきだと思うのですが・・・?

 

サウサンプトン

それにしても、サウサンプトンの試合面白かったなぁ〜。ガナーズ相手に一歩も退かず堂々と撃ち合いました。

やっぱそうでなくちゃね。

エジル、最近はデヴュー当初のインパクトが無くなってます。疲労かな?

個人的ベストゴール5選(2013)

昨年も記した個人的ベストゴール(コチラ)。今年も大掃除を終えてあとは温泉へ行くだけとなりましたので、1年を振り返りながら選んでみました。

今年は思い入れの有るゴールがたくさん有って、3選に出来ませんでしたので5選となってしまいました。

異論しかないと思いますがご容赦を。では。

 

【第5位】

バセリーナ

2013ー2014・リーガ第10節、『クラシコ』@カンプ・ノウでのアレクシス・サンチェスの美しいバセリーナ。

『クラシコ』の勝利を決定付けた、打った瞬間に入ったと思った1発。今シーズンは好調なアレクシス、チャンピオンズでも存在感を出してもらいたいですね。

 

【第4位】

ファン・ペルシー

2012ー2013・プレミアリーグ第34節、アストンヴィラ戦@オールド・トラッフォードでのファン・ペルシーの1発。

サー・ファーガソンのオールド・トラッフォード最後の1戦で素晴らしいハットトリックを決めたファン・ペルシーの2点目が第4位です。

『グレイトでファンタスティック』とのサーのコメントがこの1発を象徴していますね。

 

【第3位】の前に番外編。

ロッベン

2012ー2013シーズンのチャンピオンズ・ファイナル@ウェンブリーでのロッベンのコロコロ決勝ゴール。

南斗水鳥拳のようなポーズが笑えました。では気を取り直して、

 

【第3位】

カガワくん

ネイマールの美しいフリーキックやボレーを抑えてのランク・イン(笑)。コンフェデレーションズカップ2013のイタリア戦でのカガワくんの1発。

2ー0にした価値ある1発だったんですけど、その後イタリアにゴールを奪われ結局は3ー4で負けました。

モイーズに変わってまだマン・ユナイテッドでゴールを上げていない(アシストすらもない)カガワくん。やはり移籍するほうがイイんじゃないでしょうか?

アトレティコって噂もありますが、リーガに移籍しないかなぁ。無いかな。

 

【第2位】

レヴァンドフスキ

2013ー2014・チャンピオンズリーグ・アーセナル戦@エミレーツでのレヴァンドフスキの1発。

センターサークル付近からの怒濤のカウンターアタックの締めのダイレクトボレーでした。

『死の組』を首位で突破した愛すべきシュバルツゲルベン。リーガは不調で4位と順位を落としていますが、チャンピオンズでは昨シーズン同様にゴキゲンです。

今シーズンは果たして何処まで行けるでしょうか?目が離せません。

 

【第1位】

メッシ

今年はコレしかありません。

2012-2013・チャンピオンズリーグ・ミラン戦@カンプ・ノウでのメッシの凄過ぎる1発。

ファースト・レグを0ー2で落としていたバルサにとって息を吹き返すに十分な秀逸過ぎる前半早々のゴールでした。

観ていてコレは行ける!!!ってなりましたもんね〜。

今年もたくさんゲームを観て、一喜一憂した1年でした。来年はブラジルワールドカップもあります。全ての愛すべきフットボーラー達に感謝。

来年もよろしくお願いします。

“back to the race” Man United

モイーズ

こんなでイイのか?

2013ー2014・プレミアリーグ第11節、マン・ユナイテッドVSアーセナル@オールド・トラッフォード。

首位を快走するアーセナルを迎えた今シーズン一の重要な一戦。楽しみに観た訳ではなく、どんな感じになるだろうって感じで、モイーズの失態があればコキ下ろそうと思ってたんですが・・・。

スタメンはRVPをトップにカガワくんにルーニー、バレンシアのガム爺が残した前線にまずは沈黙。 アーセナルのポゼッションにカウンターのマン・ユナイテッド。まぁ〜今までのチーム状態からもコレも致し方なしか。

そして、27分。ルーニーのコーナーキックをRVPが頭で合わせて幸運にも先制したマン・ユナイテッド。ラッキーでした。

 

RVP

RVP

RVP

RVP

勝負強いなぁ〜。

1点リードを亀のように守り切ったマン・ユナイテッド。引いてカウンターって感じでもなく勝ち点3を捥ぎ取りました。

 

カガワくん

しかぁ〜し、何か寂しい。カガワくんも攻撃ではなく守備が安定していた感じです。

繋いで抉じ開ける、自陣から飛び出す赤い弾丸でネットを揺らす。コレが観たいんですが、勝ち点3がプライオリティではこんなゲームも致し方なしかもしれません。

 

ルーニー

ほとんど消えていた(1発だけ惜しいシュートを放ちましたが)エジルとマン・オブ・ザ・マッチのルーニー。

そのルーニーは試合後、

『最高の結果だね。アーセナルは素晴らしいチームだけど、僕らは勝たなければならなかったんだ。今日の試合は(今シーズンで)一番厳しい試合だったよ。今日の守備は素晴らしかった。そして、ロビンがゴールを決めてくれたんだ。今日の勝利はチーム全員の勝利だよ』

『今日の試合で負けられないことは、全員が理解していた。もし負けていたら、アーセナルとの勝ち点差は11になっていたんだからね。ほかのクラブの結果を見て、今日の試合で勝てば、上位に食い込んでいけると分かっていたんだ』

と語り上位への意欲を当然の如く表しましたね。

『代表ウィーク前に最高の1週間を過ごすことができた。代表戦が終わったら、年が明けるまでに順位を上げていきたい。それが僕らの目標だ。たぶん年が明けたら、僕らは首位に近づいているだろう』

カガワくんの移籍も完全に無くなったかな。

モイーズは更迭って言ってスミマセン。でもこんなフットボールやだ!!