夢から醒めた夢?

シンプソン

ダニー・シンプソンの酷すぎる2枚目のイエローが、歴史的なシーズンを台無しにしたかもしれない。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、アーセナルVSレスター@エミレーツ。

攻めるガナーズと守るレスター。開始1分も経たずにレスター・ゴールを襲ったアーセナルのこのゲームに賭ける意気込みとインテンシティが伝わってきたキックオフ直後。徐々に落ち着きカウンターを見舞おうとするレスター。期待が持てる雰囲気に満ちたゲームにテンションが上がる僕。0-0の緊迫した鍔迫り合いで進む前半だったが、ヴァーディがヘッドを枠内に飛ばし最初にゴールに近づいたのはレスターだった。単に守るだけじゃないレスター。そして前半終了間際にそのヴァーディがモンレアルを誘いPKを得た。ここまでプレミア得点王のジェイミー・ヴァーディが自ら得たPKを豪快に右に蹴り込み、レスターが先制に成功した。

ふう、ハーフタイムの間の一服がとても心地よい。

そして後半が始まる。このまま終わる訳には行かないホームのアーセナル。前半以上の更なる圧力でゴールをうかがう。このまま敗れれば(僕は敗れなくても)ヴェンゲルは代えた方がよかったが、54分に運命の分かれ道、愚か者の愚か過ぎるファウルでヴェンゲルは命を拾い、ラニエリは頭を抱える(もちろんそんな素振りはなかったが)こととなった。

ここからスピード豊かなウォルコットを投入し門を抉じ開けようとするアーセナル。耐えるレスター。しかし、レスターにとって(アーセナルにとってもだが)はあまりにも多くの時間が残っていた。繰り返されるサイドチェンジと両ウイング両ラテラルの突破に疲弊するレスター。とうとう74分にベジェリンのクロスをジルーが頭で落とし、そこに飛び込んできたウォルコットがきっちりとネットを揺らし1-1となった。

まだアディショナル・タイムを入れて20分はあったし、レスターが勝ち点をロストするのは明白だった。フレッシュなプレイヤーを入れてなんとか凌ごうとするラニエリだったが、如何せん攻撃することが叶わない。ヴェンゲルは10ヶ月ぶりにカムバックしてきたウェルベックを投入し最後の攻勢を掛ける。左でアレクシス・サンチェスとモンレアルが、右でウォルコットとベジェリンが何度も何度も仕掛け、中央でジルーやラムジーがゴールを抉じ開けようとした。

そして劇的な瞬間がアディショナル・タイムの94分に訪れた。ここまで40分近く耐えるという以上に戦っていたレスター。しかし、あと1分というところまで漕ぎ着けながら最後の最後でエジルのFKをウェルベックに頭で合わされ、ゲームはアーセナルがものにすることとなった。

両チームとも2度とアトキンソンのジャッジは見たくない・・・やら、後半のガナーズの攻める姿勢は「12年ぶりの戴冠」の資格がある・・・やらとミラーオンラインに書かれていましたが、アーセナルは優勝することができるだろうか?。レスターの夢は醒めてしまったのだろうか?。一人の愚か者の2枚のイエローカードで終わってしまうのはあまりにも悲しすぎる。まだ勝ち点差は2ポイントあるのだ。

レスターのバウンス・バックを期待せずにはいられない。

 

ヴァーディ

理想的な前半だったのだけれど・・・。

 

ウォルコット

ウェルベック

Mrヴェンゲルが放った2本の矢、ウォルコットとウェルベックのゴール。

 

モンレアル

救われたモンレアル。

 

シンプソン

度し難い愚か者のダニー・シンプソン。

 

カンテ

クロード・マケレレになれる逸材のカンテは攻守に獅子奮迅。

 

レスター

まだ終わっちゃいない。

広告

笑う男たち

カガワくん&ウェルベック

移籍物語Ⅱ、刎頸の友。

先日のジグナル・イドゥナ・パルクでのカガワくんとウェルベックが話題になってますね。

『見たぜ、シンジ。早速ゴール決めてゴキゲンだな(笑)』

『ハハハ。今日は先発すんの?出ても決めんなよ(笑)』

実際はどんな会話だったのかしら?。とても気になります(笑)。ゲームはウェルベックが決定機を外してくれて助かりました。

でもプレミアでは決めてイイぜ!!。

秋の夜長はフットボール

ウェルベック&カガワくん

インターナショナルマッチ・ウィークが終わって、いよいよ各国リーグ戦が本格化といったこの週末。何かしらフワフワ(マーケットもあって)した感がある開幕からの数節も、リーガでは最初のヤマ(バルサvsアスレチック・ビルバオ)や負けられないダービー(マドリード)、プレミアでは売り買い(パニックバイとまで揶揄された)激しかったマン・ユナイテッドの正念場とそのマン・ユナイテッドのアカデミー出身を加えたアーセナルがもう一つのマンチェスターとのビッグマッチが控えます。

ディ・マリアにファルカオを加えたマン・ユナイテッドの前線は、ファン・ペルシーやルーニーとの素晴らしいケミストリーを見せることが出来るのか?。傲慢な神経症のファン・ハールは正念場を迎え、カガワくんやウェルベックは古巣に強烈なしっぺ返しのインパクトを与えるチャンス到来です。

マン・ユナイテッド、ドルトムント、バルサ、マドリードダービーとノンストップで楽しみ、ミッドウィークから始まるチャンピオンズはミュンヘンを加え(マン・シティとのリマッチ)楽しみたいと思います。

めっきり涼しくなった秋の夜長はフットボール。

コレに勝るものはそう多くはありません。

 

メッシ

代表戦はズル休み?のメッシ。

頼むよ〜。

 

シメオネ&アンチェロッティ

第3節で早くもマドリード・ダービーです。

スーペル・コパを制したシメオネ・アトレティ、連勝なるか?。

 

マン・ユナイテッド

こちらも早くも正念場。

QPRに負けるとザワつくどころではないね。

フィアンセに捧げる1発

バロテッリ

バロテッリ フィアンセ

2014・ブラジルワールドカップ・グループD・第1戦、イングランドVSイタリア@アレーナ・アマゾニア・スタジアム。

日本代表のゲーム前にこちらもライブで視聴しましたが、やっぱり面白いですね。列強どおしの対戦。

メリハリが効いていますし、スキルフルでインテンシティがあって抜け目がありません。

でも時代は変わったもので、カウンターのスリーライオンズ(キック&ラッシュや猫も杓子もクロスの時代はとうに過去のもの)にポゼッションのアッズーリ(もはやカテナチオはカタチを変えました)。見せ場はイングランドの方が多かったでしょうか。

先制点はイタリア。

35分。

 

マルキージオ

マルキージオ

ショートコーナーからピルロの絶妙なスルーをマルキージオが豪快にネットに突き刺しました。

痺れました。

しかしその直後の37分、イングランドも負けていません。

 

ウェルベック

ウェルベック

ルーニーの秀逸過ぎる左サイドからの左足のクロスを、マン・ユナイテッドの僚友ウェルベックが詰めてゴールに蹴り込み1-1としました。

素晴らしいゴールでしたね。

そして後半50分、冒頭の写真です。右サイドからカンデレーヴァの切り返しからの左足のゴールへ向かっていくクロスをスーパーマリオが頭で叩き込みイタリアがリードしました。

その後幾度かゴールに攻め込まれましたが、カテナチオよろしくアッズーリが虎の子のリードを守り切って勝ち点3を手にしました。

両チームとも何度もゴールに迫り、ここまでで一番拮抗した面白いゲームだったと思います。

 

バロテッリ

『W杯でプレーしたことはなかったから、すごく興奮した。誰にゴールをささげるかって?。未来の妻だよ。そして今日スタンドにきていた家族と友達だね』

どこまで勝ち上がれるかの質問には

『一試合ずつだ。イングランドは強いチームだよ。僕たちは良いプレーをした。苦しんだけど、勝ったことが重要だ』

そう答え、どこが一番怖いチームかには

『ここまでの試合を見たけど、弱いチームはない。どこも組織されている。どこも怖い相手だ。でも、ほかのチームも僕たちを怖がらないといけない』と答えた大人になったスーパーマリオ。

コスタリカに1-3で遅れを取ったウルグアイを入れての死の組の一つ“グループD”。

今度こそ覚醒するか???スーパーマリオ。グループDからも目が離せません。