目を覚まさせるゴラッソ

ビジャ

2013-2014・スーペル・コパ・ファーストレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

眠い目を擦りつつ観ていた一戦は、今シーズン、バルセロナから移籍したビジャが美しい一発を古巣に見舞いゲームが動きました。

カウンターからワンツーで抜け出し、右からのグラウンダーのクロスをダイレクトで右足アウトに掛けて右隅に捻じ込みました。

目を覚ますゴラッソ。

バルサはボールは支配するも、縦へのクサビが入らず、ボールは横へ横へ。メッシは悪いときのメッシ、ドリブルとパスが引っ掛かり前へは進めず。第1節のような流れる攻めはほとんど無かったですね。

後半に、セスクがメッシ(ケガ?打撲?で大事を取って交代)と代って入ると徐々にペースを掴んでいきましたかね。

残り30分あたりでネイマールを入れてアウェイゴールを狙うバルサ。待望のゴールはアウヴェスの右からのクロスを左サイドから駆け上がってきたネイマールのヘッドで生まれました。

アトレティコとしてはもったいない失点、防げた失点でした。

試合はそのままホイッスルを迎えセカンドレグへ。パススピードが無かったバルサは、たっぷり水を撒いたカンプ・ノウで違う形を見せてもらいたいものです。

 

ビジャ

ビジャ

ゴール以外はあまり見せ場はなかったけれど、1発決めるのは流石でした。

 

ネイマール

ネイマール

バルサでの公式戦初ゴールを珍しくアタマで決めたネイマール。メッシ不在の後半に結果を出し、メッシ依存からの脱却を果たすことが出来そうかなと少し期待を抱かせるゴールとなりました。

さてと、遅い夏休み。

ロンドン→マンチェスターへ旅立つ準備をしようっと!!行くゼ!オールドトラッフォード!!

広告

“gracias villa”

ビジャ①

ビジャのアトレティコ移籍が決まりました。

アーセナルやスパーズといったプレミアへの移籍の噂が多かったので、少し意外でしたが、ファルカオが去ったアトレティコに取ってもイイ補強になったかもしれません。

2010-2011シーズンよりバレンシアからやって来たダビド・ビジャ。バルサでは通算119試合に出場し48ゴールを上げました。今シーズンの最終節、マラガ戦での1発がバルサでの最後のゴールとなりました。

メッシとペドロとのスリートップはM・V・Pと言われ、移籍してすぐに結果を出し3冠に大きく貢献しました。しかし、クラブワールドカップで左脚の脛骨を骨折してしまいEURO2012も出場できず、バルサでも徐々に出番を失ってしまいました。

まだヤレる。

出場機会を得るための移籍。

頑張って復活してもらいたいプレイヤーです。

アトレティコでの活躍を祈っています。でも来月のスーペル・コパでは沈黙してくださいね(笑)。

 

ビジャ②

ビジャ③

キャリアのハイライトはユナイテッドとの2010-2011・チャンピオンズリーグ・ファイナル@ウェンブリーでの1発でしょうね。

美しい弧を描いたシュートはファン・デル・サールも届かないゴラッソでした。バルサの3点目となる、ユナイテッドの息の根を止めることとなった素晴らしい1発。これからもたくさん観たいものです。

カンプ・ノウに凱旋したらスタンディング・オベーションだろうなァ~。

惜別のゴール

バルサ

リーガ・エスパニョーラ最終節、バルセロナVSマラガ@カンプ・ノウ。

ここまで勝ち点97を得てきたバルサ。最終節に勝てば、昨シーズンにマドリーが記録した大台の100に並ぶことが出来ます。色々なところでモチベーションになるというコメントを見ましたが、見事に勝利し、またリーガ全試合ゴールを挙げるという快挙も達成しました。

開始3分。イニエスタのパスにスルスルと飛び出したペドロがキーパーを引き付けて、左で走り込んできたビジャへパスを出し早くも先制。ビジャのシュートは少しヒットしてませんでしたが、まぁ~ゴールへ流れて良かったです。

14分にはイニエスタとのワン・ツーでセスクがエリア手前でドリブルシュートを決めて2-0とし、その2分後にはコーナーキックの毀れ球をモントーヤが豪快にゴール左隅にミドルシュートを決めて勝負を決めました。

後半にもイニエスタが珍しく美しい弧を描いたゴールを右隅に決めて、いよいよクライマックスへ。

76分。バルサの左サイドを担っていたフランスが誇ったサイドバック、エリック・アビダルがピッチに登場しました。一度持ち上がってクロスを放りこみ、カンプ・ノウに別れを告げるあたりにまだ現役でやる気概が見られましたね。

そしてゲームは4-1で終了。今シーズンの全日程を終えました。

今シーズンは去る人が多いだろうなぁ~。来シーズンはどんなシーズンになるでしょうかね?まずはネイマールがやってきますが、センターバックの補強もあるのでしょう。

リーガ連覇がもちろん目標なんでしょうけど、5度目のチャンピオンズ制覇を成し遂げてもらいたいものです。プレシーズンでミュンヘンとやるそうです。3冠を達成したミュンヘンですが、『賢人』に代ってどんなフットボールを見せるでしょうか?こちらも興味が尽きません。

 

ビジャ

セスク

ゴールを上げた去就が注目されるビジャとセスク。

どうなるのかな?

 

イニエスタ

イニエスタ

今シーズンも秀逸過ぎるテクで僕を魅了してくれた天才。

お疲れ様でした。

 

メルシー

アビダル

メルシィ・ボクゥ、アビ。

貴方はバルサの左サイド(時にはセンター)で輝いていました。素晴らしいプレイヤーでした。アウディのクーペを運転してカンプ・ノウの駐車場に入っていく姿を見たことも忘れません。

オ・ルヴォワール

Visca Barça

バルサ①

リーガ・エスパニョーラ第36節、バルセロナVSバジャドリード@カンプ・ノウ。

お祝いです。

ペドロがゴールを決めて、オウンゴールで早々に2ー0とし試合を決めました。後半もペドロやビジャ、イニエスタにセクスと何度もチャンスがありましたが決め切れず。 まぁ〜今日はイイですよ。

終了間際にモントーヤがペナルティを献上しましたがそれはご愛嬌?

来シーズンはヨーロッパでの復権を切に願います。

 

ペドロ

ペドロ②

今シーズンはゴールが足りませんでした。

 

オウンゴール

最近オウンゴール多くね?

 

バルサ

去就が注目されるビジャとセスク。

ビジャは去るだろうなぁ〜。

 

トロフィー授与

トロフィー

カピタンが受け取り、この後ビラノバとアビダルが掲げました。

 

バルサ

イイですねェ〜。

この後、お子さんがいる選手はみんな迎えに行きました。

 

メッシ&ベイビー

メッシ&ベイビー②

チアゴくんとお祝いのメッシ。

早く怪我を治して欲しいですね。

 

イニエスタ&ベイビー

ヴァレリアちゃんはママ似で超カワイイ。

良かった良かった。

 

ブスケツ

バルサ②

ブスケツにもお子さんがいるのかな?

カワイイですね。

 

メッシ

お疲れさまでした。

まだリーガは2試合残っていますが、来シーズンもよろしくお願いします。

“blaugrana fiesta”

パレード①

82回のリーガのコンペティションで22回目の優勝を遂げた愛しのバルサ。

宿敵、マドリーの32回にはまだ大きく離されていますが、ここ5シーズンで4回目の優勝。クライフが根付かせたクラブの理念は唯一無二。ホントに素晴らしいクラブです。

20世紀最高のクラブはマドリーでしたが、このままクラブの理念を見失しなわなければ21世紀はバルサとなるでしょう。表彰される時はこの世にいませんが、間違いありません。

そのバルサの歴史上、最も素晴らしいチームであろうペップ・バルサが遺した今シーズン。長く厳しいリーガでの2年ぶりの復権はチーム、クラブ、クレにとって素晴らしいシーズンであったこと(まだ全日程を終えていませんが)は間違いありません。しかし、チャンピオンズでまさかの歴史的惨敗を目の当たりにし、来るシーズンへ向けては一考が必要です。6年連続セミファナル進出は偉業ですが、ミュンヘンは『賢人』を招聘しバルサ以上の結果を残そうと着々と準備を進めています。

システム“メッシ”が封じられた時のプランB。ってまぁ〜今日は止めましょう。

祭りです。

素晴らしいヒトコマ。以下、記念フォトを。

 

メッシ

まずは『神』。笑顔じゃないけど(苦笑)

 

セスク

何かと高い要求で批判とブーイングに晒されるセスク。

ゴールもアシストも多いけど、ビッグマッチで精彩を欠いています。好きなプレイヤーなので頑張って欲しいです。

 

シャビとヴァルデス

チームを去るヴァルデスといつまでも頼れないシャビ。

 

ビジャ

この方も来シーズンは居ないでしょうかね?

ミラン戦での美しいゴールは忘れません。

 

ピケ

もう少し安定感が欲しい。

 

カピタン

怪我に悩まされたグラン・カピタン。

ヨーロッパでの重要なゲームに貴方の不在は痛過ぎました。

 

クレ

パレード②

凄い人だかり。

50万人のクレが駆け付けたそうです。

 

ソング等

ソングとアルバ楽しそう。

 

イニエスタ

素晴らしいテクニックと時に見せる熱いメンタル。

イニエスタ、最高!

 

パレード③

『Més que un club』

クラブ以上の存在です。

 

メッシ

メッシ

追加メッシ。

怪我を完璧に治してくださいね。

失点過多とやはりメッシ

メッシ

リーガ・エスパニョーラ第34節、バルセロナVSベティス@カンプ・ノウ。

失意のチャンピオンズからの切り替えがかなり難しかったと思いますが、開始早々にふわっと失点し痛々しい我が愛しのバルサ。イニエスタの絶妙なクロスをディフェンダーの後ろから出て来たサンチェスが頭で流し込み追い付き一息つきました。

しかし、トップのビジャは連動出来ず、決定機を2回ミスショットしカンプ・ノウは異様な雰囲気となってしまいます。

そして、前半終了間際にペレスの強烈なゴラッソを見舞われ1ー2で折り返し。イニエスタやソングの寄せが甘かったでしょうかね。ビジャが外しまくり、テージョのミドルがバーを叩いていただけにかなり嫌な流れでした。

やれやれ。

56分に相手キーパーのミスで、ビジャが何とかヘッドを捩じ込み追い付くとシステム“メッシ”が発動。

ビジャに代わってピッチに入ったメッシがすぐにフリーキックを捩じ込み、イニエスタの秀逸なヒールパスを受けたサンチェスがディフェンダーとキーパーを引き付け、走り込んできたメッシに優しいパスを通し、メッシはゴールへパスしこの試合にケリを付けました。

またまた途中出場で2ゴール。

リーガでは止まりませんね。試合は4ー2でバルサが勝利を収めチャンピオンフラッグ奪還にチェックメイト。

次週、難敵アトレティコとのフエラでの一戦。要塞カルデロンで決めて欲しいですね。

なんにせよ、お疲れサマでした。

 

ビジャ

バルセロナを去るかなぁ。

 

ゴラッソ

寄せが甘かったですが、ゴラッソでもありました。

 

ビジャ2

何とか同点ゴールを決めましたが、外し過ぎました。

 

メッシ

メッシ2

ビジャに代わって即フリーキックを捩じ込み、ゴールへ流し込むだけで2得点の『神』。

 

メッシ3

終了間際にイニエスタとのパス交換でハットトリックのビッグチャンスがありましたが、バセリーナは失敗。

その後、珍しく外したボールを蹴り上げ、ピッチサイドのマットも蹴り飛ばしていました。チャンピオンズでの、チームに貢献出来なかった苛立だったのかな?しかし、出場した試合での連続ゴールは継続中で、今シーズンも50ゴールに到達するかもしれません。

残り4ゴール。

the answer “END”

ビジャ

セスク

ついに終わりが来た。

チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、バルセロナVSバイエルン・ミュンヘン@カンプ・ノウ。

無抵抗、というか攻める術が無かった。守る術を見失なった。ビラノバのフットボールでは駄目だ。

カンプ・ノウに詰め駆けたクレ達は何を思っただろう。

メッシが居ないからしょうがないといった感じがホイッスルの瞬間は漂っていたが、それでは寂しすぎる。まだメッシがいるから来シーズンは違うゼって感じでは同じ過ちを繰り返すだろう。簡単に失点し献上するアウェイゴール。モウリーニョが見付け実践したメッシを無力化する方法も有効だ。

ホーム&アウェイのヨーロッパの舞台。ミラノやパリでも見せていた綻びが、ミュンヘンで無惨に白日の下に晒され取り返しが付かなくなり、バルセロナに戻っての最後の抵抗に1%の期待を抱いていたが、抵抗にすら(放棄した)ならなかった。

アウヴェスの凡庸なクロスは虚しく跳ね返され、ビジャはボールロストを繰り返し、ブーイングを浴び続けたセスクは何のためにホームに戻って来たのだろう。

世界が羨むタレントには欠かないが、ヨーロッパで3番目に価値の有るフットボーラーでも一人ではゴールは奪えない。マエストロは後半早々に指揮することを許されなかった。この世に生まれた瞬間からソシオのディフェンダーのみ攻めでも守りでも戦っていたが、決壊を防ぐことは出来なかった。

2試合合計0-7。

歴史的惨敗。

世界が目指したモダンでエレガントなフットボールは地に堕ち、泥にまみれた。ボールを失ってからが始まりだったハズだが、プレイヤー間の距離が離れ過ぎていてコレクティブにプレスが掛けられず、すぐにマイボールに出来ない。ボールマンに届かず躱され、後退する。サイドを切り崩され、単純なクロスから失点する。

マドリーの抵抗を、ファイナルへの諦めない意欲とインテンシティを、ゲーム後のセルヒオ・ラモス、クリスティアーノ・ロナウド等の涙を観ただけに、最後まで戦わなかった哀しさが募る。

バイエルンは完璧で素晴らしかったが、王者は戦わず白旗を振った。ファイナルへ届かないなら、せめて儚く散った昨シーズンのようなシーンを観たかったのだが・・・。

来シーズンは、皮肉にもバルサ王朝を築いた『賢人』グアルディオラがバイエルンで指揮を執る。帝国は着々と用意周到に礎を築いている。

史上初のドイツ決戦となるウェンブリー。

スペインの2強、世界のトップ2が2シーズン連続でセミファイナルで敗退した結果は、多くの何かを示唆しているだろう。答えを見付けなければならない。メッシ以外の解を早急に探さなければならない。

王座奪還の過酷で長い旅はまたすぐにはじまるのだから。

 

カンプ・ノウ

ホーム、カンプ・ノウは決戦の準備が出来ていたが・・・。

 

メッシ

舞台にさえ立たなかった『神』。

 

イニエスタ

独りでは無理だ。

 

ピケ

孤軍奮闘も・・・。

苦い記憶だけが残ったチャンピオンズとなった。

 

ゴール

後半開始3分。

ロッベンに右サイドを切り裂かれ、美しくネットを揺らされ命尽きた。

 

オウンゴール

キレたオウンゴールもマンジュキッチに押し込まれるよりはマシだったか?

どちらにしても無惨だった。

 

ミュラー

2人も居ながらまたもやミュラーに決められた3失点目。

 

ヴァルデス

グッバイ、ヴィクトール。

ブラウ・グラナでの最後のチャンピオンズだろう。

 

バイエルン

覇権はバルサ王朝からミュンヘン帝国へ。

ゲルマン決戦となるが、昨シーズンの雪辱を若きボルシア相手に果たすだろうか?