“James Night” with manita

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

何故かエントリーが消えてしまったので再エントリー(コピペ)。

アシストに豪快すぎるFKと美しいオーバーヘッド。バルサのゲームから連続ライブ視聴しましたが、開幕戦を外された鬱憤を晴らすかのようなハメス・ロドリゲスのスペシャルな活躍。マニータのおまけ。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第2節、レアル・マドリードVSベティス@サンティアゴ・ベルナベウ。

(決まらなかったけど)セルヒオ・ラモスが見せたオーバーヘッドの方が強烈でしたが、それでもスーパーなプレイでネットを揺らしたハメス・ロドリゲス。ベンゼマのヘッドやベイルの豪快なミドル等、開幕戦のスコアレス・ドローの失態を払拭するマドリーの攻撃陣が爆発した一戦でした。

ベティスがヘボ過ぎて致し方なしですが、これでマドリーが上昇気流に乗るのが鬱陶しい。CR7は二戦不発ですが、BBC揃い踏みとなれば(当たり前だけど)かなり脅威です。

MSN対BBC。ここまで波乱含みのリーガですが、やっぱり2強かなぁ。インターナショナル・マッチ・ウィークが開けると、何かが見えてくるかもしれません。

ベニテスには死んで欲しかったんだけどなぁ。

 

ベンゼマ

マドリーの真ん中はやはりベンゼマですね。

フリーのロナウドにパスを出さずシュートをセーブされたシーンがありましたけど、やっぱりしっくりきます。

 

ベイル

ベイル

開始2分にハメスの絶妙なクロスに飛び込んで、ヘッドを沈めたベイル。それで気を良くしたのか、後半にドリブル・ミドルを豪快に捩じ込みました。

 

マドリー

あとはロナウドだけとなった白い巨人。

このままロナウドには眠っていて欲しいけど・・・、覚醒は時間の問題でしょう。

バルサも早く目を覚まさないとね。

厄介ですな。

広告

落ち着こうゼ、兄弟

ハメス&ネイマール

因縁のリマッチでしたが・・・。

2015・コパ・アメリカ、グループC第2節、ブラジルVSコロンビア@スタディオ・モヌメンタル・ダヴィド・アレラノ。

なかなか風邪が完治しないなか観ましたが、ネイマールがやってくれました(途方もなく悪い意味で)。コロンビアに先制されて、なかなかゴールが奪えず、主審のクソなジャッジにフラストレーションが溜まりまくるセレソンのNo10。結局ゴールすることが出来ず、事件は(0-1で敗れた)ゲーム終了後に訪れました。

 

ネイマール

ネイマール

お見事(笑)。

笑っちゃいけませんが、コロンビアのDFアルメロのリアクションがジワジワ来ます。(いけませんが)当たったのがスニガだったらホント凄かったんだけど。

 

ネイマール

(ゲーム中にイエローを貰ってましたが)もちろん1発レッド。

怒り狂ったセビージャのバッカもレッドで両成敗でしたが、このゲームの主審は確かにクソでした。

『試合中ずっとストレスを感じていた。僕は試合に負けるのが嫌いだし、プレーで負けるのが嫌いだ。でも、下手くそなレフェリーのせいでストレスを感じていたんだ。彼は愚かにも僕に警告を出して、出場停止に追いやった。泣きたいくらいだ』

何試合出場停止なのかな(泣)。

『ハードで難しい試合だった。簡単な試合なんてないんだ。僕らは同点にするチャンスをつくったけど、今日は正しい形にできなかった』

『僕らはアウェーでプレーしているんだ。それは常に難しいことなんだよ。コパ・アメリカなんだ。目標達成のために最後まで戦わなければいけない。難しいしハードだけど、僕らは続けなければいけないんだ。困難を乗り越えなければいけない』

『どうしてネイマールがナーバスだったのかは分からない。主審も咎められるべきだ。(ネイマールへの)イエローカードも間違っていた。彼らは、自分たちが主役だと考えるのをやめるべきだ。彼らは、レフェリングのためにいるんだ。ブラジルの試合ではいつもこうだ』

とダニ・アウヴェスは語りましたが、(アルゼンチンもそうだけど)点が取れないのは深刻ですね。

ネイマール抜きで真価が問われるセレソン。決勝トーナメントには進むだろうけど、アルゼンチンとのファイナルは無いかなぁ(泣)。

ラモス醜態、モラタ輝く

ラモス

最近流行のアンカーで起用されたセルヒオ・ラモスでしたが、トリノでは醜態を晒すこととなりました。そしてモラタ・・・。マドリーのカンテラ出身のストライカーが見事なプレゼンスを発揮。素晴らしかったですね。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、ユヴェントスVSレアル・マドリード@ユヴェントス・スタジアム。

マドリー、ミスが多すぎました。バランスを欠いていました。ユーヴェの2トップ(テヴェスとモラタ)にかなり縦パスを通されて、前を向かれました。マルセロも目を覆うばかり。サイドをけっこう突破されて危ないシーンを演出してしまいました。

 

モラタ

モラタ

モラタ&テベス

ゲームは、8分。テヴェス(何故か左サイドでフリーでした)のシュートをカシージャスがセーブしましたが、その溢れ球をオンサイドからペペの裏を取ったモラタが押し込みユーヴェが先制しました。

モラタ、ポストプレイも上手くなってますね。ボールがよく収まってましたし、縦への突破力もあってスリリングな9番になる階段を登っていますかね。最終的には、レヴァンドフスキくらいにはなるんじゃないでしょうか。

この1点で落ち着いたユーヴェ。しかし、落ち着き過ぎでした。アウェイゴールが即致命傷になるノックアウト・ラウンドで、一瞬の隙からロナウドにネットを揺らされました。

 

ハメス・ロドリゲス

ロナウド

ロナウド

ロナウド

ハメス・ロドリゲスが一瞬右エリア内でフリーとなって中へクロスを放り込み(ユーヴェにとっては寄せが甘かった)CR7がフリーでヘッドを叩き込みました。それにしても、CR7はイイところにいますね。横にピルロがいましたが、ピルロが捕まえるのは無理がありました。

前半終了間際にマルセロからイスコと渡ってイスコのクロスに飛び込んだハメス・ロドリゲスのヘッドがバーを叩くシーンがありましたが、前半は1-1で折り返し。マドリーにとっては貴重過ぎるアウェイゴール。ユーヴェはもう1点とは言わず2点取る必要がありましたが、後半57分にカウンターからテヴェスがエリア内で倒されペナルティをゲットしました。

 

テベス

テベス

マルセロのシュートをブロックで跳ね返してからのカウンター。モラタも後ろを並走した(マルセロが引っ掛けた)カウンター。勢いがありました。カルバハルの応対がちょっと拙かったです。

テヴェスがど真ん中に蹴り込んで2-1となりました。

 

ユベントス

ユーヴェは最低限の勝利でベルナベウへ。

 

ロナウド

アンチェロッティ

『もっと良いパフォーマンスが出来たはずというのは事実だ。我々は効果的ではなかった。だが、コントロールしようと努めたよ。少し不運もあった。1-1のときに(ハメス・ロドリゲスのシュートがクロスバーを叩き)追加点に迫ったからね』

『だが、1−2というスコアには満足している。逆転できるという自信があるからだ。良い結果ではない。だが、悪い結果でもないよ。我々は忍耐強くなかった。ライン間で少し明確さを欠いたんだ。だから序盤に少し苦しんだんだ』

(酷すぎた)セルヒオ・ラモスについて

『悪かったのはセルヒオだけじゃない。全体的に、我々はいつもよりミスが多かった。いつもより後方で苦しんだ。ユーヴェはとても高い位置からプレスをかけてきた。セカンドレグでは、最初の15分のようなプレーをしてはいけない』

憎き古巣に勝利することは叶わなかったミステル。

ラモスのデキが全てでした。まぁベルナベウで得点するでしょうし、問題はないか。

 

モラタ

『勝てたことはうれしいけど、マドリーを倒すのは難しいことだ。セカンドレグに向けてしっかり準備をしなければいけない。マドリッドでは多くのことをしなければいけないだろう。僕らのモットーは全力を尽くすことだ。今日はそれをして、勝つことができたよ』

『僕ら全員が良い試合をしたね。でも、まだこれからだ。0-0のつもりでセカンドレグに臨まなければいけない。勝利を目指す。引いて守ったら彼らが得点を挙げ、僕らが敗退することになるのは間違いないね。ベルナベウでの彼らがより危険なのは分かっている。マドリーとの対戦だから、アドバンテージなんてない。本当に大変な相手なんだ』

モラタ、良かったなぁ。

何気ない

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

ミッドウィークの朝に、何気なくライブ視聴。

眠い・・・。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第16節(延期分)、レアル・マドリードVSセビージャ@サンティアゴ・ベルナベウ。

何気なく、セビージャが引き分けでもしてくんないかなぁ〜と思って観てましたが、甘かった。

マルセロ(このゲームでマドリーでのオフィシャル・マッチ通算300試合出場達成)の、何気ない美しいクロスにハメス・ロドリゲスが飛び込んで難なく12分に先制。

何気なく失点したセビージャ。

チャンスはあったんだけど、何気なくモノにできない・・・。

36分にも、何気なくイスコからベンゼマと渡り、最後にヘセが何気なくネットを揺らし2-0に。こうなっては、ベルナベウで勝ったことのないウナイ・エメリ(苦虫を噛み潰していました)では如何ともし難い。

後半にも、このゲームのハイライトとなる美し過ぎる崩し(ワンタッチ・ツータッチで、クロース→イスコ→ベンゼマ→イスコ、ヘセ→マルセロ→ベンゼマ)を披露した(フィニッシュだけ上手く決まりませんでした)白いゴリアテ。

終了間際に、何気なく失点はしましたが、ロナウドの出場停止試合を何気なく連勝で乗り切って、週末のマドリード・ダービーへとなった。

セルヒオ・ラモスが筋肉系のトラブル、ハメス・ロドリゲスが右足第五中足骨の骨折、マルセロが累積警告で出場停止となり薄くない暗雲が立ち込めてはいるが、面白いダービーとなりそうだ。

 

マドリー

何気なく睡眠を削って観てしまったゲームで、悔しくも美しい崩しに目を奪われてしまった木曜の朝。

愛しのバルサとは勝ち点差『4』。

ロヒ・ブランコに頑張ってもらうしかないかと何気なく思い、一日が終わった。

 

イスコ

追伸:何気なくはないブラヴォ過ぎるイスコ。

スゲェーわ。

個人的ベストゴール3選(2014)

大掃除を終えたら(悲しいかな雨)毎年恒例の、個人的ベストゴール3選(一昨年昨年)の季節がやってまいりました。年末年始休暇に入って、大掃除も終えてホッと一息。今年はワールドカップがありましたので、やはりソレが印象に残っていますかねぇ。

では以下。

 

【第3位】

ラムジー

ラムジー

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD最終節、対ガラタサライ戦でのアーセナル、アーロン・ラムジーの豪快過ぎた1発。

正直、消化ゲームだったので録画していたものを観たのですが、ライブ視聴したかったと後悔です。ラムジー自身『間違いなく自分のベストゴール』と語っていましたが、コーナーキックからの溢れ球をダイレクトに叩いた素晴らしい1発でした。

 

【第2位】

セルヒオ・ラモス

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ファイナル@リスボンでのマドリー、セルヒオ・ラモスのヘッドが第2位です。94分に飛び出した『愛すべきクソッタレ』の起死回生の1発。アトレティコがビッグイヤーに片手を掛けていたゲームでしたが、このヘッドで追い付き、ベイルが続いてマルセロがトドメを刺してオマケにロナウド。悔しいけれど、偉大過ぎるデシマ達成の瞬間でした。

アトレティコの勝利で良かったんだけれどなぁ。フットボールの女神は残酷でお金持ちが好きなようです。

では第1位。

 

【第1位】

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドレゲス

今年はこの1発で決まりです。

ノックアウト・ラウンドでのウルグアイ戦で飛び出したコロンビア、ハメス・ロドリゲスの美しすぎるボレー。(けっこう簡単に言ってしまいますが)これこそが、まさにブラヴォ。

マドリーへの移籍の扉を開いたと言っても過言ではないビューティフルな1発、忘れることができない1発となりました。

今年は例年以上にフットボール三昧の1年でした。代表戦も豊田スタジアムで観ましたし(コチラ)、充実した1年でしたね。来年はアジアカップが年明け早々にありますし、no football no life、全ての愛すべきフットボーラーに感謝です。

そして我が家は明日(もう今日ですが)から恒例の温泉旅行、今年は加賀・山中温泉へ行ってまいります。2泊3日で一年の疲れを癒して新年を迎えたいと思います。

では皆様、よいお年をお迎えください。

UEFA Super Cup 2014

CR7

madrid

『スーパーカップの良いところは、勝ったらうれしいが、負けてもそれほど叩かれないところにある』byユルゲン・クロップ。

UEFA・スーパーカップ・2014、レアル・マドリードVSセビージャ@カーディフ・シティ・スタジアム。

いよいよ開幕って感じのヨーロッパ・フットボール。

UEFA SuperCupはリーガ勢の一戦となりましたが、充実一途のマドリーがCR7の2発であっさり快勝でした。カウンターに磨きを掛けて昨シーズンより厄介な感じでしょうか。特にベイルと新加入のクロース。

やれやれです。

 

ロドリゲス

鳴り物入りのハメス・ロドリゲスはまだまだって感じでしたが、時折り見せる“天才”の片鱗はこれまた厄介です。

 

ベイル

母国ウェールズに凱旋したガレス・ベイル。

ゲームでは、ロナウドへの秀逸な左サイドからのピンポイントクロスで結果を出しました。ワールドカップに出てませんのでフレッシュだし、チームメイトとの連携も昨シーズンより良さげ。

 

マドリー

はやくも1冠のマドリー。

昨シーズンのバルサ同様、プレシーズンの王者となってリーガ&チャンピオンズ等は失速(このゲームはカシージャスがゴールを守りましたが、今シーズンはカシージャスなのかしら)してもらいたいものです。

次週はスーペル・コパ@マドリード・ダービー。

シメオネ・アトレティコの今シーズンはどうだろう?。バルサのクレはそっちも気になります。

 

クロップ

その前にドイツ・スーパーカップ(ミュンヘンVSドルトムント)も観なきゃ・・・クロップ・ドルトムントの今シーズン(レヴァンドフスキがミュンヘンに去った)もやはり気になります。

フットボールのシーズンがまた始まりますね。

ブラジル・ワールドカップ、大会ベストイレブン

ベストゴール3選に続いて大会ベストイレブンを選考してみました。難航したのが左サイドバックですかね。攻撃的なブラジルのマルセロ(レアル・マドリー)が好みではあるのですが、クロアチア戦でのオウンゴールとミネイロンの惨劇で選考外に。フォーメーションは『4-3-3』です。

では、まずはゴール・キーパーから。

 

ノイアー

マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)。

手を使えるリベロと称されました。今大会はキーパーが目立った大会でもありましたが(オチョアやケイラー・ナバス、ハワードやクルトゥワもいいゴール・キーパーですが)、やはり総合力No1で文句なしでしょう。

続いてDF。

 

ラーム

フィリップ・ラーム(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)。

 

フラール

ロン・フラール(オランダ/アストンヴィラ)。

 

フンメルス

マッツ・フンメルス(ドイツ/ドルトムント)。

 

ダニー・ブリント

ダレイ・ブリント(オランダ/アヤックス)。

フラールとブリントには異論があると思いますが、まぁスルーでお願いします。左サイドバックが全く思いつきませんでした。フラールはスピードこそありませんが、プレミアで揉まれた屈強さを前面に結構完璧にプレイしていたと思います。メッシも抑えてましたしね。

そしてMF。

 

マスチェラーノ

ハビエル・マスチェラーノ(アルゼンチン/バルセロナ)。

 

トニ・クロース

トニ・クロース(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)。

 

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス(コロンビア/ASモナコ)。

この3人も文句ないでしょう。アンカーのマスチェラーノは獅子奮迅の活躍でした。クロースはクライフに『パーフェクト』と賞讃され、ブレイクしたロドリゲスと共にマドリーへの移籍が噂されています。

バルサっぽいんだけれどなぁ。

シャビの後継者はクロースだったハズなのにマドリーって。シャビ・アロンソの後継者になるのかしら。展開力も備えるマスチェラーノとクロース、一瞬の閃きとテクニックに溢れる天才ロドリゲス。

文句なし。

では最後にFW。

 

ミュラー

トーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)。

 

メッシ

レオ・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)。

 

ロッベン

アリエン・ロッベン(オランダ/バイエルン・ミュンヘン)。

なんかミュンヘンのプレイヤーばかりとなってしまいましたが、ロッベンもキレキレだったし、曲者ミュラーは外せません。敢えて外すならメッシですが、真ん中は誰だろう?。結局はどの国もリアル・センターFWに人材が居ません。怪物を輩出してきたブラジルでさえフレッジという状況でしたもんね。スペインの凋落と共にゼロ・トップも廃れていく運命かもしれませんが、ロシア大会はリアル・センターFWの台頭に期待したいと思います。

あっ・・・、メッシを外してこの人でもいいですが、怪我をしたのでサブということで。

 

ディ・マリア

ディ・マリア(アルゼンチン/レアル・マドリード)。

ファイナルに出場していたらまた違った結果になったでしょうか?。そして、もう一人残念な結果になった方をあげておしまいにしたいと思います。

 

ネイマール

ネイマール(ブラジル/バルセロナ)。

ネイマールが出場していてもミネイロンの惨劇は回避出来なかったでしょうね。早く怪我を治してメッシ、スアレスと共にスペクタクルを観せてもらいたいものです。