やっぱチャンピオンズだよなぁ、Campion of “2016”

ロナウド

マドリー

隣の芝は青い。青すぎる。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ファイナル、マドリード・ダービー@サンシーロ。

クソ仕事のせいで更新が全くできなかった5月。ELのファイナルもコパのファイナルも色々記したいことがあったのに付いていかないフィジカルとメンタル(泣)。全てライブで観たのだけれど・・・。チャンピオンズのファイナルだけは何とか記録しておこう。

ウンデシマ、うんクソだ。

ラモスの先制ゴールは完璧にオフサイドだった。フットボールの女神はリッチに微笑む。自身の髪の毛のマネジメントは出来るクラッテンバーグは、このゲームをマネジメントしたフリをした。後半グリーズマンがPKをクロスバーに当ててマドリーが勝つのかよと悪態を付いたが、シメオネに率いられたロヒブランコは諦めていなかった。後半からピッチに立って、まったくダメで代えられかけていたカラスコがフアンフランのグラウンダーに合わせて追い付いたアトレティコ。そのゴールのほんの少し前にマドリーに2度完璧な決定機があってからのカウンターパンチ。正直、バルサのクレの僕もエキサイトせずにはいられなかった。ゲーム中にUEFAのカメラ?に何度も抜かれていた涙を流すアトレティ・サポの女の子に訪れた幸せな瞬間。

しかしフットボールは限りなく残酷だ。

1-1のまま迎えたフットボール・ロシアンルーレット。後攻めのアトレティコ。4人目のキッカーの(マドリーのカンテラ出身の)フアンフランが蹴ったボールが非情にも左ポストを叩いた瞬間にクソマドリーのウンデシマが決まってしまった。マドリーの5人目はCR7。このゲームでは全くもってクソだったが、このハンサムでリッチで世界で2番目のフットボーラーが外すワケはなかった。

2年前はあと4分耐えていれば・・・だったアトレティコ。

今回は120分まではイーブンだったが・・・、またしても何かが足りなかった。

ファイナルが『クラシコ』だったらと思わずにはいられない。シメオネは凄いと思うが、シメオネのフットボールは好きになれない。クソマドリーがまた一歩先に進んだ今シーズン。来シーズンは、再び愛しのバルサが一歩進む事を願わずにはいられない。

 

ラモス

15分のセルヒオ・ラモスの先制点。

2年前の魂のヘッドに続いてのファイナルでのゴールは、完璧にオフサイドだった。後半終了間際のインテンショナル・ファウルは一発レッドでもおかしくなかったが、このゲームではマン・オブ・ザ・マッチ。

フットボールは時としてクレイジーだ。

 

グリーズマン

打つ前から外しそうだったグリーズマンのPK。

 

カラスコ

後半からピッチに立って、そして代えられかけていたカラスコの同点弾。酷いマルセロの守備が齎してくれたゴールではあったが、フットボールは時には不思議なことが起こるものだ。

 

フアンフラン

PSV戦では勝利のPKを決めたフアンフランだったが・・・。

マドリーのカンテラ出身のアイロニー。フットボールでも人生でもまま訪れる不幸な悲劇。

 

フアンフラン

シメオネ

顔を上げて、前を向いて。男は、ただ労をねぎらうのみだ。

 

シメオネ

『誰も準優勝チームのことは覚えていない。決勝を2回落とすのは失敗だ』

『どの敗戦が一番つらいかは分からない。何よりも心が痛むのは、ここに来るためにお金を払った人たちが悲しんでいることだ。彼らが望むものを与えることができなかった。その責任を感じる』

と語った闘将シメオネ。足が止まっていたマドリーに120分間で止めを刺せなかったことが敗因なのだが、フットボールは時として運で勝敗が決してしまうものだ。シメオネの来シーズンは果たして?。

 

シダン

プレイヤーとマネージャーでビッグイヤーを掲げた4人目(アンチェロッティ、ライカールト、グアルディオラに続く)の人となったジズー。戦術は持っているとは思えないが、凄すぎたスキル以外に何かを持ってはいるのだろう。

 

マドリー

重要なので繰り返すが、ラモスの先制点は完璧なオフサイドだった。クソッ。

さてと、来月はEUROが待っている。フットボール・シーズンはまだ終わらない。

個・個・個

ロナウド

ロナウド2

ロナウド3

ロナウド

ロナウド

胸クソ悪いけど一応マドリー。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSヴォルフスブルク@サンティアゴ・ベルナベウ。

ファーストレグも観てはいたんですが、メシウマ過ぎて記録せず。そしてこのゲーム。0-2からのバウンス・バックは見事と言うしかないでしょう。早い時間(15分)に、ラッキーな形(ディフェンダーに当たってロナウドにボールが転がった)で先制ゴールを上げて立て続けに(17分)CKから2点目。それもフットボールです。どうこう言うつもりはありませんが、マドリーが良かったとは思えませんがね・・・。ベイルなんか終始消えていましたし。それでも圧倒的な「個」の力(CR7のハットトリックだけ)で勝ち抜けるあたりはアラ・マドリー。拍手。

アグリゲート・スコア3-2。

エル・ブランコがネクスト・ラウンドへ進出となった、苦々しい水曜日だった。

 

ジダン

チェスター・コートが世界一似合うカリスマ、ジダン。

特に戦術ネェーじゃんと悪態を吐いてみる。しかし、CR7をやる気にさせるオーラがスゲェーんだよなぁ。守備的なカゼミロを使っても批判されないところも素直に凄いと思う。

 

マドリー

メシマズだが、こうなったらユーロ・クラシコで雌雄を決するしかあるまい。

あと3時間弱でキック・オフを迎えるカルデロンでの決戦に、バルサは何としてもサヴァイブしなければならなくなった。もちろんライブ視聴だ。

心配過ぎて仮眠できない(泣)。

あら、マドリー

ロナウド

マドリー

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第26節、マドリード・ダービー@サンティアゴ・ベルナベウ。

僕はバルサのクレだ。当然、「白い巨人」に起こる醜い失態をコキ下ろすのが最高に楽しいクチだし、スモール・クラブに対してのみの無駄なゴール・ラッシュに『浮かれんな、クラブ予算を考えろよ恥ずかしい』といつも毒付いている。全身黒づくめの闘将を指揮官に迎えソリッドな闘う集団にトランスフォームした「赤と白」に一時羨望を覚えたこともあるが、それももう今となっては昔の話となった。そもそも守備的なアプローチは退屈でクソだ。

今シーズンもここまで2位アトレティコに8、3位マドリーに9ポイントを離しリーグ・テーブルのトップにいる「紺と臙脂」の状況に満足しながら(今節セビージャに負けたら相当イラつくけれど)、今回の首都決戦を『どれどれ、どんなゲームを披露してくれんのかな?(特にマドリーが)』と左手に団扇を持ってライブ視聴した。

果たして前半(まぁゲームを通してだったが)、マドリーは「個」の突破に頼るのみ(元々なのだが・・・)で(ジダンには)戦術がない。クロースがモドリッチがサイドにボールを散らすが、そこから先がノッキング。イスコのカットインはワンパターンで、ロナウド、ベンゼマ、ハメスはシンクロ率ゼロ%。チャンスらしいチャンスはロナウドのクイック・スローとFKのみだった。ロナウドのFKは、壁を越えて枠は捉えたがオブラクの正面だった。

一方のアトレティコは引いて守ってからのカウンターだが、スキルと鋭さ、勢いがない。中盤を飛ばしてトップのトーレスにボールを蹴り込むのだが、全く収まらない。偶に持ててドリブル突破を試みようとするもグダグダだった。それでも40分過ぎにエリア手前でフリーでボールを持ったグリーズマンが左足を振り抜き枠を捉える一発を放ったが、ナバスのファインセーブでゴールを割ることができなかった。

眠たいスコアレス。そして後半。3分に右サイドからロナウドが右足を振り抜き、面白くなるか!?で始まったはイイが、8分。スローインからグリーズマンにボールを持たれエリア手前まで運ばれ、左サイドを駆け上がってきたフェリペ・ルイスにボールを預けられ、ルイスのマイナスの折り返しをグリーズマンにダイレクトでニアをブチ抜かれ先制を許した。

そして、ここからアディショナル・タイムまでの40分弱、まったく見せ場がなかった。うらぶれた郊外のニュータウンのように何もなかった。指笛と途中退席するサポーター。後半からベンゼマに代わって入ったマヨラル(誰だ?)も途中後退でハメスに代わって入ったルカス・バスケツもイスコに代わって入ったヘセも何も生み出さなかった。ポゼッションからの崩しが失笑ものだった。

僕がマドリーのクレなら死にたくなるだろう。スコアは0-1。マラガ戦に続く勝ち点のロストで、ラ・リーガにアディオスしたマドリーの残すコンペティションはチャンピオンズだけとなった。

うん、大満足。

 

ジダン

守備的なベニテスでコケて、無策なジダンが馬脚を現した。

(僕と)同世代のマネージャーで、頑張って欲しいと上から目線で言ってみる。フットボールのおおよそは結果だ。エレガントな現役時代のようにはいかない現実を突き付けられたジズーの未来は果たして。

「白い巨人」の迷走は続く(永遠に続けと心から願う)。

なんとも因果な職業だ

バレンシア

因果=原因と結果。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第18節、バレンシアVSレアル・マドリード@メスタージャ。

美しいBBCの崩しからのベンゼマのゴールも、ベイルの強靭なヘッドも脆い守備が全てを台無しにした。散々だったペペが2失点に絡みラファ・ベニテスはこのゲーム後に解任を告げられた。

勝っていたらどうだっただろう?。

それでも、無駄に延命しただけだろう。

遅かれ早かれ、ベニテスは職を解かれていただろう。ハメスやイスコを冷遇する采配。守備的布陣や戦い方を非難され、攻撃的布陣で臨むとペレスの言いなりとまた非難される。アンチェロッティのようにロッカールームをマネジメント出来ず、モウリーニョのようにピッチもマネジメント出来なかった。

バルサ相手では借りてきた猫、ラージョ相手に10度ネットを揺らしても弱いものイジメ(相手は9人だった)。ラストゲームが古巣のメスタージャという皮肉に何かしら悪意のようなものも感じたが、こうなるのが遅すぎたかもしれない。

 

ベニテス

致し方あるまい。フットボールに求められる大部分が、結果なのだから。ラファ・ベニテスは、18節を終えて11勝4分3敗、勝ち点37の3位でリーガにアディオスとなった。

 

ジダン

後任はジネディーヌ・ジダン。

世界一だったエレガントなプレイスタイル同様に、マドリーをエレガントに復活させることができるだろうか(死んだままでイイのだけれど)。

『クラブに全身全霊を捧げる』と述べたが、それだけでは半年後にはジョゼに取って替わられるだろう。

全てのマネージャーは消耗品なのだから・・・。