ルイス・エンリケは救い難いアホなのか

モイーズ&エンリケ

『結果を見る限り(今後はメッシとネイマールをベンチスタートにする)同じ選択をするかどうかは分からないね』

オイオイ、絶対無いでしょ。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第17節、レアル・ソシエダVSバルセロナ@アノエタ。

開始早々2分にアルバのオウンゴールで失点し、鬼門アノエタで、ラ・レアルが掛けたゴールの鍵を抉じ開けることは叶わなかった。

メッシやネイマールは何故先発しなかったのか。

結果論だが結果がモノを言うフットボールの世界。

『フットボールでは、ドアをこじ開けないと報われない。今日の我々にはそのための運やスキルがなかった。彼らのようにしっかりとうまく守るチームを相手に攻撃を仕掛けるのは難しいんだ』

何言ってんだ(泣)。

『我々は支配していた。前半はチャンスをつくれなかったが、後半はチャンスをつくったよ。フェアな結果ではなかったと思う。我々はもっと良い結果に値したと思うよ。運に恵まれなかった』

その通りだけど、前の時間にマドリーがメスタージャで躓いた好機を活かすことが出来なかったツケは4月に支払うことになるだろう。

 

スアレス

スアレスが決定機で決めていれば問題にならなかったかもしれないが、ルイス・エンリケはトップ・チームを指揮するに値するだろうか。

しかし、スアレス・・・。フリーのヘッドは決めて欲しかった。

 

メッシ&モイーズ

『私も非常に大きなクラブを指揮したが、ビッグクラブでは試合数が多い。こういったチームの場合、ビッグマッチは4月とかシーズンの終盤に訪れるんだ。そのときにビッグネームがフレッシュな状態でいられるように、休ませることが必要となる』

『ルイス・エンリケ監督は正しい決断をしたと思うよ。今日の試合に出た選手たちは本当に良い選手たちだ。彼の立場なら、私も同じことをしたかもしれない』

と語ったフットボール・ジーニアス。モイーズにこう言われたのを見ると頬が赤くなる。

仕事始めの朝にはキツい敗戦を目の当たりにした月曜日。ライブ視聴したかいがないゲームだった。

 

メッシ

メッシ

メッシ

このローテーションが最後に上手くいくことを願うばかりだ。

メッシとネイマールのやる気がなくならないことを・・・。

独立問題、そしてあの『天才』が召還された

グアルディオラ

バルセロナ独立を問う非公式の住民投票で投票を行った『賢人』。

『今日という日は非常に重要な一歩だ。投票することができて興奮している。これまでの道のりは決して平坦ではなかったが、我われはようやくここまでたどり着いた。人々がこうした問題について問う時、政治家は腰を下ろして多数派の意見に耳を貸さなければならない』

と語ったそうですが・・・。独立してしまうとリーガからは除外されると言われているのだけれど。いいのかなぁ(泣)。まぁそれは別の問題なのだろうけれど。『クラシコ』がなくなるのは嫌だなぁ。

また元同僚ルイス・エンリケについて、

『彼は成功をつかみ取るだろう。欠けているのは時間だ。フットボールはプロセスのスポーツなんだよ。勝手に何かが訪れるわけでも、11月にすべての王者になれるわけでもない。ときにはスムーズに事が運び、ときには少し苦労を強いられる。チャンピオンズリーグで巡り合わないことを願うだけだ』

と述べました。

当たり障りがない(泣)。

別のインタビューで再びバルサを率いることについて、

『基本的には再びバルサを率いることは考えていない。人生にはサイクルというものがあり、私の(バルサでの)サイクルは終わったと思う』

ミュンヘンを率いている状況ではこちらは至極最もなコメント(仮に率いる可能性があってもこう言いますよね)ですかね。

結局、バルサが駄目なときは必ずこの人の名前が上がるだろうから、いつかまた巡り合わせで指揮することもあると思うのだけれど・・・。

メッシの居ないバルサを指揮するところを観たいです。でもまずはシャビが指揮するんだろうなぁ。

そして、個人的ビッグニュースが舞い込んできました。

 

モイーズ

レアル・ソシエダのマネージャーにデビッド・モイーズ就任が発表されました(笑)。

ウケた。

リーガを毎週観ている僕としては、これは嬉しいニュースです。カガワくんを駄目にしたこの憎きスコットランド人も、利害が無ければ楽しめるハズ。

そして何本クロスを放り込むだろうか。

中堅どころのラ・レアルだから、そのジーニアスぶりを遺憾なく発揮するかもしれない。ひょっとしたら、かなり厄介な感じになるかも(笑)。

以上、二人のフットボール・マネージャーの話題でした。

 

モイーズ

追加。

“moyes was sucked”

モイーズ

モイーズ

古巣グディソン・パーク凱旋後の解任の皮肉。

マン・ユナイテッドにとっては遅すぎた決断かな。

2013-2014・プレミアリーグ第35節、エヴァートンVSマンチェスター・ユナイテッド@グディソン・パーク。

このゲームもモイーズもまったくクソでしたね。色々忙しい中観てしまいましたが・・・。

ハンドからペナルティで先制点を献上し前半終了間際にもあっさり失点。後半もまったく良いところがなくあっさりクリーンシートでチャンピオンズ出場権を完全に逃してしまいました。

6年契約で解任はないだろうって空気でしたが、このタイミングでの発表。ファーガソン翁は何でモイーズを指名したのかな。ソコが知りたい。

そんな哀れな“フットボールの天才”モイーズが偉大なマン・ユナイテッドで記録した不名誉な記録を記しておきたいと思います。では以下。

1)プレミアリーグでの最小勝ち点を更新することが決定。

2)1995年以来のチャンピオンズリーグ出場権を逃す。

3)ホームでの成績が過去10年間で最低。

4)2001年以来となるリーグ3連敗。

5)スウォンジー・シティにホームで史上初の敗戦。

6)ニューカッスルにホームで1972年以来の敗戦。

7)ウェスト・ブロムウィッチにホームで1978年以来の敗戦。

8)ストーク・シティにリーグ戦で1984年以来の敗戦。

9)マンチェスター・シティ戦でジェコに許したゴールは、プレミアリーグで初の前半1分での失点。

10)プレミアリーグとなって初めてマン・シティ、リヴァプール、エヴァートンにシーズンダブルを喫する。

11)1969-70シーズン以来、エヴァートンにシーズンダブルを喫する。

 

モイーズ

グッバイ、デビッド。

もうこの記事が最後となるのは少し寂しいですが、なかなか笑わせて、苛立たせてくれました。次は誰が来るのかしら?。ギグスがそのままヤルのかな?。カガワくんは残留するのかしら?。

クロップは絶対来ないだろうなぁ〜。

 

チョーズン・ワン

勝つだけならモウのオヤジを選ぶべきでした。

合掌。

アフロとクレバリーと粕谷さんへの答え

モイーズ

トリプル・ボランチ(キャリック・アフロ・クレバリーの)で守備的布陣。ホームのダービーで??。

44秒で決壊し破綻したモイーズ戦術はクソだ。

2013-2014・プレミアリーグ第28節延期分、マンチェスター・ユナイテッドVSマンチェスター・シティ@オールド・トラッフォード。

何でクレバリーなんだ?っていつもの通り思っていたら、マン・シティのキックオフからの勢いに飲まれあっけなく失点してしまった。

マン・ユナイテッドのチャンスは1度のみ、アフロの緩いボレーだけだった。

前半は0-1で終え、後半へ。

 

ジェコ

ここで、クレバリーに代えてカガワくん投入で攻めるのか?。しかし、56分にコーナーキックからジェコにこの日2点目を足でダイレクトにゴール右に沈められてジ・エンド。

 

モイーズ

『いいスタートを切れなかったのは確かだ。序盤の15分は相手に押し込まれたし、開始40秒で失点を許したのが試合を難しくした。我々は好機を作れなかったが、徐々に良くなった。2失点目を喫するまでは好機も作っただけに残念だったが、力不足だった』

と語った天才モイーズ。

『クレバリーは負傷したため交代させた。先制されてからは苦しい上り坂となったが、相手の攻撃を止める解決策や、ゴールを奪う解決策を模索した。前半はいい形で終えられたが、後半いいスタートを切れたとは思わない』

『相手は非常に強かったし、我々は彼らのようなレベルに達することを熱望している。我々はもっといいプレーを見せなくてはならないし、まだ理想とするレベルに達していない』

『チームの責任は私にあるし、常に私が責任をとる。誰もが理想に達するまでに時間がかかると知っているし、私もそう認識している。当初から間違いなく厳しいシーズンになると思っていたが、今いる状況よりも上位を争うと見込んでいた』

『どんなクラブも再建はするが、我々には時間がかからないことを願う。チームには質の高い選手がたくさんいるし、最高峰の代表選手が多い』

ゲームは、終了間際にトゥーレにも豪快にゴール左隅に決められ0-3で敗れる。エティハドでサンドバックにされたのに続くシーズンダブルで終えたマンチェスター。

夏にどれだけお金を積んでも、どれだけのビッグネームを穫ってきてもモイーズでは勝てないだろう。

このゲームで輝きまくったシルバと消えていたマタの違いは?。

同じスペインのプレイメーカーで大きく違ったこのゲーム。チチャリートをトップに入れてルーニーを中盤に下げてゲームを作ろうともしたが全く上手く行かなかった。

結局、モイーズのプランは場当たり的感が否めない。元ユナイテッドの解説者ガリー・ネビルのコメントが全てだった。

『リバプールに完敗し、シティにも惨敗した。誰もリスクを恐れずに良いパスを出そうとしない。彼らは方針を再考する必要がある。攻撃に素早さもなければ、力強さもない。今の彼らは自己目標を失っている』

そして、このゲームの解説をしていた粕谷さんへの答え。

『ファン・ペルシーが居たらまた違ったか?どう思います??』

何も変わらない。そして全く駄目だったと思う。

 

モイーズ

“wrong one”

罵声を浴びるに相応しい内容に、僕はマン・ユナイテッドサポではないのだけれど、とても寂しいミッド・ウィークの朝となった。

腐っても鯛

ファン・ペルシー

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、マンチェスター・ユナイテッドVSオリンピアコス@オールド・トラッフォード。

ファーストレグを0-2で落としていたマン・ユナイテッド。プレミアでもレッズにボコボコにやられ、マンチェスターは解任、更迭に揺れていたと思いますが、2年連続プレミア得点王のロビン・ファン・ペルシーのハットトリックで、モイーズのクビは首の皮一枚繋がりました。

 

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

25分。

ラッキーなペナルティをゲットし息を吹き返したマン・ユナイテッド。

 

ファン・ペルシー

前半アデイショナルタイムにルーニーからのグラウンダーのピンポイント・クロスを豪快に蹴り込みアグリゲートスコア2-2。

夢の劇場は完全ヒートアップでした。

そして、美しい瞬間が後半早々の52分に訪れました。

 

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

美しい弧を描いた1発がネットを揺らし、そしてソレはネクスト・ラウンド進出への扉を開いた1発となりました。

チャンピオンズリーグで自身初となるハットトリックはお見事ですが、このゲームはやはりデ・ヘアがマン・オブ・ザ・マッチだったと思います。

 

デ・ヘア

3回は失点していてもおかしくなかったシーンがありましたが、完璧にセーブしゴールに鍵を掛けました。失点していればアウェイ・ゴールで敗退していたと思います。

この試合はラファエルとエブラがどんどん前へ上がって行きましたので、カウンターの厚みはありましたが、広大なスペースを与えもしサイドから失点の危機もありました。

2枚のセントラル(ジョーンズとファーディナンド)は相手のスピードに全く付いて行けず醜態を晒すのみでしたし、リードしてからのゲーム・マネジメントも心許なく落ち着きがありませんでした。

0-2からのバウンスバックは『腐っても鯛』と言ってイイと思いますが、ネクスト・ラウンドはヨーロッパのまさにトップ・オブ・エイト。

現状一番オッズは低いだろうと思います。

 

モイーズ

『抽選がどうなるか次第だが、だいたいは我々が不利な立場での戦いになるだろう。しかし、このクラブが(優勝)できると本当に思っている。ここまでは十分ではなかったが、我々が本来の力を発揮できれば、どんなチームとでも張り合えるはずだ』と語ったフットボール・ジーニアス。

しかし、優勝は完璧に不可能だと思いますね、まったく。

そして、今日もカガワくん出なかったなぁ〜。

“David moyes is a football genius”

スコア

モイーズ

という痛烈なアイロニー。

2013-2014・プレミアリーグ第30節、マンチェスター・ユナイテッドVSリヴァプール@オールド・トラッフォード。

ヤング・レッズが躍動!!・・・っていうか、モイーズは度し難い。

“ナショナル・ダービー”でその天才ぶり如何なく発揮した。

前半から押し込まれ、ラファエルのハンドでペナルティを献上。ジェラードにコレを難なく決められてリードを許す。

まぁ〜いいだろう、こういう事もある。

後半開始1分にはフィル・ジョーンズが後ろからアレンを押し倒し本日2本目のペナルティを献上し、あっけなく2点のビハインド。

・・・。

百歩譲って、これも仕方ない。

そして、ここからだ。

解説のイッペイさんもおしゃっていたが、3点取りに行って欲しいのだが、置物のように全く動かないモイーズ。ファン・ペルシーは機能せず、右サイドのヤヌザイはドリブルを仕掛けてはロストを繰り返し、アフロはポジショニングが悪過ぎてパスが上手く回らない状況で、ピッチサイド虚しい指示を出すのみだった。

選手交代が出来る時間が決められているとでも思っているのだろうか。

ヤヌザイに代えてカガワくん、ファン・ペルシーに代えてウェルベックだろうが!!。『シンジは今より多くの出場機会を得るだろう』ってなんだったんだ、ったく。

70分を過ぎてようやくヤヌザイに代えてウェルベック、アフロに代えてクレバリーをピッチに入れた。

クレバリー?。どんだけクレバリーが好きなんだ。開いた口が塞がらない。

この何がイイか全く理解出来ない中盤に何を期待していいるのだろう。そして、投入した途端にヴィデッチがこの日3本目のペナルティを献上(コレはスタリッジのダイヴだったけれど)し2枚目のイエローカードで退場となった。

このペナルティはジェラードが失敗したけれど、結局ファーディナンドを投入する羽目になって攻める機会はとうとう訪れなかった。

ゲームは84分にスアレスにネットを揺らされ0-3で終了した。ブレンダン・ロジャースによって進化しているリヴァプールに全く歯が立たなかったモイ・ユナイテッド。

『監督の仕事はいつだって厳しいものだった。考えていたよりも厳しいかって? そうだ。その通りだと言えるだろう』

真性のアホだ。

『みんなが失望している。結果を残せなかったことに、ユナイテッドのサポーター全員が失望しているんだ。失点もそうだが、失点に至った過程にも失望している。ペナルティについては、正しい判定とそうでない判定があった。十分な良いプレーはできていなかったが、ゴールを許すような内容ではなかった』

『後半は良いスタートを切って流れを取り戻せると思ったが、再びペナルティを与えてしまった。すべてがうまくいかなかった。0-2となってからは良いプレーもあって、いくつかのチャンスをつくり、試合を取り戻そうとしたが、十分ではなかった』

良いプレイ???。

『ファンは素晴らしかった。彼らのチームへのサポートは称賛されるものだったよ。もし水曜日に行われる試合でも同様のサポートをしてくれれば、我々がチャンピオンズリーグで勝ち上がるチャンスはあるだろう』

『選手たちも水曜日の試合が何を意味するか理解している。我々には、やるべきことがあるんだ。それができることを願っている』

願うことしか出来ないのか?。

ユナイテッド・サポータは、“ripping the heart”されたというのに。切り裂かれた心を取り戻すには、オリンピアコス相手に逆転するしかない。出来なければ更迭だ。

チャンピオンズもライブ視聴してやろうと思います。

 

ジェラード

『僕たちは勝つためにきた。それは難しいことだけど、それぞれが自分たちのフットボールをする必要があった。今夜はこの勝利を楽しむよ。でも、早く次に進まなければいけない。僕たちは真の競争相手であることを示した。リヴァプールは(タイトルを獲得できると)信じているよ』

『ただ、何度も言ってきたけど、話すだけなら簡単だ。僕たちは(次節)カーディフ戦でもユナイテッド戦のように戦わないといけない』と語ったキャプテン・ジェラード。3本のペナルティを決める珍しいチャンスがありましたが、ご愛嬌かな。

勝利に相応しかったレッズ。フットボール内容も良く、来シーズンは久しぶりにチャンピオンズでも観ることが出来そうですね。

Ten things Moyes has got wrong at United

モイーズ

Getting the big names firing(ビッグネーム達をお払い箱に)

マンチェスターイブニングニュース電子版に『マン・ユナイテッド、モイーズが犯した10の過ち』が載っていました。そのうちの一つが上記タイトルで、カガワくんの力を引き出すことに失敗した、ファン・ペルシーは怪我でもがき、多くのプレイヤーが期待を大きく下回った等々が書かれていました(たぶんそんな事が書いてあると思います。何分、中学生レヴェルの英語力なので・・・詳しくはコチラ)。

ルーニーの調子が上がったことだけが、唯一ポジティブな出来事では寂し過ぎますね。

チャンピオンズでの対オリンピアコス戦@ヨルギオス・カライスカキスをドルトムントのゲームの後に観ましたが、目も当てられませんでしたもんね。

前半終了間際の38分に失点(けっこう偶然の産物だったと思いますが)し、後半開始早々の55分にゴラッソを沈められ、良いところなく敗れたマン・ユナイテッド。アウェイゴールを一つでも返せばオールド・トラッフォードで充分逆転可能だと思いましたが、ファン・ペルシーのシュートは大きく枠を越えてしまい90分を終えました。

ネットで面白いポジショニングのチャートが出ていましたが、中盤のプレイヤー達のポジショニングが悪過ぎます。右サイドで先発したアシュリー・ヤングの地面(ボール)しか見ていないプレイにも草が生えました。

ファーストレグをアウェイに乗り込んだチームで唯一敗れたマン・ユナイテッド。このままクロスでドカンでは、オールド・トラッフォードで凄まじいブーイングが起るのではないでしょうか。

やっぱカガワくんを先発させるべきだと思います。

 

カガワくん

the Japanese playmaker will depart in the summer。

って記事にありましたが、この夏に本当にグッバイとなるのでしょうかね?。ネットのチャートではカガワくんのポジショニングは完璧だったんだけどなァ〜。ソレを活かすことが出来ないモイーズ。全ての元凶はソコなんだけどなァ〜。

ミュンヘンからクロースやドルトムントからロイスやギュンドアンを取っても絶対変わらないと思います。

とほほ・・・。

モイーズのゲーム後のコメント。

『欧州での我々は最悪のプレーだった。それは確かだ。本当に今夜はひどいパフォーマンスだった。我々は最初からまったく試合に入れなかった。今日のプレーでは、何にも値しない。我々は良い調子で、良い精神状態で試合に臨めたのだが、今日はそれを見せられなかった』

『私は責任を負う。私のチームであり、常にそうする。今日の我々は良いプレーができなかった。もっと良いプレーをしなければいけない。そして我々にはそれができる』

『唯一良かったのは、もう1試合あるということだ。選手たちも傷ついている。自分たちのプレーを分かっているんだ。だが、ここにはチームがある。我々はともに団結していくよ』

『セカンドレグがある。オールド・トラフォードは、これまでも素晴らしい夜を目にしてきた。私はまたそうなることを願っているよ』

なんか、駄目な上司の典型のような発言です。役に立たないプライド(見栄)だけはあって、根拠無希望的観測。

だから、願ったら駄目なんだって!!。

 

マン・ユナイテッド

『僕がプレーしたいと思っているスペースを、チームメートがよく埋めてしまうんだ。そうなることで、そのスペースに入るのが難しくなってしまい、彼らのポジションに基づいた走りで調整する必要が出てくる。残念なことだが、彼らは僕のゾーンでしばしばプレーしているんだ。本当に残念だよ』と語ったファン・ペルシー。

全然団結してねェーーー。もう、チチャのワントップでいいんじゃね?。

おしまい。