オカちゃん、優勝おめでとう

アザール

アザール

アザールの美しい一発がゴール右隅上に決まって、ここまでミラクルな進撃を続けていたレスター・シティの優勝が今朝決まりました。

2015-2016・プレミアリーグ第36節、チェルシーVSトットナム@スタンフォード・ブリッジ。

勝ち続けてレスターの躓きを待つしかなかったスパーズ。前半にケインとソン・フンミンのゴールで0-2にしたにもかかわらず、CKから失点し最後はアザールの個人技に屈してしまいました。それにしてもアザール、今シーズンはほぼ死んでいたのに前節から復活(笑)。このゲームでは後半からの出場でしたが、最後の最後でね(笑)。

 

スパーズ

スパーズ、残念でした。プレミアリーグになってからスタンフォード・ブリッジで勝ったことがないそうですが、勝たなければならない一戦で痛恨のドロー。スタッツ上でも結果でも今シーズンは良いフットボールを見せていただけに悔しいでしょうね。

 

オカちゃん

オカちゃん、嬉しそう(笑)。

そりゃそうだ。現行のプレミアリーグになってから、6チーム目の優勝となったレスター・シティ。ブラックバーン以来の快挙です(92-93シーズンのプレミアリーグ創設以降の優勝チームは、マン・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マン・シティ、ブラックバーンだけだった)。

 

ヴェンゲル

アーセナル

レースターにシーズン・ダブルしても優勝できない、12シーズン戴冠できないヴェンゲルの罪は重い。

ペップとコンテがやってきて、モウのオヤジはマン・ユナイテッドで指揮を執るのか?。ヴェンゲルに代わる誰かはいないの?。

プレミアから目が離せません。

広告

9シーズン連続ベスト8へ

MSN

次の記録はなんだろう?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バルセロナVSアーセナル@カンプ・ノウ。

ファーストレグを0-2でモノにしてましたので余裕がありました。緩く入ったと思いますが、アーセナルもそれほどガツガツは来ず。前半早々は、どちらかというとアーセナルペースだったと思いますが、それも15分まで。メッシがネイマールのロングパスに反応し枠を捉えた2分後の18分、敵陣右サイドでスアレスがボールを引っ掛けてからのショートカウンター一閃。そのボールを拾ったブスケツがスアレスへダイレクトで返し、スアレスはドリブルで引き付け左のネイマールへ。ネイマールはいつものようにクールに(左足でしたが)ネットを揺らし難なく先制しました。

アグリゲート・スコア3-0。ここからアーセナルも攻勢にでましたが、それでは遅い(バルサもアクセルを緩めたかな)。後半開始早々に右サイドを突破したアレクシス・サンチェスの折り返しをエルネニーがダイレクトで沈め1-1となりましたが、バルサがギアを入れ直し65分にスアレスのゴラッソが炸裂。右サイドからアウヴェスの柔らかいクロスをジャンピングボレーで沈め2-1としゲームを殺してくれました。アグリゲート・スコア4-1。終了間際の89分にはレオ・メッシが足首だけでのバセリーナを沈め5-1でネクストラウンド進出を決めてくれました。

MSN揃い踏み。

最終アグリゲート・スコアは5ー1。

完勝。

Mrヴェンゲルは『日々の生活を芸術に変えてしまう3人の選手がいる』とコメントしましたが、それぞれの特徴が出た3人による3つのゴールでネクストラウンド進出を決めてくれました。

 

ネイマール

18分のネイマールの先制弾。

 

スアレス2

スアレス

65分のスアレスのゴラッソ。

 

チャート

このゴールはこのようにして生まれました。

 

メッシ2

メッシ

締めはレオ・メッシのバセリーナ。エリア内右に侵入してキーパーと一対一になった時に絶対バセリーナを打つと思いましたが、パーフェクトなソレでしたね。

 

エルネニー

ルイス・エンリケ

『私が対戦したくないチームは、バルセロナだけだ』

と語ったルイス・エンリケ。アクセルを緩めての失点は反省ですが、ここまでは昨シーズン同様順調です。次がどこでも負ける気がしないなぁ。

 

ヴェンゲル

相手が悪かったさ。

アデュー、ムッシュー。

恒例行事

ヴェンゲル

アーセナル

もはやテンプレ。

ヴェンゲル・アウト。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、アーセナルVSスウォンジー@エミレーツ。

ガナーズ・サポの怒りはもっともだ。今朝の後輩は妙に達観していたのですが、首位レスターが前日にドローで勝ち点差を詰める絶好のチャンスにあろう事かホーム・エミレーツでスワンズに1-2で敗れ、さらに差が開いてしまうというコメディを演じてくれました。毎年毎年の恒例行事ではあるのだけれど、やはり『失敗のスペシャリスト』なんだなぁ(納得)。

前節、ヤング・ユナイテッドに打ち負けての連敗。前節での失態でOBのポール・マーソンに

『彼以上の指揮官はいないと言うかもしれないが、アーセナルで4位以内に入れる指揮官はゴマンといる。『一銭もいらないが、4位以内に導いたら1,000万ポンド(約15億6,000万円)くれ』という指揮官なんてたくさんいるよ。世界中の監督がその取引に応じるはずだ。アーセナルは常にトップ4に入る。レスターかトッテナムがタイトルを獲得したら、私にはどうして彼が仕事を保てるのか分からないね』

とコキ下ろされていましたが、至極穏当な意見です。

サンチェスもラムジーも駄目。加えて守護神ペトル・チェフがラストプレイで怪我をする喜劇。ちょい前まではウォルコット良かったんだけどなぁ・・・。ヴェンゲルはマネジメントがヘタなんだろう。

レスターの夢は醒めたと思いましたが、スパーズも敗れた今節を見るとまだ夢は醒めてないのかもしれません。ガナーズの次節はそのスパーズとのノース・ロンドン・ダービー@ホワイト・ハート・レーン。またまたシックス・ポインターではありますが・・・。ガナーズが勝つ感じがしてきました(笑)。

 

ファン・ハール

ファン・ハール

何気にマン・ユナイテッドがトップ4に肉薄してきているのも笑えます(1位レスター:勝ち点57、2位トットナム:勝ち点54、3位アーセナル:勝ち点51、4位マン・シティ:勝ち点47(1試合消化が少ない)、5位マン・ユナイテッド:勝ち点47、以下ウエストハム、ストーク、リヴァプール、サウサンプトン、チェルシー勝ち点39と続く)。

ガナーズ戦で見せたファン・ハールのダイブがジワジワ効いてきてるかな(笑)。まだまだダービーもあるし、ビッグマッチもたくさん残ってますのでプレミアは目が離せません。

でも後輩よ、今年もガナーズは優勝しないと思う。

シックス・ポインター×2

ラニエリ

ヴェンゲル

こんなハッピー・バレンタインはあるだろうか?。

プレミアの日程アルゴリズムはホント素晴らしい!!。この日曜日は、フットボール・ラバーには堪らないシックス・ポンターが2つ。首位レスター対3位のアーセナル、2位のスパーズ対4位のマン・シティ。第26節はトップ4決戦なのだ。前節でマン・シティを叩き連勝を狙うレスター。1月まではポール・ポジションにいたのに恒例の失速をみせたガナーズ。なかなか負けず勝ち点を積み重ね念願のCL出場圏内当確?のスパーズに、怪我人続出で落ち目のマン・シティ。これで優勝が決まるわけではないけれど、直接対決で叩くことができればそれに越したことはない。

明日の(もう今日だけど)スーパー・サンデーは、@エミレーツからエティハド経由カンプ・ノウです。

楽しみだ。

 

ポチェッティーノ

ペジェグリーニ

マン・シティは、『賢人』ペップ・グアルディオラの就任が決まりヤヤ・トゥーレのマインドが下がったのが痛いかな(気持ちは痛いほどわかるけど)。

プレミアも目が離せなくなってきましたが、個人的にはレスターかスパーズの優勝を望みます。歴史的なシーズンもイイじゃんか。

どつき合い

クロップ

クロップ

K)どうなん?、あれ。

W)・・・(苦笑)。

2015-2016・プレミアリーグ第21節、リヴァプールVSアーセナル@アンフィールド。

めっちゃオモロイ試合やった。

アタリのゲームやった。

10分のフィルミーノのゴールでどつき合いのゴングが鳴った。4分後にラムジーの同点弾。ダイアゴナルに入ってきたラムジーを捕まえきれず、ミニョレがショボすぎた(抜かれたらあかんニアをブチ抜かれた)。リバポはキーパーを替えなアカン。ハイボールの処理が致命的にヘタやし、なによりドンくさい。ミニョレのまんまやといつまでたっても安心でけへん。

でも、19分にまたフィルミーノがスゲェ一発を決めた。解説のバンドが、ボールの置き方が素晴らしいと言うとったけど、ホンマ凄い一発やった。

でもまた簡単に失点。CKからアッサリと。センターバックとキーパーがホンマあかん(サコとコロとミニョレ)。

その後にジルーのドフリーがあったけど、ボールをうまく捉えることが出来へんで助かったリバポ。前半終了間際には、三たびフィルミーノにもチャンスがあったけど、振り抜いた左足の一撃はクロスバーを掠め、枠の外へ。

『零コンマ数秒我慢できたら』ってバンドが言うてたけど、惜しいチャンスやった。

後半へ。

55分。エリア内中央でジルーが、おフランス・ターンからの綺麗な一発でアーセナルが2-3とした。正直リバポに、同点、逆転する力はあらへんと思った。実際、時間が経つにつれて疲弊し運動量が落ちた。それでも、クッロプに変わって一番変わったのが、諦めへんこと、信じること、か。

ベンテケ入れて、ロングボールから溢れ球を狙う戦術に切り換え、最後の最後でその狙いが当たった。ヴェンゲルの交代策も間違うてたけど、出来過ぎやと思う。

朝早う起きて(5時)観たかいがあったどつき合いの一戦。

ヘヴィ・メタルとクラッシックの邂逅は、両者痛み分け。リバポとしては、(先制したし)勝てた試合やったと思うけど、多すぎる怪我人のことを考えると、よお引き分けたんとちゃうかな。

クロップはやっぱええなぁ。

 

フィルミーノ

フィルミーノのコシェルニーの股を抜いての1点目。

 

ラムジー

ラムジーの1発で1-1に。

 

フィルミーノ

この日のハイライトの一つ、フィルミーノの2点目。

 

ミニョレ

やらんでええ失点で2-2に。

 

ジルー

この日のもうひとつのハイライト、オリヴィエ・ジルーの美しすぎる1発。

 

アレン

諦めない終了間際のアレンの同点弾。

 

クロップ

喜びを爆発させるクロップ。

 

エジル

ほとんど消えていた天才エジル(一度だけ凄いトラップを披露してくれた)。

 

ヴェンゲル

間違えたヴェンゲル。

 

リヴァプール

湿った雪が舞ったアンフィールドに、最後の最後まで諦めない熱気が確かに存在していた。

Boxing Dayまとめ

Boxing Day(ボクシングデー)・・・クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことからBoxing Dayと呼ばれる。この日はプレミア・リーグでは全10試合が同時開催される。

なんて偉大なんだろう。

クロップ流に言えばクレイジーだが、フットボール・ラバーには堪らない12月26日。そんな素敵な一日に、お腹一杯にフットボールを堪能した極東の片隅の備忘録。

 

ベンテケ

クロップ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、リヴァプールVSレスター・シティ@アンフィールド。

上位に強いクロップ・リヴァプールだが、この日まで連敗を喫していてどうなるかと思われた首位レスターとの一戦。

プレスが効いていた。ここまでアメイジングな進撃を続けるレスターにほぼ何もさせなかった。ワンダフルなアンフィールドで奮闘するレッズにフットボールの女神も微笑んだ。63分に左サイドに持ち込んだフィルミーノの折り返しをベンテケが押し込んで虎の子の1ゴールを守りきる。首位レスターに今シーズン初めてゴールを許さず、9月のガナーズ戦以来の黒星を付けたクロップ・リヴァプール。5試合ぶりの白星を手に巻き返しを図る。

 

岡崎くん

69分までピッチに立っていたオカちゃん。

まったく何も出来なかった(泣)。

 

ファン・ハール

2015-2016・プレミアリーグ第18節、ストークVSマン・ユナイテッド@ブリタニア・スタジアム。

ご苦労さまでした。

これ程酷いマン・ユナイテッドはあっただろうか。メンフィス・デパイのヘッドのバックパスを奪われボージャンに先制点を許す。そのボージャンのFKから、壁に当たって跳ね返ったボールを豪快に蹴り込まれ2失点。ここまで26分。その後、ゴールに迫るシーンが2度あったがもちろんネットを揺らせず、要塞ブルタニアに難なく沈んだ。

ファン・ハールは年内で更迭となるだろう。

モイーズよりお金を使ってモイーズより酷い(順位はまだ上だが・・・)。ベンチにずっと置物のように座っていてはさもありなんだ。

 

ボージャン

ボージャン

バルサを出てから流転のボージャンだが・・・。

元気そうで何より(笑)。

 

モウリーニョ

ここは是非ともジョゼの招聘を。

 

マン・シティ

デ・ブライネ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、マン・シティVSサンダーランド@エティハド・スタジアム。

ガナーズ戦での敗北を払拭するゴール・ラッシュ(4-1で勝利)。まぁなんてことないフットボールでしたが、ネットを揺らせば問題ない。上位との勝ち点差を詰めることが出来て良かった。

このまま中一日で首位レスターとの年内最後のシックス・ポインター。勝てば定位置へ返り咲くことも可能だ。チェルシーやマン・ユナイテッドの騒がしいマネージャー人事を他所に、プレミアを制して『賢人』へバトンを渡すのか。ペジェグリーニの胸中やいかに?(そもそもそういう契約なの?)。

 

グアルディオラ

『賢人』ペップ・グアルディオラ獲得レースのポール・ポジションにいるといわれるマン・シティ。

プレミアでもポディウムの真ん中に立つことができるか。目が離せない。

 

アーセナル

ヴェンゲル

2015-2016・プレミアリーグ第18節、サウサンプトンVSアーセナル@セント・メリーズ・スタジアム。

レスターが敗れたため勝てば首位だったが・・・。こちらも難所セント・メリーズで派手に敗れたガナーズ(4失点)。

『サウサンプトンは非常にフィジカルな試合をした。我々は多くの勝負で敗れた。それが敗因だ。だがそれは一つの側面でしかない。その点は彼らがうまくやった。2つ目の側面は、我々にとって最初の3ゴールがジャッジに関して非常にアンラッキーだったということだ』

『1点目はオフサイドだった。2点目は(ゴールが決まる前に)ファウルがあった。(CKから生まれた)3点目はゴールキックになるはずだった。平均を下回るプレーでそこに判定も加わっては、さらに難しい。その上で、サウサンプトンは上手くやったと言っておく』

言い訳は見苦しいぞ、Mrヴェンゲル。

『4点目については?』とクーマンに皮肉られたのも頷ける。

ここまで無風のガナーズ。時折見せる素晴らしいフットボールも継続出来ない。今シーズンは天敵モウリーニョが去って、2003-2004シーズン以来のトロフィーを掲げるビッグ・チャンスだと思うのだが・・・。

 

チェルシー

チェルシー

チェルシー?、お腹一杯で観てません。

ボクシングデー、バンザーイ!。

ジョー・ハートの股の先

ジルー

そこにあるのはゴールなのだ。

2015-2016・プレミアリーグ第17節、アーセナルVSマン・シティ@エミレーツ。

マンデー・ナイトのビッグ・マッチ。もちろん5時に起きてライブ視聴。ボールを持って攻める両チームに期待して観ましたが、なかなかの好ゲームだったと思います。ガナーズが持つ時間、シティが持つ時間と鍔迫り合いが続き、どちらかというとマン・シティが押していた中、33分のデ・ブライネの右サイドからの左ポストを掠めるかというシュートの直後にウォルコットの美しい一撃が炸裂しゲームが動きました。

 

ウォルコット

ウォルコット

左エリア手前でエジルからのパスを受けて、サニャが寄せてくる前にやや中央斜めに持ち出してからの一閃。怪我で離脱しているアレクシスのサイドで完璧な仕事をしました。

そして、前半終了間際にタイトルのゴールが生まれました。

 

ハート

エジルが今度はジルーにアシスト。ジルーのシュートは抑えたスピードのあるものでしたが、角度がなくここしかないところを抜かれた感は否めないです。

『閉じて欲しかった』の一言に尽きます。反対側にいるチェフならとか、デ・ヘアなら、ノイアーなら、ブラヴォなら、様々な思いが胸に去来しました。

後半はなかなかゴールが生まれませんでした。アーセナルが一度美しいパス交換からラムジーにビッグチャンスがありましたが、それはジョーが顔面でセーブ(笑)。

一方のマン・シティは、スターリングとヘスス・ナバスが入って縦に速くなりましたが、中央を固めるガナーズの壁を突破できません。しかし、82分に凄いゴールが生まれました。

 

トゥレ

トゥレ

サニャのパスにダイレクトで左足を振り抜いたヤヤ・トゥレの一撃。ボールは美しい弧を描いてゴール左隅上に吸い込まれていきました。

しかし、ゲームはこのままタイム・アップ。プレミアの頂上決戦ファースト・ラウンドはガナーズに軍配が上がりました。

 

ヴェンゲル

『両者が全力を尽くし、とても激しいゲームをした。我々は、スピリットや組織、輝きを見せたと思う。それらすべてで勝ち点3を手にした。勝利は常に自信を深めてくれる。こういうビッグ・マッチではなおさらだ。ただ、我々が気にするのはパフォーマンスやスピリットだよ。我々は向上への良い意欲を維持しており、こういう試合で勝つ力を手にしなければいけない』

『我々の自信は深まっている。とても、とても若いチームでたくさんの試合をこなしてきたが、今はより成熟している。こういう試合でそれが分かるね』

『我々は非常に野心的だ。このリーグはとても難しいから、しっかりと慎重にならなければ。チームに自信を与えてくれる(勝利だ)が、同時に我々は道のりがまだとても長いと分かっている。すべての試合がバトルだ。少しでも努力を怠れば、このリーグではノーチャンスとなる』

勝って兜の尾を締めたMrヴェンゲル。

 

ペジェグリーニ

一方の敗軍の将。

『過去ではなく未来を見ている。あと21試合残っている。我々は首位と2位に勝ち点6差、勝ち点4差だが試合はたくさん残っている』

『2点目が決定的だったと思う。我々はアーセナルより良いプレーをしたが、彼らは最初のシュートでゴールを決めた。それまでに我々はチャンスを作ったが、決められなかった。そういうときは失点するものだ。私は2点目が非常に重要だったと思う。我々のミスから(前半の)終盤に決まったゴールだったからね』

繰り返しますが、ハートの股です。

『我々はよりポゼッションし、より多くのシュートを放ち、よりトライした。だが勝つことができなかった。後半はよりリスクを背負い、少なくとも引き分けるチャンスはあった。こういう重要な試合では、ミスをしてはいけない』

そう、ハートの股。

 

デ・ブライネ

アグエロの美しいダイレクトから抜け出したデ・ブライネの一発が決まっていれば・・・。タラ、レバはダメですがね。

 

エジル

結果を出しまくる天才・エジル。

後半、守備固めでお役御免に不満顔(笑)。

忘年会シーズンで、飲みまくっての朝5時起きはかなり辛いですが、なんとか起きて観たゲームとしては観たかいがあったマンデー・ナイト・フットボール。

プレミアはクリスマス・ヴァケーションがありません。すぐに次のゲームがやってきます。

 

アーセナル

後輩とこのゲームを肴に一杯デス。

まぁでも、やっぱハートの股だよなぁ。