“Jack Bauer” is Back

一世を風靡したアメリカのTVドラマ『24』がwowowで本日20時から24話一挙放送されます。今月から毎月1シーズン、全8シーズンを一挙放送。『24』大好きとしては観ないとですが、24話一挙って・・・。

『事件は、リアルタイムで起こっている』

小山さんの吹き替えが蘇り、テンションがあがりますが、レコーダーの容量をかなり圧迫するので止めて欲しい(笑)。

『本当にすまないと思っている』

広告

休日の過ごし方②

昨年、会社の忘年会でいただいたガンプラ(ビンゴの景品)。

リアルグレード 1/144スケールモデル・RX-78-2 ガンダム。

『1年戦争』大好きの@uemachiですが棚の奥に眠ってました。

連邦の白いヤツ、これを今年中に完成させよう。今年中?大丈夫かな??

 

我が家のシャア専用ズゴック。

ジムがあれば名シーンを再現できるのですが・・・。

イン ザ・ミソスープ

個人的村上龍ランキング第3位の1997年に刊行された本書。

20歳で、トウキョウで、英語が完璧に話せないけど外国人観光客相手に風俗のアテンドをしている主人公ケンジと、その顧客となった殺人鬼フランク。物語は静かに、トウキョウの歓楽街で進行していきます。フランクに違和感を感じながらもアテンドするケンジ。物語の3分の2ほどで殺戮(エゲツナイ描写です)を実行するフランク。

『子どもの殺人に原因はないよ、幼児が迷子になるのに原因がないのと同じだ、親が目を離したから?それは原因じゃなく子供が迷子になる過程の一つにすぎない』

物語の終盤で自身の半生について告白するフランク。

当時、実際に神戸で起こったショッキングな事件に対して、想像力と現実がわたし(村上)の中で戦った・・・とあとがきに記されてますが、理屈っぽい文章が身体に次々と入ってくる、モノを書く、何かを表現するってこういうことなんだと思った1冊は、15年経った今でも驚くほど受け入れることができました。

ファンだからでしょうか。

最後にヒトコト。

読書の秋に読む本ではないと思います。

ジッポーメンテナンス備忘録

フリント(発火石)がなくなり、メンテナンスを兼ねて交換を行いました。

前に交換したのがいつだったか忘れてしまったので、記しておこうと思います。半年くらいはもつかな?外も中も磨いてピカピカになりました。オイルと発火さえできれば必ず点くジッポー。使い込んで味を出したいものです。

 

第2次世界大戦時に、ドイツ兵に狙撃されたアメリカ兵の命(胸に入れていた聖書を貫通しジッポーの所で停弾した)を救った逸話を持つ、由緒正しい永久保障のオイルライターです。

窮地を救ったマエストロ

リーガ第5節、バルセロナVSグラナダ@カンプ ノウ。

昨シーズンなら勝ち点をロストしていたであろう難しいゲームでした。前半からボールを支配するバルサでしたが、アタッキングサードで効果的なパス交換もドリブル突破もできず、クロスを虚しく放りこむばかり(解説していた安永くんの意見に1票ですが、今シーズンのバルサはクロスを蹴るシーンが多いです)。メッシのシュートもデイフェンスの脚やグラナダ守護神トーニョにブロックされ、得点を奪えません。苛立ちから今シーズン初スタメンのビジャとのかなり激しい口論も全世界に映しだされたりしました。プライムタイム用に何度も映し出されてましたね。

前半をノーゴールで終えたバルサは後半もなかなか思うような攻めが出来ず、ティトはビジャとチアゴに見切りを付けて、今シーズン好調なペドロとシャビを投入し打開を図りました。

『マエストロ』シャビが入ったことによって血の廻りが良くなったバルサでしたが、トーニョの前半を上回る神懸り的なセーブにゴールマウスを抉じ開けることができません。そんなジリジリした展開で残り15分に最後のカード、テージョをアドリアーノに代えて切ったティト。チャンピオンズでも見せた『3-4-3』にトランスフォームを指示し、10人全員が敵陣に侵入し攻勢を強めました。

度し難いミスでスーペル・コパのタイトルを失う原因となったヴァルデスの胸にシュートを蹴り込むグラナダフォワードの一対一での失態で、胸を撫で下ろすシーンがあった直後の87分についにゴールを捻じ込むことに成功します。

相手のクリアボールがエリア中央手前にたシャビのもとに零れてきたのをが拾い、左へボールを置いて右脚アウトに掛けてシュートを放ちます。その美しい軌道は、ゴール左サイドのバーの下にあたり、ワンバウンドしゴールラインを超えて待望の得点を手にしました。更に、メッシがアディショナルタイムに左ゴールライン付近から折り返した速いグラウンダーのクロスがオウンゴールを誘発し、2-0で勝利し開幕から無傷の5連勝。

チャンピオンズリーグ初戦同様の際どいゲームを勝ち切りリーガで先行です。

次節はホーム、サンチェス・ピスファンでマドリーを沈めたアンダルシアの雄、セヴィージャとの一戦です。

 

秀逸で威力抜群の一発でした。

 

喜び合うメッシとシャビ。

今夜はプレミアではナショナルダービー(カガワくんも出場するはず)があって、その後マドリーの試合と大忙しです。

休日の過ごし方

休日はだらだらネットや読書、溜まっている録画の消化で潰れてしまうことが多いのですが、今日は『ドラセナ』を植え替えると決めていたので、気持ちのイイ朝に実行しました。といっても、この前に雑貨屋で仕入れた鉢に土を入れるだけ。

5分で終了です。

あとは液体肥料(ハイポネックス?)が届いたら注すだけです。

無事越冬し、大きくなって欲しいものです。

 

ドラセナ サンデリアーナ。

ドラセナ属はスズラン亜科の属の一種だそうですが、???。別名『竜血樹』がカッコよく厨二的ですが、高木になるものをいうので観葉植物は違いますね。幹を切ると赤い樹液がでるそうです。

情熱を秘めて

@uemachiのフットボールアイドル、リオネル・メッシについて書かれた本書を読んでみました。

2009年~2011年のことが書かれています。

2009年に著者レオナルド・ファチオ氏がインタヴューに成功したのはたった15分。それも9ヶ月も待たされたと書かれてます。しかし、その内容はほとんどなく(15分だし)、家族や元チームメイトに代理人、メッシを育てた『ラ・マシア』の人達や学校の先生等々他多数への取材で得たことを中心に、世界一のフットボール・アイコンの実像に迫ってます。

野菜と魚が嫌いで初対面の人と目を合わせて話すことが苦手な『内気な少年』とその家族が成し遂げた、病気と貧困から抜け出すアルゼンチンドリーム・・・という感じは全くなく、淡々と『神』を記そうと試みています。

クリスティアーノ・ロナウドやデヴィッド・ベッカム等のようにアルマーニを着こなし、ゴージャスなモデルやアイドルポップスターと腕を組んでメディアやレッドカーペットに登場すこともありません。(昨年のクラブワールドカップで来日した時のヨドバシカメラで目撃された衝撃のファッションでも証明されています)

フェラーリやポルシェを数台所有することもなく、故郷アルゼンチンとバルセロナに1軒ずつ家が持てればそれで満足なんだ・・・のコメント。

『成長ホルモン欠乏症』の治療費を全額負担してくれたバルセロナへの忠誠。

フットボール以外はシエスタが好きで、どこにも行きたがらない軽い引き篭もりのような世界一のフットボーラー。

最初の代理人との泥沼の訴訟合戦、CM撮影などで使われる影武者の存在と2人いる兄の一人が7件もの訴訟を抱える犯罪者という事実が@uemachiにとってセンセーショナルな1冊でした。