勝利と共に噛み合う歯車

メッシ&ビジャ

リーガ・エスパニョーラ第28節、バルセロナVSラージョ・バジェカーノ@カンプ・ノウ。

一時は不仲が囁かれた(メディアが面白可笑しく書き立てた)ビジャとメッシの関係ですが、ミラン戦でのメッシの2得点はビジャの献身的なプレイによって活かされ、またビジャ自身も今シーズンのハイライトとなった美しいゴールで吹っ切れたかもしれません。

勝てば全てが上手く回りだします。

ラージョは対戦相手がバルセロナであろうが、マドリーであろうが高いバックラインを設定し清々しい程までに人数を掛けて攻めてきます。ゲーム開始当初はシャビを故障で欠いて、パスが繋げず受けに回っていたバルセロナでしたが、高い集中力を見せていたと思われ大きな失態はなく、カウンターから見事に先制(全てのゴールがカウンターから生まれました)に成功し勝ち点3を上積みしました。

25分。

エリア手前でボールを持ったメッシがドリブルを開始し、右にサンチェス、左にビジャが併走し、メッシは左のビジャにパスを出して、ビジャはダイレクトで強烈にゴール右へ叩き込みました。素晴らしいゴールでしたね。

貴重な追加点もこのコンビから生まれました。

40分。

左でボールを持ったビジャがタメを作りながら前へ走り込んできたメッシにスルーパスを出して、メッシは間髪入れずに蹴り込んでキーパーの脇を抜いて18試合連続ゴールを達成しました。

57分にはメッシが単独ドリブルで最後はお馴染みのバセリーナで3-0として勝負を決めました。70分にバルセロナキラーのタムードに今シーズン初ゴールを(ここは集中力がありませんでしたが・・・)決められ3試合連続のクリーンシートこそ逃しましたが完勝です。

ミラン戦のスペクタクルな歴史的勝利を機に上げ潮でウェンブリーへリスタートとなったバルセロナ。プジョルやシャビ、この試合でアドリアーノが筋肉系のトラブルとケガ人もまた出てきましたが、5月まで走りきって欲しいものです。

 

ビジャ

得点感覚も研ぎ澄まされ、メッシとのシンクロ率が上昇中。

後はセスクとサンチェスの復活待ちって感じでしょうか。パリとのファーストレグまでにワールドカップ予選がありますが、ホント怪我すぜ万全で迎えて欲しいと思うのみです。

 

バルセロナ

サンチェスは決定機を外し、またシュートとパスに迷いが悲しいほど表れています。

遠慮はないでしょうが・・・、迷わず撃て!

広告

女神、微笑む

カンプ・ノウ

messi

メッシ

メッシ②

チャンピオンズリーグ・ベスト・オブ・16セカンドレグ、バルセロナVS ACミラン@カンプ・ノウ。

『神』メッシの覚醒と一つの運がバルセロナをネクストラウンドへ導きました。

サンシーロで成す術なく0-2で敗れたバルセロナ。チャンピオンズリーグ史上、ファーストレグを0-2で敗れセカンドレグをホームで迎えるケースが過去17度あったそうですが、0勝17敗と全て敗れていたそうです。データからも、現実的にもかなりタフなミッションを遂行しなければなりません。

まずは早い時間帯での得点と90分間無失点でゲームを終えるタスク。

まずは開始5分。

メッシがシャビとエリア中央手前でワン・ツーで突破し(メッシはエリアで4人位に囲まれていたと思いますが・・・)素早い振り抜きでゴール左上に鮮やかにネットを揺らし先制に成功しました。ここ数試合はエリアに入る前に引っ掛かっていたメッシですが、ダイレクトプレイでディフェンスを掻い潜りエリア内に侵入し、ブロックされる前にシュートを決めきりました。

俄かに活気づくバルセロナ。キックオフから丁寧にボールを回し、右サイドではアウヴェスがかなり高い位置を取って、早い段階でクロスを供給していました。中央にビジャが入りミランディフェンスを引き付け、メッシは自由に右ではアウヴェスと絡み、中央でシャビやイニエスタとパス交換を行っていました。

あと2点(無失点が前提ですが・・・)。

ペドロがダイアゴナルでエリア内に入ってきたり(アバーテに倒されましたが・・・)、イニエスタのミドルがバー叩いたりして2点目の雰囲気が徐々に漂いはじめましたが、決めきれず一息付いたところ、一つの綻びからミランが最初で最後となったビッグチャンスを迎えます。

ミラン陣エリア内からのクリア(確かモントリーボが大きく蹴り出したと思いますが)をセンターサークルを越えたあたりでマスチェラーノがヘッドでの処理を誤り、裏に18歳のニアンが抜け出し単騎ドリブルで、ヴァルデスと一対一になりました。やや右に持ち出してドリブルしシュートを放ちますが、ポスト左を叩いてゴールとはなりませんでした。

決まっていれば終わっていたバルセロナ・・・。

その3分後の40分。

バルサに待望の追加点がメッシによって齎されました。中盤でボールを奪ったイニエスタが右アウトでメッシにパスを出し、メッシはいつものように左へドリブルしメクセスの股を抜いてゴール右に決めました。『クラシコ』でもラモスの股を抜いて決めましたが、貴重なトータルで追い付く2点目を、見事得意の形で決めたメッシ。135分を終えてアグリゲートスコア2-2。そしてラスト45分です。

ふう~。

後半もメンバーチェンジはなくバルセロナがボールを持って始まりました。そして、美しい瞬間がまたも5分に訪れました。

55分。

エリア手前右でシャビがボールを持って、更に右に居たビジャに絶妙なスルーパスが通り(スライディングしたコンスタンは届かず・・・)フリーで裏に抜けたビジャは秀逸過ぎるトラップで前を向き、アッビアーティの位置を冷静に確認し、左足で美しく巻いたシュートをゴール左に決めきりました。

2年前のユナイテッドとのファイナルで決めた3点目にも勝るとも劣らない美しいゴール。センターフォワードらしい完璧な1発でした。

アグリゲートスコア3-2。これで延長戦はなくなりました。まだ40分も時間が残されています。守備に不安を抱えるバルセロナはもう1点を取らなければ安心出来ません。

1点取ればまだ分からないミランはムンタリとロビーニョを入れて活性化を図り、3人目はここカンプ・ノウで育ったボージャンを投入。そのボージャンがチャンスを一度(左サイドをピケを抜いてクロスを入れました)演出しましたが、中央に居たロビーニョのシュートをアルバが体でブロックし何とか凌ぎ切りました。

そして、アディショナルタイム。

ボージャンがミスしたボールを中央でメッシが奪い、ゆっくりボールをキープし前へうががい、右サイドを猛然と駆け上がったアレクシス・サンチェスに出して、そのサンチェスはダイレクトで逆サイドのキーパーが届かない絶妙なところへ放りこみ、左サイドをこちらも自陣から駆け上がってきたアルバが受けて冷静にアッビアーティの逆を取って右サイドに流し込み、試合の幕を引きました。
4-0(トータルスコアは4-2)で美しく勝利したバルセロナ。

正直、守備はまだ危ういですが絶好調時のような、失ったボールをすぐに囲み再度マイボールにする攻撃的守備は見せていました。

中央に居座ったビジャが効いていて、メッシのドリブルするスペースを作り、アウヴェスが上がりっぱなしで右サイドを攻略。ダイレクトパスやドリブル突破、エリア内の人数が豊富でゴールする、ゴール出来る雰囲気に溢れていたカンプ・ノウ。戦術的修正とメッシ以外のゴールも生まれ、少しは良い方向へ進んで行きそうです。

ウェンブリーへの航海がまだ続くことに歓喜した極東の朝。本当に幸せな朝となりました。

 

シャビ

間に合って良かった。

ビジャへのスルーパスは今シーズン最高のひとつでした。

 

イニエスタ

この試合でもウマ過ぎるプレイで輝いたイニエスタ。

ゴールこそなりませんでしたが、ミドルも放ち、『セカンドレグはまた別のものだ』をチーム全体で有言実行しました。

 

メッシ

メッシ

イタリア勢に対して、流れからの初ゴール(それも2つ)を決めたメッシ。

まだ少し遅い!って思うシーンもありますが、兎に角試合を振り出し戻し、そしてゲームを支配していました。

ネクストラウンドももっとお願いします。

 

ビジャ

ビジャ①

ビジャ②

ビジャ③

最高の1発でした。

ザ・リアル・ストライカー。おめでとう、そして貴方が居て良かったです。

 

アルバ

前半は右サイドの攻めが多く攻撃での見せ場はありませんでしたが、最後に美味しいところをキッチリ決めきったジョルディ・アルバ。

EUROでもカウンターを成就させましたが、速いです。

 

ピケ

もう少し頑張らないと・・・。

ネクストラウンドがマドリーだとまたやられるかもしれません。

 

メッシ

こんなメッシめったに観れませんね。

!Enhorabuena!

遠いクリーンシート

1

リーガ・エスパニョーラ第25節、バルセロナVSセヴィージャ@カンプ・ノウ。

クリーンシートが遠いです。

ミラノでカテナチオのレッスンを受けたバルセロナ。ミッドウィークからの連続『クラシコ』やチャンピオンズリーグのセカンドレグが控える厳しい日程。何とか凌いで臨みたいところですが、前半終了間際に単純なクロスから失点しまいどうにもこうにもです。

後半にビジャが勝負強くアウヴェスのクロスに点で合わせ1-1に、その8分後にはメッシが冷静にキーパーの逆を取って2-1に何とか勝ち点3を積み上げましたが、相手はセヴィージャです。『クラシコ』や奇跡を起こさないとネクストラウンドへは進めないセカンドレグでこのような内容では2つのコンペティションはゴーホームになってしまうでしょう。

兎に角失点をしない事が大前提です。

立て直せるでしょうか?。まずは『クラシコ』。超一流、世界一のカウンターを防ぐ事で立ち直っていただきたいものです。

 

ビジャ

出場した試合で結果を出し続けるビジャ。

『クラシコ』やセカンドレグどちらかで出場して欲しいですね。

 

メッシ

リーガ15試合連続ゴールになりましたが、このあとの大一番でもゴールを見せてもらいたいものです。

“fiesta” @camp nou

イニエスタ

リーガ・エスパニョーラ第23節、バルセロナVSヘタフェ@カンプ・ノウ。

もうそれはそれはお祭りでしたね。

ダイアゴナルな動き出しのアレクシス・サンチェスが先制ゴールを決めて、チアゴのアシストでメッシが13試合連続ゴールを記録。ビジャがキーパーの股間を抜いて、メッシのアシストを受けたテージョが豪快にゴールを破り4-0に。

しかしこれでは終わりませんでした。

ジョルディ・アルバの失態で1ゴール返されましたが、アディショナルタイムにイニエスタが右隅に決めて、締めはピケがゴールへパスし6発で快勝しました。

代表ウィーク明けも問題なくホーム、カンプ・ノウに祝祭を齎したバルセロナ。アトレティコが敗れた為、勝ち点差を12に広げ磐石です。

それにしてもイニエスタ・・・上手すぎです。この調子でミラン戦まで好調を維持してもらいたいものですね。

 

アレクシス①

ようやくの1発のアレクシス・サンチェス。昨シーズン良く見られたダイアゴナルな動きで、イニエスタのロングスルーパスを上手くトラップし冷静にキーパーを抜きました。

屈強で速いサンチェスの復活はバルサに明るい材料です。ゴール量産を期待したいですね。

 

ビジャ①

何かと周辺が騒がしいビジャですが、アルバのスルーパスに抜け出し秀逸なゴールを決めました。

 

シャキーラ&ミラン

ピケ

チアゴからのごっつぁんゴールを決めたピケ。

カンプ・ノウに来ていた愛妻シャキーラさんとミラン君にお祝いでした。それにしてもシャキーラ、美人ですねェ~。

 

メッシ①

13試合連続ゴールのメッシ。

 

メッシ

チャンピオンズリーグもヨロシクお願いいたします。

クォータファイナルへ

バルサ

コパ・デル・レイベスト16、バルセロナVSコルドバ@カンプ・ノウ。

ファースト・レグを2-0で勝利しているバルセロナ。ホームで負けるわけがありません。シャビもイニエスタもメッシもお休みでしたが、チアゴが早々にゴールを決めて試合を決めました。コルドバはラインを高く設定しましたが、チアゴのゴールで脆くも崩れ去り、ビジャに2発、サンチェスにも2発決められ5-0で試合を終えました。

ここまで出番の少ないFW2人が当然のように結果を出して、益々磐石のバルセロナ。怪我人が出てしまいメッシの調整出場はありませんでしたが、良かったです。

ネクスト・ラウンドはマラガ。週末のリーガもマラガで連戦となりますが楽しみです。マドリーもネクスト・ラウンドに進出しましたので、セミファイナル@『クラシコ』になってもらいたいですね~。

 

ビジャ

素晴らしい2発を放ったビジャ。

一流のストライカーですが、やっぱりメッシとは相性が良くないのかぁ?1月での移籍はなさそうですが、来シーズンはバルサに居ないでしょうかね・・・。右足(ハムストリング?)を痛め途中で退きましたが、大丈夫でしょうかね。

 

ビジャ②

肉離れまでいってないみたいですが・・・。上手くいきませんね。

“La manita” blau grana fiesta

リーガ・エスパニョーラ第9節、ラージョ・ヴァジェカーノVSバルセロナ@ヴァジェカスの一戦はリーガ2試合連続の5得点でお祭りとなりました。

いつも果敢(無謀?)に前へ前へ攻めて散っていくラージョ相手に、前半の3分の1くらいまではポゼッションが出来なかったバルサですが、カウンターからセスクのスルーパスがビジャに通り『祭り』が始まりました。・・・といっても前半はビジャの1発のみで静かなままでしたが・・・。後半早々にモントーヤのマイナスのクロスをメッシが豪快に蹴り込みエンジンが暖まってきます。

・・・がしかし、3点目は78分。ちょっと時間がかかりました。

タッチライン際を駆け上がったジョルディ・アルバがゴールライン際から抉ってグラウンダーのクロスを中央へ。エリア内に侵入していたシャビがスライディングしながらダイレクトでゴール右隅に決め、続けてペドロのアーリークロスをセスクが少しジャンプしながらダイレクトで合わせて4点目。サンチェスが絶妙に前でディフェンスを引き付けて潰れたのがゴールに結びつきました。

仕上げは『神』メッシ。

毀れ球を拾って単機ドリブルで突進。キーパーを右にかわして狭い隙間にボールを流し込み『祭り』が終わりました。美しい崩しや豪快な1発、アーリークロスに単独ドリブル等バルサを堪能できた未明に大満足の@uemachi。おまけにこの試合は無失点。

ファンハール時代に作った開幕からの勝ち点記録に並んだティトバルサ。

次節は新記録を賭けたゲームとなりますが、どうせなら12月のアトレティコとの1戦まで無敗でいきましょう!

 

見事な反応でスルーパスに抜け出したビジャ。

結果出すなァ~。

 

公式戦通算300ゴール目のメモリアル弾を豪快に決めたメッシ。

完璧でした。

 

アルバはホント好調です。ナイスクロスにナイスダイレクトで応えたバルサらしい美しい崩しでした。

 

MOM。

アシストもゴールも上げたセスク。無駄な動きが減ってきて、ゴールに直結してます。

 

パーフェクト!!

またまた2ゴールのメッシ。終了間際まで前線でボールを追い掛けまわし、メンタルもフィジカルも充実してきているのでしょうね。試合後の定例会見でティトも大絶賛の活躍でした。

そうそうこのゲーム、セントラルにはセルヒオ・ブスケツが入りアドリアーノとコンビを組みました。予想どおりした。アドリアーノも徐々に適応できています。この調子でカピタンとピケが戻ってくるまで頑張って欲しいです。

vamos!! Adriano