マン・シティに落胆

ベイル

ベイル

ベイル

走らないマン・シティ、当然のゴー・ホーム。付き合うマドリー、ラッキーでファイナルへ。ヨーロッパの頂点へ進むゲームとしては、明らかに凡戦だった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ@サンティアゴ・ベルナベウ。

ガラス細工のヴァンサン・コンパニ。時代遅れのヤヤ・トゥレ。孤立無援のセルヒオ・アグエロ。ほぼ消えたケビン・デ・ブライネ。拙いクロス供給マシーンのヘスス・ナバス。攻撃のビルドアップが出来ないダブル・ボランチ。攻守がこんな内容では、勝てるゲームでも勝てない(引き分けには出来たハズだが)。ダビド・シルバ不在の影響だろうか、ネットを揺らす気配が皆無だった。加えて、ファイナルに行くんだというソリッドなインテンシティが見られなかった(少なくとも僕には)。マドリーは全然良くなかったというのに。これならパリが勝ち上がった試合を観たかった。図らずも、辛口ご意見番のロイ・キーンが言っていた『シティに信念がないのであれば、マドリッドに行く意味はない』を具現化してしまったのだ。

ゲームは、20分にベイルのシュート(グロスだったと思うけど)がフェルナンドに当たってコースが変わりそのままゴールに吸い込まれていった1点のみ(オフィシャル・スコアはOG)。両チームのサポーター以外はなんだかなぁな退屈なゲームだった。ライブ視聴していたのだが、眠気を振り払うのにホント苦労したゲームだった。

危惧してたとおりのマドリード・ダービー@サンシーロとなってしまったわけだが、シメオネがいる限り、このゲームのように退屈することはあるまい。

 

コンパニ

コンパニ、怪我しすぎ。ドリブルからパスを出した瞬間に右太腿が壊れた。

ヤヤ・トゥレはメッシのように走らず、メッシのような決定的な仕事もしなかった。

 

ペジェグリーニ

どうしようもなかったペジェグリーニ。辛酸を舐め尽くした地にカウンター・パンチを見舞うことは叶わなかった。

 

ロナウド

オイオイ(笑)。個人的最大の見せ場だったCR7のスラムダンク(笑)。ネットを揺らすことに懸ける貪欲さは間違いなく世界一だ。結局ゴールはなかったが、ファイナルへ行くんだという気迫を一番見せていたCR7。

 

デ・ブライネ

『まだ準備が出来ていなかった』では済まされないハズだ。

ペップはこのマン・シティをどう変えるだろう?。

ジョー・ハートの股の先

ジルー

そこにあるのはゴールなのだ。

2015-2016・プレミアリーグ第17節、アーセナルVSマン・シティ@エミレーツ。

マンデー・ナイトのビッグ・マッチ。もちろん5時に起きてライブ視聴。ボールを持って攻める両チームに期待して観ましたが、なかなかの好ゲームだったと思います。ガナーズが持つ時間、シティが持つ時間と鍔迫り合いが続き、どちらかというとマン・シティが押していた中、33分のデ・ブライネの右サイドからの左ポストを掠めるかというシュートの直後にウォルコットの美しい一撃が炸裂しゲームが動きました。

 

ウォルコット

ウォルコット

左エリア手前でエジルからのパスを受けて、サニャが寄せてくる前にやや中央斜めに持ち出してからの一閃。怪我で離脱しているアレクシスのサイドで完璧な仕事をしました。

そして、前半終了間際にタイトルのゴールが生まれました。

 

ハート

エジルが今度はジルーにアシスト。ジルーのシュートは抑えたスピードのあるものでしたが、角度がなくここしかないところを抜かれた感は否めないです。

『閉じて欲しかった』の一言に尽きます。反対側にいるチェフならとか、デ・ヘアなら、ノイアーなら、ブラヴォなら、様々な思いが胸に去来しました。

後半はなかなかゴールが生まれませんでした。アーセナルが一度美しいパス交換からラムジーにビッグチャンスがありましたが、それはジョーが顔面でセーブ(笑)。

一方のマン・シティは、スターリングとヘスス・ナバスが入って縦に速くなりましたが、中央を固めるガナーズの壁を突破できません。しかし、82分に凄いゴールが生まれました。

 

トゥレ

トゥレ

サニャのパスにダイレクトで左足を振り抜いたヤヤ・トゥレの一撃。ボールは美しい弧を描いてゴール左隅上に吸い込まれていきました。

しかし、ゲームはこのままタイム・アップ。プレミアの頂上決戦ファースト・ラウンドはガナーズに軍配が上がりました。

 

ヴェンゲル

『両者が全力を尽くし、とても激しいゲームをした。我々は、スピリットや組織、輝きを見せたと思う。それらすべてで勝ち点3を手にした。勝利は常に自信を深めてくれる。こういうビッグ・マッチではなおさらだ。ただ、我々が気にするのはパフォーマンスやスピリットだよ。我々は向上への良い意欲を維持しており、こういう試合で勝つ力を手にしなければいけない』

『我々の自信は深まっている。とても、とても若いチームでたくさんの試合をこなしてきたが、今はより成熟している。こういう試合でそれが分かるね』

『我々は非常に野心的だ。このリーグはとても難しいから、しっかりと慎重にならなければ。チームに自信を与えてくれる(勝利だ)が、同時に我々は道のりがまだとても長いと分かっている。すべての試合がバトルだ。少しでも努力を怠れば、このリーグではノーチャンスとなる』

勝って兜の尾を締めたMrヴェンゲル。

 

ペジェグリーニ

一方の敗軍の将。

『過去ではなく未来を見ている。あと21試合残っている。我々は首位と2位に勝ち点6差、勝ち点4差だが試合はたくさん残っている』

『2点目が決定的だったと思う。我々はアーセナルより良いプレーをしたが、彼らは最初のシュートでゴールを決めた。それまでに我々はチャンスを作ったが、決められなかった。そういうときは失点するものだ。私は2点目が非常に重要だったと思う。我々のミスから(前半の)終盤に決まったゴールだったからね』

繰り返しますが、ハートの股です。

『我々はよりポゼッションし、より多くのシュートを放ち、よりトライした。だが勝つことができなかった。後半はよりリスクを背負い、少なくとも引き分けるチャンスはあった。こういう重要な試合では、ミスをしてはいけない』

そう、ハートの股。

 

デ・ブライネ

アグエロの美しいダイレクトから抜け出したデ・ブライネの一発が決まっていれば・・・。タラ、レバはダメですがね。

 

エジル

結果を出しまくる天才・エジル。

後半、守備固めでお役御免に不満顔(笑)。

忘年会シーズンで、飲みまくっての朝5時起きはかなり辛いですが、なんとか起きて観たゲームとしては観たかいがあったマンデー・ナイト・フットボール。

プレミアはクリスマス・ヴァケーションがありません。すぐに次のゲームがやってきます。

 

アーセナル

後輩とこのゲームを肴に一杯デス。

まぁでも、やっぱハートの股だよなぁ。