オカちゃん、優勝おめでとう

アザール

アザール

アザールの美しい一発がゴール右隅上に決まって、ここまでミラクルな進撃を続けていたレスター・シティの優勝が今朝決まりました。

2015-2016・プレミアリーグ第36節、チェルシーVSトットナム@スタンフォード・ブリッジ。

勝ち続けてレスターの躓きを待つしかなかったスパーズ。前半にケインとソン・フンミンのゴールで0-2にしたにもかかわらず、CKから失点し最後はアザールの個人技に屈してしまいました。それにしてもアザール、今シーズンはほぼ死んでいたのに前節から復活(笑)。このゲームでは後半からの出場でしたが、最後の最後でね(笑)。

 

スパーズ

スパーズ、残念でした。プレミアリーグになってからスタンフォード・ブリッジで勝ったことがないそうですが、勝たなければならない一戦で痛恨のドロー。スタッツ上でも結果でも今シーズンは良いフットボールを見せていただけに悔しいでしょうね。

 

オカちゃん

オカちゃん、嬉しそう(笑)。

そりゃそうだ。現行のプレミアリーグになってから、6チーム目の優勝となったレスター・シティ。ブラックバーン以来の快挙です(92-93シーズンのプレミアリーグ創設以降の優勝チームは、マン・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マン・シティ、ブラックバーンだけだった)。

 

ヴェンゲル

アーセナル

レースターにシーズン・ダブルしても優勝できない、12シーズン戴冠できないヴェンゲルの罪は重い。

ペップとコンテがやってきて、モウのオヤジはマン・ユナイテッドで指揮を執るのか?。ヴェンゲルに代わる誰かはいないの?。

プレミアから目が離せません。

9シーズン連続ベスト8へ

MSN

次の記録はなんだろう?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バルセロナVSアーセナル@カンプ・ノウ。

ファーストレグを0-2でモノにしてましたので余裕がありました。緩く入ったと思いますが、アーセナルもそれほどガツガツは来ず。前半早々は、どちらかというとアーセナルペースだったと思いますが、それも15分まで。メッシがネイマールのロングパスに反応し枠を捉えた2分後の18分、敵陣右サイドでスアレスがボールを引っ掛けてからのショートカウンター一閃。そのボールを拾ったブスケツがスアレスへダイレクトで返し、スアレスはドリブルで引き付け左のネイマールへ。ネイマールはいつものようにクールに(左足でしたが)ネットを揺らし難なく先制しました。

アグリゲート・スコア3-0。ここからアーセナルも攻勢にでましたが、それでは遅い(バルサもアクセルを緩めたかな)。後半開始早々に右サイドを突破したアレクシス・サンチェスの折り返しをエルネニーがダイレクトで沈め1-1となりましたが、バルサがギアを入れ直し65分にスアレスのゴラッソが炸裂。右サイドからアウヴェスの柔らかいクロスをジャンピングボレーで沈め2-1としゲームを殺してくれました。アグリゲート・スコア4-1。終了間際の89分にはレオ・メッシが足首だけでのバセリーナを沈め5-1でネクストラウンド進出を決めてくれました。

MSN揃い踏み。

最終アグリゲート・スコアは5ー1。

完勝。

Mrヴェンゲルは『日々の生活を芸術に変えてしまう3人の選手がいる』とコメントしましたが、それぞれの特徴が出た3人による3つのゴールでネクストラウンド進出を決めてくれました。

 

ネイマール

18分のネイマールの先制弾。

 

スアレス2

スアレス

65分のスアレスのゴラッソ。

 

チャート

このゴールはこのようにして生まれました。

 

メッシ2

メッシ

締めはレオ・メッシのバセリーナ。エリア内右に侵入してキーパーと一対一になった時に絶対バセリーナを打つと思いましたが、パーフェクトなソレでしたね。

 

エルネニー

ルイス・エンリケ

『私が対戦したくないチームは、バルセロナだけだ』

と語ったルイス・エンリケ。アクセルを緩めての失点は反省ですが、ここまでは昨シーズン同様順調です。次がどこでも負ける気がしないなぁ。

 

ヴェンゲル

相手が悪かったさ。

アデュー、ムッシュー。

恒例行事

ヴェンゲル

アーセナル

もはやテンプレ。

ヴェンゲル・アウト。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、アーセナルVSスウォンジー@エミレーツ。

ガナーズ・サポの怒りはもっともだ。今朝の後輩は妙に達観していたのですが、首位レスターが前日にドローで勝ち点差を詰める絶好のチャンスにあろう事かホーム・エミレーツでスワンズに1-2で敗れ、さらに差が開いてしまうというコメディを演じてくれました。毎年毎年の恒例行事ではあるのだけれど、やはり『失敗のスペシャリスト』なんだなぁ(納得)。

前節、ヤング・ユナイテッドに打ち負けての連敗。前節での失態でOBのポール・マーソンに

『彼以上の指揮官はいないと言うかもしれないが、アーセナルで4位以内に入れる指揮官はゴマンといる。『一銭もいらないが、4位以内に導いたら1,000万ポンド(約15億6,000万円)くれ』という指揮官なんてたくさんいるよ。世界中の監督がその取引に応じるはずだ。アーセナルは常にトップ4に入る。レスターかトッテナムがタイトルを獲得したら、私にはどうして彼が仕事を保てるのか分からないね』

とコキ下ろされていましたが、至極穏当な意見です。

サンチェスもラムジーも駄目。加えて守護神ペトル・チェフがラストプレイで怪我をする喜劇。ちょい前まではウォルコット良かったんだけどなぁ・・・。ヴェンゲルはマネジメントがヘタなんだろう。

レスターの夢は醒めたと思いましたが、スパーズも敗れた今節を見るとまだ夢は醒めてないのかもしれません。ガナーズの次節はそのスパーズとのノース・ロンドン・ダービー@ホワイト・ハート・レーン。またまたシックス・ポインターではありますが・・・。ガナーズが勝つ感じがしてきました(笑)。

 

ファン・ハール

ファン・ハール

何気にマン・ユナイテッドがトップ4に肉薄してきているのも笑えます(1位レスター:勝ち点57、2位トットナム:勝ち点54、3位アーセナル:勝ち点51、4位マン・シティ:勝ち点47(1試合消化が少ない)、5位マン・ユナイテッド:勝ち点47、以下ウエストハム、ストーク、リヴァプール、サウサンプトン、チェルシー勝ち点39と続く)。

ガナーズ戦で見せたファン・ハールのダイブがジワジワ効いてきてるかな(笑)。まだまだダービーもあるし、ビッグマッチもたくさん残ってますのでプレミアは目が離せません。

でも後輩よ、今年もガナーズは優勝しないと思う。