またまたセットプレイ

マテュー

う〜ん・・・。

ほとんど良いところが無かったバルサでしたが、『クラシコ』に続いてジェレミー・マテューが値千金のヘッドを沈めて勝ち点3を拾いました。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第29節、セルタVSバルセロナ@バライードス。

キックオフからセルタのマンツーマンに苦しんだバルサ。イニエスタとラフィーニャ、ブスケツの中盤で臨みましたが上手くボールを前へ運べない中、一度だけメッシが右サイドからドリブルで中央へ侵入出来て惜しい1発を放ったくらいだったでしょうか。

スアレスもネイマールもミスパス、ボールロストが目立ち決定機は皆無。嫌な感じがプンプン漂い、前半はスコアレスで折り返しました。

後半はギアを入れ替え早々にメッシにチャンスが訪れましたが、それも単発。こんな時はやはり選手交代。ラフィーニャに代ってシャビが入って落ち着きを取り戻し、ネイマールがネットを揺らしましたがオフサイド(リプレイを観るとオンサイドに見える)やアウヴェスがエリア内でフリーでシュートを放つ(左足でヒットせず)等ゴールの薫りが漂いはじめます。しかし焦れた時間帯が続き、セルタのカウンターも浴びてどうにもこうにもでしたが、冒頭のソレが73分にやってきました。

エリア外左で得たFKのチャンス。『クラシコ』同様メッシがファーサイドに居たマテューに合わせ(マテューがメッシのキックに合わせた?)待望の先制点をモノにしました。

貴重なゴールでしたね。

 

マテュー&シャビ

開幕前は獲得に懐疑的でしたが(スミマセン)、ここにきて抜群のプレゼンスを発揮しています。

そして、マエストロ・シャビ。圧倒的なプレゼンス。ボールを捌き落ち着かせ、空いたスペースに走り込む。停滞した中で、ラフィーニャ坊やには出来ないスキルとプレゼンスで勝利に貢献でした。

『試合開始から結果のみで裁かれるような時期に突入した。だからこそ、高いレベルの相手に勝利したこの一戦は、残り試合に向けて心構えをさせるものとなった。このような勝利はチームを奮い立たせるものだ』

『もっと早く試合を決められた可能性もあったが、最後までオープンな内容となった。多くの決定機を許して苦しんだ一戦というわけでもなかったが、こちらもチャンスを生み出せなかった。このような試合では、選手たちのクオリティーが決定的となる』

と語ったルイス・エンリケ。

今季のリーガで9度目のセットプレイからの得点で大きすぎる勝ち点3を得たバルサ。言いたいことは山ほどありますが、指揮官の言うとおり結果が全ての時期です。すぐにミッドウィークでゲームがありますが、このままビッグマッチまで勝ち続けて欲しいものですね。

 

メッシ

代表戦をズル休みしたメッシでしたが・・・。また仕切り直してテンションを上げて欲しいものです。

 

ネイマール

フランス戦ではゴールしましたが、ここ数試合ゴールから見放されているネイマールは少し心配ですが・・・。

ミッドウィークのアルメリア戦を乗り切り、サンチェス・ピスファンでのセビージャ戦(ウナイ・エメリだから大丈夫かな)が一つのヤマですね。

兎に角、勝ち続けるのみです。

広告

馬脚を露わす

ピケ

ルイス・エンリケ

足りない熱量。『クラシコ』なのに・・・。

失望、寂寥、憤怒そして諦観。所詮はこんなものなのか。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第9節、『エル・クラシコ』@サンティアゴ・ベルナベウ。

ネイマールの幸先のよい4分のゴールも何の意味もなさなかった。マドリーの緩い入りに合わせ停滞してしまったバルサ。

熱さが全くない。

マドリーは失点で目が覚め、ベンゼマが2度ゴールに近づき(バーとポストを叩いた)、バルサはどんどん怯えるかのようだった。

そして、一番の疑問と怒り。何故ピケをセントラルに起用したのだろう。

ここまで8戦クリーンシートだったバルサだが、相手が二流以下だったからだ。自陣に引き蘢るかのように低い位置に設定された最終ライン。それでも、(ネイマール・メッシ・スアレスの南米ビッグ3)自慢の前線でゴールすればいいのだが(個人的には間違った方向だと思う)、押し込まれまくるバルサ。

そして、件のピケ。

エリア内でゴールキーパーのように倒れハンドの大失態。ロナウドが難なくブラーヴォの逆を取って右隅に蹴り込み1−1となった。

もう勝てる感じはしなくなった。

後半早々にコーナーキックからペペにヘッドを叩き込まれジ・エンド。世界一のカウンターを持つマドリーが、ドルトムントのゲーゲンプレスよろしくプレッシャーを掛けてくる。

その勢いを躱すことが出来ないバルサ。

焦って攻めて、間延びする中盤。

消えたメッシ。

守備をしないネイマール。

ボールロストするイニエスタ。

無駄なクロスを上げ続けるダニエウ・アウヴェス。

ゲームに入れず流れを変えられないラキティッチとペドロとセルジ・ロベルト。

とにかくマスチェラーノ以外、全く戦わず、走らず(走れず)、カウンターからベンゼマに蹴り込まれ、膝から崩れ落ちた。

ルイス・エンリケの限界なのか。

繰り返すが・・・何故ピケを使うのか。試合後、『マドリーは勝利に値した』と指揮官は宣ったが、『バルサは勝利を放棄した』が正解だ。

『前後半で優勢のチームが変わったね。後半はレアル・マドリーのものであり、僕たちは1−2とされるゴールをCKから許してしまった。それがマドリーの後押しとなり、彼らがカウンターを仕掛けられるきっかけとなったんだ』

『僕たちは2−0とすることもできたが、決定機を生かしきれなかった。ベルナベウでチャンスを逃せば、そのツケを払うことになる』

『前半は良質なバルセロナが見せられたと思う(どうだろう?)。僕たちはマドリーのプレーに用心していたが(怯え過ぎた。または勇気が無かった)、彼らのカウンターは機能してしまった(稚拙過ぎんだ)。3失点目はサイドから崩された残念なプレーだった。彼らはカウンターに走り、僕たちはそれを止めることができなかった』とシャビは語ったが、もともと『個』の力に依存したカウンター世界一のチームだし、『オーレ』の大合唱でパスを回されもした。

『前半は僕たちが主導権を握り、チャンスを築く状況を生み出していた。ネイマールが得点を決め、レオも素晴らしい決定機を手にした』

『だけど、その後にPKが生まれてしまった(違うだろうが・・・、PKを生んでしまったが正解だ)。判定の基準は明確でなければならない。自分の手を消せるわけないんだ。僕はできる限り多くのスペースを消しながら倒れ込んだ。でも、もし腕を背中につけて倒れなければならないなら、それは醜いことだと思う』と語ったピケだが、

『何言ってんだ?、君の愚鈍で稚拙なプレイが醜いよ』。

恥ずかしくてが顔が赤くなる。

でも、まぁ〜慣れなければいけないのだろう。

バルサは、どっぷり暗黒時代なのだから・・・。

 

ネイマール

緩いマドリーの立ち上がりを、一瞬のキレから強烈にネットを揺らしたネイマール。

イイんだけれど、もう少し守備をしてくれよ。

 

スアレス

『クラシコ』が初戦でキツかったかもしれないスアレス。

でもソコソコやってくれた。

 

バルサ

ピケ

マン・ユナイテッドへの売却しよう。

ホントPK以外も酷過ぎた。

 

イニエスタ

全く前を向けず、ボールロストが多かったイニエスタ。

これほど酷いドン・アンドレスを観たことがあっただろうか。終盤にふくらはぎを痛めてしまい無念の交代となった。

コンディションが上がって来たと思ったんだけれどなぁ・・・。

 

メッシ

熱さが無かったなぁ〜(泣)。

ホント、もう飽きちゃったのかなぁ。

戒めとして・・・以下。

 

ロナウド

ペペ

ベンゼマ

35分ロナウド(PK)。

50分ペペ。

61分ベンゼマ。

 

マドリー

ベンゼマ

繰り返すが、バルサが勝利を手放した。

悲しい、寂しい、土曜の夜となりました。

クリーンシート継続で『クラシコ』へ

シャビ

シャビ

エイバルのスキルの無さと運に助けられて。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第8節、バルセロナVSエイバル@カンプ・ノウ。

前半終了間際に、ブラーヴォが不用意に飛び出し躱されバルサの開幕無失点記録が途絶えた瞬間・・・、あろう事か名も無きエイバルのフォワードが無人のゴールへ蹴り損なった。

流し込むだけだったが・・・助かったバルサ。スコアレスで折り返し、60分にマエストロ・シャビがメッシのスルーパスを美しくゴールに沈め一息付けました。

ふう〜。

シャビ・・・まだまだイケますねぇ〜。

 

ネイマール

1点だけでは心許なかったですが、72分にアウヴェスのマイナスのクロスをネイマールがダイレクトに叩き込んで勝利を確実にしました。

 

ネイマール

ネイマール、好調です。

バルサ公式戦通算50試合目となったこの試合。ゴールで結果も残しましたね。『クラシコ』に備えてこの後、メッシにアシストしてお役ご免となりました。

チャンピオンズはお休みかな?。

 

メッシ

締めは74分のメッシ。

エリア内右でネイマールに預け、ネイマールがダイレクトヒールでメッシに再度預け、それを拾い受けて当然のようにディフェンダーの股とキーパーを抜きました。

ブラヴォ。

バルサ全体もポゼッションとパス&ムーブ、良かったと思います。

『我々は完璧な試合を演じた。最終ラインに5選手を置いたチームを相手にね。そのような状況であれば、ゴールをこじ開けるのは本当に難しい。しかし我々は試合をコントロールしていた』

と語ったルイス・エンリケ。メッシについては、

『普段通りのインテンシティー、モチベーションでプレーしていたよ。私が練習初日に見た姿勢と変わることなくね』

『クラシコ』については、

『「クラシコ」は決定的な一戦にはならない。我々は普段通り試合に臨み、勝利を目指して戦う。ポジティブな結果を得るにふさわしいチームとしてね』

と語ってくれました。

 

メッシ

前半の決定機は決めて欲しかった。『クラシコ』でのミスショットは勝ち点ロストに繋がります。頼むぜ〜。

そして、心配事。

 

ピケ

ピケとマテューがセントラルで先発しクリーンシート継続に成功しましたが、ピケ・・・駄目でしたよね?。このゲームにアンカーで出場していたマスチェラーノがやっぱセントラルだなぁ。アウヴェスのコンディションが上がって来ているのが良い兆し。アウヴェス・マテュー・マスチェラーノ・アルバで『クラシコ』に臨んで欲しいと思いました。

ピケ・・・、ミランくんにもっとイイとこ見せなきゃ。

以上、第8節でした。

メッシ汗をかく

メッシ

メッシ

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第2節、ビジャ・レアルVSバルセロナ@エル・マドリガル。

昨シーズンからワールドカップと全く走らない(戦術的指示の下かもしれませんが)メッシでしたが、第1節に続きこの第2節も献身的に走って前からチェイシングをしていました。

また、攻撃が停滞してきたら神出鬼没にスペースへ動き出したり、積極的にボールを受けに行ったりと、今シーズンは“違うメッシ”が見れるかもしれません。

wowowの実況でも言ってましたが、ネイマールとスアレスの2トップでトップ下にメッシというフォーメーションが、スアレスが出場可能になる10月末から11月にかけて以降、オプション(4-3-1-2)として予感できます。

でも、バルサは『4-3-3』か『3-4-3』なんだけどなぁ(この考えが古くて駄目なんだけれど・・・)。

ゲーム自体はなかなかネットを揺らせず、パス回しもそれほど効果的(シーズン序盤によく見られる)ではなっかたけれど、エリア内右サイドを深く抉ったメッシのシュート?がキーパーの股間を抜けて、そこに詰めていた19歳のカンテラーノ、サンドロがゴールに蹴り込み0-1で貴重な勝ち点3をエル・マドリガルから持ち帰ることに成功しました。

これは大きい。

 

サンドロ

開幕戦のムニルに続くカンテラーノが結果を残したバルサ。

この試合、後半途中からシャビが出場し、相変わらずの存在感というか、シャビが居ない時間と居る時間では全く違うバルサになってましたね。

パスが良く回る回る。

それでは駄目なんだけどなぁ〜。

 

ネイマール

こちらも途中出場のネイマールにも一度ビッグチャンスが・・・。

こちらはまだまだ時間がかかるかな。

ボール・ポゼッションは25-75、アテンプト10-21、ショット・オン・ターゲット2-7で貴重な勝ち点3(マドリーがレアル・ソシエダに2-4で敗れただけに)はポジティブです。

FIFAウィークを挟んでチャンピオンズも始まる9月。

なんにしても、汗をかくメッシがイイ結果を齎すハズです。

マエストロ残留

バルサ

新キャプテン、マエストロ・シャビ。

カタールやアメリカ等への移籍が囁かれてましたが、残留が決定しました。何故?。

『僕のバルサでの時代は終わったと思った。だから、クラブの人たちと親しくしている人たちに、メッセージを送ったんだ。でも、今はそれが性急な決断だったと思っている。ただ、あのときは本当に自分の中で大きな失望が2度あったんだ』

『リーグ戦の最終節となったアトレティコ・マドリー戦で、僕はベンチに座っていた。スペイン代表でのチリ戦でも、同じことが起きた。シーズンを通じて自分が役に立つと思っていたけれど、大事な2試合で実際はそうではなかった。そこで、決断を下した』

だったそうですが、

『周囲の人々には、あのときの僕の気持ちを理解してほしいと願っている。それから、僕はアンドニ(スビサレッタ)とルイス・エンリケに説得された。自分が重要な存在になれると思えた。特に、ルイス・エンリケは僕のメンタリティを変えたんだ。彼が(残留の)鍵を握った』

『僕を我慢強く待ってくれたクラブに対しては、感謝しなければいけない。今は、自分が再び戦う準備ができていて、元のままのモチベーションがあると感じている。決断は、完全にスポーツ的な側面からのものだ。報道されているような契約の清算などはない。ルイス・エンリケには、再びゼロからのスタートだと言われた』

だそうです。

間違いなくバルサのマネージャーになる人だから良かったと思う反面、外に出て色々なことを経験するのも良かったのではと思う今日この頃。

縦に速くのトレンドの中で、(死んだ)“ティキ・タカ”の申し子はどうマイナー・チェンジを果たすでしょうか。

答えは1年後、タイトルを奪還出来たときに出るでしょう。新しい“何か”を見せて欲しいものです。

そして、『神』メッシ。太すぎるよ〜(泣)。

バルサのワールドカップ

ネイマール&ソング

ネイマール

ネイマール

ネイマール&ソング。

グループステージ最終戦のカメールン戦で2ゴールを上げたネイマール。ノックアウト・ラウンドではチリと当たることに。面白い一戦になるのでは?。

一方のソングは、マンジュキッチに肘を喰らわせ(かなり悪質でした)3試合のサスペンデッド。やれやれでした。

 

アレクシス

好調なアレクシスですが、オランダ戦では沈黙。

オランダのカウンター2発に沈みノックアウトラウンドでブラジルと当たることとなりました。

どうなるでしょうかね。

 

セスク&ピケ

チェルシーへ行くセスクと全く精彩を欠いたピケ。

 

シャビ

カタールへ行くと言われているマエストロ。

オーストラリアとの最終戦も出場しませんでした。

 

イニエスタ

イニエスタはイニエスタ。

一人奮闘。

お疲れさまでした。

 

ラキティッチ

ラキティッチ

バルサ移籍が発表されたセビージャのラキティッチのワールドカップもメキシコに1-3で敗れ終了。

シャビやセスクと違う縦に速いプレイスタイルでニューバルサを体現願いたいものです。

 

メッシ

ハッピー・バースデイ(本日6月24日に27歳となりました)メッシ。

ネイマールと雌雄を決することになるでしょうか?。

 

アルゼンチンサポ

母国に歓喜を齎すかな。

ワールドカップ後半戦も目が離せませんね。ではイタリア対ウルグアイを堪能したいと思います。

“ティキ・タカ”は2度死んだ

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

カシージャス

バルサの凋落とともに沈む”ラ・ロハ”。

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第1戦、スペインVSオランダ@アレーナ・フォンチ・ノヴァ・スタジアム。

ボールは持てどゴールを脅かすシーンはほぼ皆無。前半のポゼッションは70%に。5人で引いて守るオランダ相手に、ワントップに入ったジエゴ・コスタにボールが収まらず、横パスや安全なパスに終止。それでもラッキーなペナルティ(ジエゴ・コスタの切り返しから得た)で先制した。2点目を取っていれば勝ち点3は得たであろう。ダビド・シルバに決定機が訪れたが決め切れず、その直後の44分にファン・ペルシーのスーパーなダイビングループヘッドで追い付かれて前半を終えた。

それでもまだ同点だった。

後半に攻めれば問題ないはずだ。

しかし、前回の南アフリカワールドカップ・ファイナルでは散々だったミュンヘンの快速ウイングがキレキレで、ピケとラモスでは止めることが叶わず53分にリードを許してしまい、そこから為す術なく怒濤の失点を重ねてしまった。

後半は前半以上に良いところがなく、『聖』イケルの度し難いミスも重なり、まさかの大敗(1-5)を喫したスペイン。

グループリーグでゴー・ホームの危機に。アレクシス・サンチェスが絶好調なチリにもあっけなく敗れるかもしれない。バルサがカウンターに屈し無冠に終わった今シーズン。世界を魅了した“ティキ・タカ”は、ここブラジルの地でも瀕死の重傷を負ってしまった。

恐らく復活はしないだろう。恐ろしいまでの僥倖に巡り合わなければゴールは生まれないであろう(ラモスが意地のヘッドを見せるかもしれないが)。

衰えた『聖』イケルはダビド・デヘアに、シャビはコケに変えよう。セスクをゼロトップに据えて2列目からの飛び出しを狙う必要もあるかもしれない。そして、2枚のセントラル、ピケとラモスのコンビネーションが悪過ぎる問題もどうするか。

手負いの“ラ・ロハ”。

前回も初戦でスイスに0-1で敗れてからのバウンス・バックで見事優勝を飾ったが、第2戦のチリ戦まで時間はそう多くは残されていない。

 

ロッベン

ロッベン

キレキレだったロッベン。

左サイドバックのブリントからのロングフィードを秀逸なトラップからピケを難なく躱してラモスも振り切って決めきり、前回大会の汚名を見事返上した。

 

ロッベン

圧巻だったスプリント。

スナイデルのスペースに出したパスに、ラモスよりあとから駆け出したが難なくチギって追い付き、カシージャスとの一対一を制しスペインを殺した。

 

ロッベン

オランダ

ファン・ペルシーのダイビングヘッドが今大会のハイライトの一つになるだろうが、この試合はロッベンが主役だった。

 

イニエスタ

カシージャス

酷すぎた『聖』イケル。

 

シャビ

『すべてが悪かった。後半は散々だったし、僕たちは派手な形でミスを犯してしまった。悪かったすべてのことを改善しなくてはならない。チームは簡単に相手のカウンターを許してしまった』

『僕たちはもう水曜を迎えることを望んでいる。素早くリアクションを見せ、このチームが偉業を成し遂げられるチームであることを示したい。ポジティブにならなくてはならない』と語ったマエストロ・シャビ。

復活できるだろうか?

 

ファン・ペルシー

2代目フライング・ダッチマン。

それにしても凄いダイビングヘッド(それもループで)だったなぁ〜。

いよいよ明日は我らが日本。

マスト・ウィン!!