残響のテロル#最終話『VON』

良かったかな?。

んな訳ないですよね。アレはないですよね。

色々言いたい事はありますが、限られた中で無理矢理纏めた感じでしょうか。個人的には、#1のインパクトが強烈だっただけに残念だった最終回。何故こんなことに?という感じです。

 

残響のテロル

気球で飛ばした原子爆弾。

 

残響のテロル

残響のテロル

高高度核爆発(柴崎さんの娘さんがまた登場しました)。

人体に影響は無いそうで、しかし広範囲に及ぶ電磁波によって停電を起こすそうです。

 

残響のテロル

東京タワーに登って爆発を見届けるナイン。

 

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

電気が止まった日本。

ハイブの墓標も作って、束の間の最後の安息な時間を過ごす3人。このシーンは切なかったなぁ。

 

残響のテロル

残響のテロル

現れた柴崎さん。

捕まえてくれる役周りだったと言われ、『お前たちを逮捕する』って。

 

残響のテロル

更に唐突に現れた米軍。

ナインは全てを掌握するかのように、何処かの原子力発電所に爆弾を仕掛けて、その爆破リモコンで狙撃を阻止しようとしました。が・・・。

 

残響のテロル

『えっ???』

何故か狙撃されたのはツエルブ。

何故???。

 

残響のテロル

ナインは狙撃されませんでしたが・・・。

しかし、『覚えておいてくれ、俺たちが生きていたということを』の言葉を柴崎さんに残し倒れました。

う〜〜ん・・・。

 

残響のテロル

全て明るみになって、それは良かったかな。

 

残響のテロル

残響のテロル

一年後、あっという間に復興し・・・。

少し大人になったリサちゃん。

 

残響のテロル

残響のテロル

『三島さん、墓参りは済んだのかな・・・・・・・・・・』

『VONはアイスランドの言葉で希望』

このラストシーン、柴崎さん要らない。

 

残響のテロル

唐突すぎる『完』に『えっ???』。

なんか記していて、残念感がより一層募ってきました。しょうがないですけれど。

前半が良かっただけに、失速感と失望感が半端ないです。んでもって、もうすぐ始まる『pyscho-passⅡ』に期待しようと思います。

それにしても・・・・残念(笑)。

残響のテロル#10『HELTER SKELTER』

残響のテロル

前話の最後で逃走に成功したナインでしたが、冒頭でいきなり警察に出頭しました。

ハイブから逃れるため?。

物語はさらなる混沌へ?。

 

残響のテロル

残響のテロル

間宮と対峙する柴崎さん。

ナインが出頭したと知って・・・。

 

残響のテロル

倒れたハイブも目を覚まし・・・。

 

残響のテロル

ナインの要求は、ある会見を開くこと。

その場所爆破した都庁横?。

 

残響のテロル

残響のテロル

その場所に移送されるナインと邪魔するハイブ。

 

残響のテロル

そこに助けにやって来た(裏切ってしまってイジけていた)ツエルブ。

まさにヘルター・スケルター(混乱)。

 

残響のテロル

ハイブの暴走を止めようとした部下も躊躇なく射殺?。

 

残響のテロル

残響のテロル

『ナイン・・・、いつもアンタに勝てなかった。ずっとアンタに勝ちたかった』

『でも、アタシに残された時間はあまりにも短かった』

『アタシはアンタのおかげで、ここまで生きられた』

『そう、アンタがアタシを生かしてくれたのよ』

『ハイブ・・・お前』

『でも、そろそろお別れの時が来たみたい。だから、アタシの分まで生きて、ナイン』

 

残響のテロル

『えっ?』

 

残響のテロル

『サヨナラ、ナイン。先に逝くわね』

何が(ゲーム?)したかったんだ?。

 

残響のテロル

残響のテロル

会見中止(妨害)のケースを想定して動画が自動で流れるようにしていたナイン。

用意周到。

そして、最後の爆弾は原子爆弾。気球に乗って空に上がって行きました。ハイブの行動はヘルター・スケルターでしたが、最後の仕掛けがどうなるか。

かなり、遅くなりましたがいよいよラスト。

『それでは日本の皆さん、サヨウナラ』

残響のテロル#9『HIGHS & LOWS』

遅ればせながらな残響のテロル#9を観た。

アテネ計画の全容を知る生き残りに辿り着いた柴崎さん。生き残ったのはハイブと脱走したナインとツエルブ。首謀者は与党議員の秘書が自殺した事件(柴崎さんが左遷になった事件)を揉み消した大物政治家の間宮。

羽村がいちいちウザイ。

リサちゃんの救出に向かうツエルブ。観覧車に無数の爆弾と共に繋がれたリサちゃん。爆弾処理のエキスパートでも時間内に全てを外すとこが不可能な状況に・・・。

爆弾を止める代りに盗んだ原子爆弾(プロトタイプだそうです)の在処を教えろと言うハイブ。ツエルブはリサちゃんを助けるために爆弾の在処を。

一方のナインは一歩早く爆弾を隠し場所(学校)から持ち去ることに成功した。

倒れるハイブ。

走り去るナイン。

残り2話。

 

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

残響のテロル

助かると分かっていても緊迫感があった#9でした。

そして・・・どうなる?。