“Celebración”

バルサ

パレード

バルサ

パレード

ヴィクトリー・パレード2015@バルセロナ。

楽しそう!!!。

 

ネイマール

メッシ

ブラジル人はいつも通りだけど、レオ・メッシも超楽しそう(笑)。

バス上でハンバーガー食べてました(笑)。

 

イニエスタ

物静かなドン・アンドレス(笑)。

 

トロフィー

祝、3冠!!!。

ここにピケが立ったりしてました。バルセロナ市内を一周してカンプ・ノウへ。それにしても、凄い人でしたね。

 

イニエスタ

イニエスタ。

ピスカ、バルサ!!。

 

メッシ

メッシ

メッシ

yeah!!!!!

 

バルサ

バルサ

バルサ

We Are the Champions  my friends ♪

And we’ll keep on fighting  till the end ♪♪

We are the champions ♪

We are the champions ♪♪

No time for losers ♪

Cause we are the champions ♪

of the world ♪♪♪

ーQUEENー

 

メッシ

ビッグイヤー

来シーズンは史上初のチャンピオンズ連覇を。

広告

After the “Final”

メッシ

マイ・ディオス、レオ・メッシ。

この日はゴールこそありませんでしたが、リーガ43得点・コパ5得点・チャンピオンズ10得点。5度目のバロンドール当確です。このままピザを減らして、更なる高みへ辿り着くのみです。

 

ネイマール

この日のゴールで、今シーズンのチャンピオンズでのゴールを10としメッシとCR7に並んで得点王タイとなったネイマール。

来シーズンは何処まで行けるでしょう?。

 

スアレス

お子さんが超可愛いルイス・スアレス(笑)。

重要なゲームで重要なゴールを上げて結果を残し、世界最高のNo9となりましたかね。来シーズンはもっと良くなるハズです。

 

シュテーゲン

キックの精度と足元のスキルが半端ないテア・シュテーゲンと闘将マスチェラーノ。

このゲームではそれほどでもなかったけど、パントキックが上手すぎるシュテーゲンは、ミスを減らせばブラヴォからリーガでも定位置を奪う日も遠くないかもしれませんね。

それにしても、ホント上手い。

 

ピケ

安定感抜群だったピケとミランくん。

シーズン前半の不調は何処へやら(笑)。このゲームでは何回オーバーラップしたことでしょう。来シーズンは一対一のスキルの改善を望みます(無理か)。

 

アウヴェス

行き先不明のクロスが減って存在感が増したダニ・アウヴェスの行き先はミラン?。

貴方は、近代サイドバックの一つのメルクマークで世界最高のライト・バックでした。史上最もアルゼンチン人にアシストしたブラジル人として、僕の記憶に永遠に刻まれます。

アディオス、ダニ。

 

ブスケツ

世界最高のセントラルMF、セルヒオ・ブスケツは横顔のみ(笑)。ジョルディ・アルバもほんのちょっとだけ(苦笑)。

先日、マエストロ・シャビに後継指名を受けていたブスケツ無くしてこの成功は有り得ませんでした。

 

ラキティッチ

セスク・ファブレガスよりも上であることを証明したイヴァン・ラキティッチ。秀逸なバランスとポジショニング。メッシサイドで守備にも奮闘する玄人好みのクロアチアン。

個人的には、100%この日のマン・オブ・ザ・マッチだった。

 

シャビ&イニエスタ

共に4度ヨーロッパを制したカンテラの最高傑作デュオ、マエストロ・シャビとドン・アンドレス。

この日のイニエスタは、心配された怪我の影響を微塵も感じさせずエレガントにキレてました。3回のファイナルでアシストを記録した初めてのプレイヤーとなったドン・アンドレス。

『最初の3冠は、誰も達成できないものだと思っていた。だけど僕たちは、もう一度それを成し遂げたんだ。3冠という偉業が達成されることは、これから先も数えるくらいしかないだろう。スペクタクルだね。バルサに誇りを感じるべき日だ』

ブラヴォ!!。

 

メッシ&シャビ

『神』とマエストロ。

FKの時に口元を隠して相談するシーンがもう観れないのはホント残念です。

 

トリデンテ

間違いなくフットボール史上最高のトリデンテ、MSN。

3人で上げたゴールの数122、プライスレス。

 

メッシ&エンリケ

確執を乗り越えて・・・。

 

ルイス・エンリケ

ルイス・エンリケ

『賢人』ペップ・グアルディオラを上回る数字で3冠を達成したルイス・エンリケ。救い難いアホって言ってゴメンナサイ。来シーズンも指揮を執ることになるのでしょうか?。

それにしても、3冠を達成しても去就が決まってないって・・・どんなマネージャーだよ(苦笑)。

 

バルサ

ホント、エクセレントなシーズンでした。

来シーズンは、史上初のチャンピオンズ連覇しかありません。そして、願わくばファイナルで『ユーロ・クラシコ』とならんことを。

 

ポグバ&ピルロ

最後に残酷な明と暗の一枚を。

涙のアンドレア・ピルロと次なる『1億ユーロの男』ポール・ポグバ。ポグバは果たしてバルサにやって来るのでしょうか?。個人的は是非とも来て欲しいですが・・・。

コパ・アメリカ、ユーロの予選等みんな怪我無く終えて、ヴァカンスでリフレッシュして、また次のシーズンで拝見できることを祈念いたします。

全てのフォットボーラーに愛を込めて。

El Triplete !!! Campion of “2015”

ラキティッチ

スアレス

ネイマール

史上初の2度目の3冠達成!!。

4年ぶり5度目のヨーロッパチャンピオン。ここ10年で4回目、素晴らしいです。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ファイナル、バルセロナVSユヴェントス@オリンピア・シュタディオン・ベルリン。

キックオフ直後は堅かった(テベスにシュートされたり、バックラインでパスミスしたり)バルサですが、ユーヴェ・ディフェンスの一瞬の隙を付いてネットを揺らしました。

 

ラキティッチ

バルサ

ラキティッチ

4分。

メッシのダイナミックなサイドチェンジを受けたアルバがダイレクトでネイマールに渡し、左サイドでボールを持ったネイマールがキープしながら、エリア内に入ってきたイニエスタへパスを通し、イニエスタは当然のようにシュートは撃たず(笑)これまた中央に飛び込んできたラキティッチに叩いて、ラキティッチが左脚ダイレクトでブッフォンの壁を破り先制に成功しました。

メッシのサイドチェンジからの美しいパス回しとエリア内への侵入。

バルサがバルサたらしめる1発で幕が上がったファイナル。ボールを持つバルサと引いてカウンターを狙うユーヴェ。その後もアルバやアウヴェスに決定機が訪れバルサが圧してゲームが進んで行きました。アルバとアウヴェスの両ラテラルが上がった時に危ないと思う時もありましたが、前からのプレッシングも効いていたし、何よりスペースが無い中で落ち着いてボールを回してゴールを窺っていました。ただ、1点では駄目なんです。早く次のゴールが必要な中、後半早々にスアレスにビッグチャンスが訪れましたが、スアレスが放った右脚アウトの一撃はイタリアの壁にファインセーブで凌がれ、続くトリデンテの崩しも最後はメッシが枠内に飛ばすことが出来ず、そうこうしているうちにアクセルを緩めてしまい、ユーヴェにネットを揺らされてしまいました。

 

モラタ

モラタ

55分。

バルサの左サイドをマルキージオの秀逸なヒールパスからリヒトシュタイナーに突破され、リヒトシュタイナーの折り返しから中央で受けたテベスのターンからの一発。テベスのシュートはシュテーゲンがセーブしましたが、弾いたところが悪く、左サイドでフリーで待ち構えていたモラタにクールに流し込まれ追い付かれてしまいました。

攻めていたバルサが陥ったエアポケット。

ゲームは振り出しに戻りましたが、勢いに乗るユーヴェ。しかし、次のゴールは目を覚ましたメッシからとなりました。

 

スアレス

スアレス

スアレス

68分。

メッシが珍しくアタッキングサード中央やや左よりでドリブルを仕掛け、ボヌッチをかわして振り抜いた左脚から放たれた一撃は、ブッフォンが弾くもその溢れ球をスアレスが蹴り込んでスコアが動きました。この日、何度かあったチャンスで決めきれなかったスアレスですが、キッチリ仕事をしてくれました。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

そして美しいフィナーレがアデイショナルタイム97分に訪れました。

ほぼラストプレイだったユーヴェのフリーキックを跳ね返してからの、今シーズンを象徴する(このゲームで数度見舞った)ブラウグラナ・バレット。跳ね返したボールを拾ってからの光速カウンター。ディフェンスを引き付けたネイマールが、一旦途中出場のペドロに預け、ペドロがまたネイマールにリターン。バルサが誇るナンバー11は、クールに左脚を振り抜きジャン・ルイジ・ブッフォンの股を抜いてネットに突き刺しました。自身の71分の幻のゴールの鬱憤を晴らす光速カウンターからの一撃と共にフィナーレのホイッスルが鳴って、素晴らしいトレブルで今シーズンの航海を終えることとなった愛しのブラウグラナ。

色々ありましたが、歴史に名を刻むトリデンテとソリッドな守備でペップ・バルサのぬぐい去り難い郷愁を忘れさせてくれる美しい結末。これ以上の結末はありません。

素晴らしいシーズンをありがとう。

ピスカ、バルサ!!。

 

トリデンテ

スーペル・トリデンテ。

歴史上ナンバー1のスリートップ。レジェンド・クライフしかり、僭越ながら僕しかり、懐疑的だった全ての人間を黙らせるに十分過ぎる結果を残してくれました。

 

バルサ

ラキティッチ

ネイマール

バルサ

バルサ王朝復活の瞬間。

また来シーズンはあっという間にやって来ますが、今日はこの瞬間を存分に楽しみたいと思います。

 

シャビ

素晴らしいフィナーレ。

『最高の夢を見たって、これよりも幸せになることなんて出来ない』

『言葉に出来ない、最高だ。他に何かを望むことなんて出来ない。本当に素晴らしいチームと素晴らしいファンだ。もうノスタルジーを感じている。これ以上このチームでプレイ出来ないなんて、本当に辛いことだ。今日は本当に信じられないファイナルだった』

と語ったマエストロ。またそう遠くない日に戻って来てくれること祈念して、グラシアス、シャビ。

またお目に掛かれる日までお元気で。

そう遠くない日にまたカンプ・ノウで

シャビ

『これはアディオスではなく、またすぐに会おうという挨拶であることを願っている』

 

イニエスタ

盟友ドン・アンドレスが贈った言葉。

『シャビ、僕のキャプテン、チームメイト、友人・・・』

『トップに辿り着くのは難しい。でもなにより難しいのは、その座を守り続けること。君はまさに、それをやってきたんだ。それも世界で最も要求の高いバルサというチームで・・・』

『常に自分のことよりも、グループのことを先に考えてくれてありがとう』

『君なしで新シーズンのトレーニングを始めるなんて、考えられない。君も同じ気持ちだろう。まさか、こんな日が来るなんて・・・』

『君は皆にとって模範だった。君にはバルサの血が流れいるからその内戻ってくるとわかっている』

『あの誰よりもバルサファンだった君のおじいさんが、もしも、生きていたら、今日の君を見て、きっと誇りに思っただろう』

『個人的には、僕はこれまでの日々を感謝したい。素晴らしい瞬間を共有できたことだけではなく、フットボール以外での日々のことにも感謝している。僕らは先生と生徒のようなものだった。君の隣でプレーすることができたのは特権だ。僕らはずっと君のそばにいるよ』

 

シャビ

シャビ

偉大なるマエストロの最後は、やはりビッグイヤー戴冠が相応しい。ペップもヴァルデスもプジョルも成し得なかった偉業へ。

あと2日でキックオフです。

メッシ、再び世界を驚愕に包み2冠達成

メッシ

メッシ

messi

2014-2015・コパ・デル・レイ・ファイナル、アスレティック・ビルバオVSバルセロナ@カンプ・ノウ。

アメイジング、メッシ。グラシアス、メッシ。

つい先日、バイエルンとのチャンピオンズリーグでアンクル・ブレイク&バセリーナのスペシャル・コンボで世界を驚かせた『神』レオ・メッシが、今度はコパ・ファイナルでまたまた伝説となる4人抜き(正確には3人抜き+躱し?)&ニアブチ抜きのスーペルな一撃を炸裂させて、世界を驚嘆させてくれました(スアレスに当たらなくホント良かったです)。

正直、ライブ視聴していたのですが少し失禁してしまいました(笑)。エキサイトを通り越し、ただただ驚き言葉を失うのみ。

ゲーム前からビルバオに負ける感じは全くしてませんでしたが、このゲームのバルサは油断も隙も皆無で、溢れるインテンシティと往年のティキ・タカ。ゴールに向かう意欲と的確なポジショニング。開始早々にネイマールがネットを揺らし歓喜したのもオフサイドで取り消され(完璧なオンサイド)、バルサ・クレの僕は苛立ちで放送禁止用語を連発してしまいましたが、それでもこのゲームのバルサは全く心配ありませんでした。

ファイナルではディティールが勝敗を分けると言われますが、セコイディティールなんぞ一瞬で凌駕したメッシとバルサイレブン。前半20分に訪れた歴史的瞬間。件のメッシの伝説の4人抜きが炸裂しアウェイ扱いだったカンプ・ノウは素晴らしい歓喜に包まれました。

『我々はフットボールの歴史上最高のゴールの一つを目にした。メッシは何年も前から世界のナンバーワンであり、そのことを十二分に示してくれた。我々のチームでプレーしてくれているのは幸運だ』と野比・バルトメウ・のび太会長のコメントどおり、バルサのクレを最高にハッピーにしてくれましたね。

 

ネイマール

ネイマール

トリデンテ

37分には、ゲームを決定付ける前からのプレッシングとラキティッチのダイレクトパスからスアレスがエリア内右に侵入し、例の如くキーパーを引き付け『決めろよ』パスをネイマールに送り、ネイマールが難なく無人のゴールに流し込んで勝負あり(ラキティッチもきっちり中央に詰めてましたし完璧でした)となりました。

オフサイド・ラインを搔い潜るスアレスとオフサイドにならないように冷静にエリア内に入ってくるネイマール。冷静と情熱のあいだでプレイする世界のトップ2人とその上に君臨する『神』メッシのトリデンテ。

凄いのヒトコトしかないですね。

 

メッシ

メッシ

メッシ

74分には右サイドを抉ったアウヴェスの折り返しに遅れて入ってきたメッシがドブレッテとなる左脚アウトで秀逸にネットを揺らし、今シーズンのトリデンテでのゴールを120まで伸ばし、カンプ・ノウは2冠(その直後に1点返されはしましたが)を祝うこととなりました。

 

メッシ

バルサ

グラシアス、メッシ。

ピスカ・バルサ!!。

 

イニエスタ&シャビ

バルサ

バルサ

メッシ&ネイマール

素晴らしい日曜日をありがとう。

偉大なるシーズンまであと1冠。

イニエスタが負傷でシャビと後半早々に交代しましたが、コレ観るかぎりは大丈夫そうでひと安心。

 

バルサ

カンプ・ノウ

次週はついにファイナル@ベルリン。

バルサ王朝復活を祝えることを、歴史的な2度目の3冠、5度目のビッグイヤー戴冠を願うばかりです。

幸せなラストダンス

カンプ・ノウ

澄み渡った空、快晴のスペイン、バルセロナ、カンプ・ノウ。

先日バルサを退団することを発表したマエストロ・シャビの、リーガでの最終戦。レオ・メッシの2発(開始早々のヘッドと後半のネイマールとのカウンターからのご馳走様ゴール)と残留がかかったデポルも2発返して(残留を決めた)、この日のカンプ・ノウは全てがハッピーに包まれました。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第38節(最終節)、バルセロナVSデポルティーボ・ラ・コルーニャ@カンプ・ノウ。

寂しいけれど、いつか来る別れ。

リーガを奪還し、コパとチャンピオンズのファイナルも控えてこれ以上ない幕引きでした。今シーズンの縦に速いバルサにとって、ティキ・タカの申し子は出番を大きく減らしてしまいましたが(年齢的なこともあるでしょう)、リードした展開でピッチに入ってボールを散し落ち着かせる役目を果たし、まだまだヤレるところを存分に見せてくれました。

現役を退けば間違いなくプリメーラで指揮をとるであろうマエストロ。またいつの日か、ブラウ・グラナに戻ってバルサのフィロソフィを具現化してくれることでしょう。

その日まで、またいつかお目にかかれる日まで。

 

パシージョ

パシージョで始まったこのゲーム。

 

メッシ

メッシ

開始5分。

エリア内右深部を切り裂いたラフィーニャのクロスを後ろから飛び込んできてヘッドを叩き込んだレオ・メッシ。

 

メッシ

バルサ

59分にはネイマールとカウンターをあっさり成就させ、マエストロとのお別れに花を添えてくれました。

この日の2ゴールで、今シーズンのゴール数は43。ピチチは、この日もハットトリックを完成させたCR7(48ゴール)に譲りましたが、圧倒的なシーズンを演じてくれています。コパとチャンピオンズも制して3冠を達成すれば、5度目のバロンドールも文句なしでしょう。

 

シャビ

シャビ

一度あったFKのチャンス。

珍しく大きく打ち上げてしまいました。

 

シャビ

シャビ&イニエスタ

シャビ

終了間際にドン・アンドレスと交代してピッチを後にしたマエストロ・シャビ。

感動的なスタンディング・オベーションでした。

 

バルサ

何度観ても幸せなゲーム後のセレブレーション。

スペインメディアがイニエスタとヴァレリアちゃんばかり抜いていましたが・・・、ヴァレリアちゃんがママにそっくりで超カワイイ(笑)。

 

シャビ

シャビ

シャビ

シャビ

『本当にありがとう。今日、そしてこれまでの17年間、あなたたちは僕を世界で最も幸せな人間にしてくれた。バルサは世界最高のクラブだ』

『ただ、まだすべてが終わったわけではない。僕たちはコパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグに優勝することを望んでいる。これからの15日間で、全員に別れを告げていきたい。ビスカ(万歳)・バルサ、ビスカ・カタルーニャ!』

涙のスピーチはエモーショナルでした。

グラン・カピタン、カルレス・プジョルよりも幸せなお別れ。もう一度カンプ・ノウで戴冠を果たし、ベルリンでビッグ・イヤーを掲げるシーンを目撃したいと思います。

ピスカ・バルサ!!。

 

メッシ&エンリケ

最後はこの1枚(笑)。

不仲と言われるレオ・メッシとルイス・エンリケの2人も一緒にピッチでお祝いでした。

『あれだけ感極まるシャビを見れたこと、彼が素晴らしい扱いを受けたことは、今季のリーガにおける素晴らしい思い出の一つとなる。彼の代わりは存在しない。シャビと同じような選手はおらず、クラブは彼なしでのプレーに適応しなくてはならないね』

『我々には二つの決勝が控えているが、チームがここまでに成し遂げたことに鑑みれば、楽観的でいることができる。ファンの支えは大切になるだろうし、我々はクラブのためにもう2つのタイトルを獲得することを試みる。それでも、3冠達成は本当に難しいことだろう』

残り2つ。

バモス・バルサ!!。

パーフェクト

トリデンテ

イイ朝を迎えることが出来ました。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第34節、バルセロナVSヘタフェ@カンプ・ノウ。

久しぶりに観た、引いて守る相手に対してドリブルとパスワークでゴールを抉じ開けたバルサ。縦に入れて、仕掛けて抉じ開ける。ヘタフェが不甲斐ないと言えばそれまでですが、前半でマニータはパーフェクト。これ以上望むのは不可能ですね。

 

メッシ

9分、スアレスが得たペナルティをパネンカで沈めたメッシ。

ここからゴールラッシュ。

 

スアレス

25分、メッシからの難しい(スアレスからすると後ろからくるボール)パスをダイレクトで沈めたスアレス。

凄過ぎるだろ。

 

ネイマール

28分のネイマールはエリア内でクールに仕留める。

 

シャビ

30分、メッシをデコイに左45度からゴール右隅に沈めたマエストロ・シャビのゴラッソ。

 

スアレス

40分、スアレスもシャビと同じような位置からこの日2点目を沈め前半でマニータ。

面白いようにネットが揺れましたね。

 

メッシ

メッシ

締めはやはりレオ・メッシ。

後半開始早々の47分に美しい弧を描く一発を披露してくれました。

『効果的なプレーができているとき、我々はどんな相手でも苦しめることができる。タフな試合だったけれど、前半で勝負を決めることができたね。こんなに多くのスペクタクルなゴールが決まった試合は記憶にないよ』と語ったルイス・エンリケ。

敵陣でのプレスも面白いように決まり、また一歩戴冠へ近づきました。これが、ミュンヘンにもアトレティコにも通じることを願うばかりです。そして、そのミュンヘン。このゲームのあとにドルトムントとのポカール・セミファイナルを観ましたが・・・。それも凄いゲームでしたね。クロップのラストダンスはいよいよチェックメイト。このあとに記そうと思います。

 

トリデンテ

バルサ

『(スアレス)僕はただ、できるだけチームを助けようとしているだけさ。それがゴールだろうが、アシストだろうが、守備だろうが、それは重要じゃない』

『チーム全体、ファン、コーチングスタッフと、みんなが専念している。僕らには、重要な何かを達成する義務があるんだ。ここからシーズンで最も重要な時期となる。ミスはできない』

なんやかんやでバルサでの公式戦通算ゴールが(この日の2得点で)21となったルイス・スアレス。メッシ、ネイマールと合わせて100ゴールを突破したスーペルなトリデンテ、MSN。このまま3冠に向けてラストスパートです。

 

トリデンテ

自撮りトリデンテ(笑)。