アウェイ・ゴールの行方

ミケル1

ミケル

このシステムの考案者は表彰されていい。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、パリ・サンジェルマンVSチェルシー@パルク・デ・プランス。

いよいよ始まったノックアウト・ラウンド。その一発目のゲームは、もちろんこのゲームをセレクトしました。3シーズン連続マッチアップの両者ですが、モウリーニョだけがいない(笑)。でもそれ以外でも違いがありました。パリのポゼッションが洗練されていました。個のドリブル突破も併せてチェルシーゴールへアタックできていました。しかしフットボールは分かりません。ゴールに最も近づいたのはチェルシー。ジエゴ・コスタのヘッドが枠を捉え、パリのGKトラップが間一髪右手でセーブし事なきを得ました。低迷してるとはいえやはり油断ならないチェルシーといったところでしたが、最初のゴールはこの男が齎しました。

 

ズラタン

39分。ゴール正面やや左からズラタン・イブラヒモビッチがFKを捩じ込みパリが先制です。壁の右端のミケルに当たってコースが変わるラッキーな一発。このFKの前にもズラタンが一度FKを蹴ってましたが(それは壁の上を越えて枠を外れました)今度は低く抑えての一撃。パリが貴重な先制ゴールをモノにしましたが、もちろんコレで終わりません。次は、貴重なアウェイ・ゴールを前半中にチェルシーがモノにしました。

 

チェルシー

チェルシー1

アディショナル・タイムでの右CKから、コスタが擦らしたボールをミケルが蹴り込み振り出しに。単に振り出しに戻しただけではない貴重なアウェイ・ゴール。過去2シーズンを振り返っても、アウェイ・ゴールで全てが決まっています。このゴールが180分の戦いを本当に面白くしてくれます。

追いつかれたパリは、後半さらに攻勢に出ます。しかし、専守防衛を基本的に得意とするチェルシーの壁を突破できません。焦れる時間が続きましたが、チュパチャップス・ブランが74分に放った一の矢、エディソン・カバーニが78分に早速結果を残しました。

 

カバーニ

ディ・マリア(だったかな)のパスにオフサイドラインを掻い潜ってエリア内に侵入したカバーニ。右サイド深い位置で角度が無いところを溜めてダイレクトで蹴った一撃は、図ったようにクルトゥワの股を抜いてネットに突き刺さりました。

クルトゥワの足が開くのと同時のタイミングが秀逸すぎました。南米のリズムなんだろうなぁ。日本人FWでは無理と痛感した一撃でパリがリードをモノにし、スコアはこのまま2-1でロンドンへ向かうこととなりました。

 

カバーニ

殊勲の勝ち越し弾を沈めたエディソン・カバーニ。南米のFWらしい一発でした。

 

イブラヒモビッチ

FKは沈めたズラタン王ですが、終了間際のチャンスも決めていれば・・・。

 

パリ

『チームは良かった。良いフットボールが出来ていた。チェルシーに驚いたりはしていない。ヒディンクは落ち着きをもたらし、少しずつ改善している。カウンターは脅威だね』(ブラン)

『この勝利は大きい。でも危険な結果だ。まだすべてがオープンだ。イングランドでは僕たちが失点をしてはいけない』(マルキーニョス)

 

チェルシー

3月9日のスタンフォード・ブリッジで、三度目のマッチアップはどのようなフィナーレを迎えるでしょうか。チェルシーは今日のアウェイ・ゴールを活かせるか。過去二度はどちらもドラマティックでした。それに負けないフィナーレを期待したいものですね。

 

ペドロ

最後に元バルサ、ペドロとマクスウェルの邂逅を。

ペドロ、相変わらず運動量は多いけど脅威って感じではないんだよなぁ。頑張ってもらいたないなぁ。

広告

幸運を

ペドロ

ペドロ

『僕は後半40分からの男ではない』

初めて観た印象は、『よく走るなぁ〜』だった。それも、両手を豪快に回し前からボールを追いかけていた。ピッチの何処にいても、走り方で分かるプレイヤーだった。

左右のどちらの足でも正確なキックが蹴れて、切り返しも上手だ。高さは無いけれど、そこそこスピードがあって、自分を犠牲にできるチーム・プレイヤーだった。

『ラ・マシア』からトップチームでプレイする栄光を手にできる「実力」と「運」を持っていて、バルサでの活躍とともに『ラ・ロハ』にも招集されてビッグ・タイトルも手にすることができた。プジョルやシャビのようにはいかないけれど、セスクよりは愛されヴァルデスのようにワガママではない。

そんなペドロ・ロドリゲスは、かねてより噂されていたマン・ユナイテッドではなくモウのオヤジが待つロンドンへ。

寂しくなるが、ロンドンでの活躍を祈る(もう1G1Aを記録)。君の走り方とパンチパーマを僕は忘れないよ。

幸運を。

4冠目

バルサ

バルサ

UEFA・スーパーカップ・2015、バルセロナVSセビージャ@ボリス・パイチャーゼ・アレナ、トビリシ。

屋久島ヴァカンスに旅立つ朝にライブ視聴。ゲームとしては面白かったですが、バルサ的には改善が必要なゲームでした。

『最初の50分はうまくいった。でもそれから、僕らはリラックスしてしまったんだ。疲労もあった。それが助けにならなかった』とメッシはゲーム後にコメントしたみたいですが、開始早々の3分にバネガにFKを沈められ『おいおい』って感じでしたね。それでもレオ・メッシが早々にFK返し(それも2発)。コパ・アメリカで再び悪夢を見たメッシですが、バルサでは今シーズンも楽しみです。

 

メッシ

メッシ

7分と15分に沈めた美しい(技ありと豪快)2発。

 

ラフィーニャ

前半終了間際の44分には、カウンターから単騎でアタックを仕掛けたスアレスが、一度はキーパーとの一対一を止められましたが、溢れたボールを拾ってキープ。駆け上がってきたおたふく風邪で休みのネイマールに代わって先発していたラフィーニャにディフェンダーの股を通したスルーパスを通して3-1に。

プレ・シーズンでも好調でしたが、今シーズンは更に良い感じのスアレス。

 

スアレス

52分。

ブスケツがセビージャのビルドアップを引っ掛け、そのパスを受けたスアレスが難なく4点目をゲットしたバルサ。このまま4-1で終えれば大満足でしたが、そこから立て続けに3失点。

『中立のファンにとっては、類まれなるショーだっただろうね。でも、僕らとしてはフラストレーションがある。僕らは勝利を手中に収めていたのに、逃してしまったんだ。勝てたことはうれしい。でも、僕らは改善しなければいけない。ミスをしてしまったんだ』

『僕らはセビージャを試合に戻してしまった。そして結果を危険にさらしてしまったんだ。試合をコントロールすべきだったのに、それができなかった。幸いにも、個々のタレントが助けてくれて、再びタイトルを獲得できたけどね』

とマスチェラーノがコメントしたように、ゲームをコントロール出来ませんでした。イニエスタが退いてからは、それが顕著でした。シャビが居なくなった今シーズンの最大の課題ってところでしょうか。

 

ペドロ

ペドロ

延長後半の115分に劇的ゴール(メッシが自ら蹴ったFKからの溢れ球をシュートし、キーパーが弾いたところを詰めていた)を沈めた、去就問題に揺れるペドロ。ネイマールが欠場なのに先発しないってやっぱ移籍かなぁ。

残留を希望しますが、無理かなぁ。

 

バルサ

負けてもあまり叩かれないスーパーカップを劇的に制し、4冠目を達成した愛しのバルサ。次はビルバオとのスーペル・コパでのホーム&アウェイで5冠目を。

屋久島でヴァカンス満喫中ですが、wowowオンデマンドでライブ視聴しますかね(笑)。

契約延長×4とニューカマーとメッシ

ルイス・エンリケ

何故丸坊主???(笑)。

バルサはルイス・エンリケと2017年まで契約を延長することで合意した模様です。

妥当ですかね。

 

アウヴェス

アウヴェス

ミランへ去るかと思っていたダニ・アウヴェスとも同様に2017まで延長しました。

アウヴェス(代理人)・・・なかなかタフなネゴシエーターってところでしょうか(苦笑)。でもアレイチュ・ビダルがセビージャからやってくるので来年1月以降はローテーションだぜ。そんで出場機会が減って、『新しい未来を見つけなければ』って未来が見えるような見えないような(泣)。

アディオスしてたほうが双方にとってハッピーだった・・・ってことにだけはならないように願うばかりです。

 

アルバ&ペドロ

去ると言われていたペドロ(右)も2019年まで契約を延長。ジョルディ・アルバは問題なく2020年までとなりました。ペドロ・・・、君はホントにイイ奴だ。

頑張れ。

 

アレイチュ・ビダル

最後はニューカマー、バルサのカンテラに居たこともあるアレイチュ・ビダル(25歳)。

ウナイ・エメリに鍛えられた点では、バレンシア在籍時に同じくエメリにサイドバックとして鍛えられたジョルディ・アルバと似たキャリアを持っています。

バルサの両ラテラルはアルバとビダルで・・・となるような活躍を期待したいですね。レオ・メッシとの連携が上手く取れるかがポイントです。頑張って欲しいと思います。

さぁ次はコパ・アメリカ。まだまだフットボールのシーズンは続きますね。

 

メッシ

メッシ

『今回のコパ・アメリカには、W杯より良い状態で臨めるよ。アルゼンチン代表でタイトルを獲得することは夢だ。このチームには何かを成し遂げる資格がある。W杯後には本当にショックだったからね』

『アルゼンチンは優勝候補のひとつだけど、手強いライバルもいる。近年でも一番拮抗しているコパだと思う。僕もマスチェラーノも大会に集中しているよ。アルゼンチン代表でタイトルが欲しいからね』

と語ったレオ・メッシ。

ブラジルとのファイナルになるでしょうか?。それには歩いてないメッシが必要ですが、注目したいと思います。

称賛の2発

ネイマール

ペドロ

『この試合が困難なものであることは分かっていた。だが選手たちは1秒たりとも迷うことがなく、ファンは我々が必要としていたときに後押しとなってくれた。私はすべてに満足しているよ』

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第36節、バルセロナVSレアル・ソシエダ@カンプ・ノウ。

冒頭のルイス・エンリケの言葉を聞くまでもなく、年明け早々の失敗のトラウマ、激闘のミュンヘン戦のリバウンド、勝ち点を落とせないプレッシャー。案の定、前半(何度かチャンスはあったが)はスコアレスで折り返し。そして50分、右サイドのメッシからのクロスがディフェンダーの頭に当たって溢れてきたところをネイマールがヘッドで押し込み待望の先制点を捥ぎ取った。しかし、もう1点必要だ。1点のリードでは事故で追い付かれ勝ち点をロストしてしまう。勝ち点のロストは2年ぶりの戴冠もロストしてしまうことと同義なのだ。コンディション含め極めて難しい過酷な状況の中、中盤でボールを支配しこのままゲームを締めようとした85分にアメイジングなペドロのオーバーヘッドがネットに突き刺さり、カンプ・ノウは驚嘆と幸福感に包まれ、そのままタイムアップのホイッスルが木霊した。

あらゆる全てを凌駕し得た勝ち点3。

メッシのアンクル・ブレイクは凄まじく素敵だが、こういう勝利も悪くない。美しくはなくとも、素晴らしい勝利だった。全世界のクレと共にこの勝利を喜び堪能したいと思う。

この後、連続でライブ視聴したマドリー対バレンシアの一戦が2-2のエンパテとなり、マドリーとの勝ち点差が4に開く2重の喜び。次節(ストライキとか有り得ないゼ)アトレティコに勝てば最終節を待たず2年ぶりの戴冠を果たすこととなった。

バレンシアの奮闘(後半のマドリーの猛攻は凄まじかった)は後ほど記しておきたいと思うが、午前1時から5時まで連続でフットボール視聴したかいがあった、素晴らしい日曜の朝となった。

パルティード・ア・パルティード。

次はミュンヘンで手負いのドイツ・チャンプに止めを刺すこととしよう。奢らず怯まず油断せず。クールにミッションを遂行すれば、その先はベルリンだ。このまま3冠に向けて突き進んでもらいたいものだ。

そして最後に、ペドロ。

君は本当に素晴らしい。バルサでのラストシーズンとなるかもしれないが、最後まで献身的な君に幸せが訪れんことを。

久しぶりのレオ・メッシと予定調和

メッシ

メッシ

メッシ

メッシ

一瞬のスキを逃さない。

3試合ゴールがなかったレオ・メッシが、このゲームでは美しい先制点を齎してくれました。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第30節、バルセロナVSアルメリア@カンプ・ノウ。

下位に沈むアルメリアが相手で(カンプ・ノウは牧歌的な雰囲気の中でしたが)ボールをコントロールしたバルサ。メッシは、ノッキングを繰り返していましたが、33分に美しい弧を描いた一撃をゴール左隅に突き刺さし、このゲームはもう終わった感に包まれました。

前節はセルタ相手に苦しみましたが、アルメリアは引いて中央を固める布陣でサイドから崩していけました。解説の安永くんの指摘通り、メッシの調子は今一つって感じでしたが降格圏内の相手では問題ありません。

 

スアレス

後半55分には、スアレスがメッシと同じような位置からゴール左上隅に突き刺し、ゲームを決めてくれました。

一人でカウンターを決め切るスキル。

このゲームは、メッシとスアレスが“個”の力で勝利を決定付け、おまけに75分にはコーナーキックからバルトラがヘッドを沈め、アディショナルタイムには、カウンターから今度は抜け出したペドロがキーパーを引き付け、エリア内右の空いたスペースにボールを叩き、走り込んできたスアレスが難なくネットを揺らし4-0で予定調和。

 

スアレス

スアレス

ペドロ、ゴールこそありませんでしたが良い仕事をしますね。なんとか移籍を思い止まって欲しいけど・・・。

 

メッシ&スアレス

ネイマールがお休みのこのゲームをきっちりとモノにし、週末の(一つのヤマである)サンチェス・ピスファンに気分良く乗り込めるでしょう。

 

バルサ

『大事なのは勝ち点3を獲得すること。リーガでは100%集中していなければ何もすることができないと分かっている。こういうメンタリティーを持ち続けることが必要なんだ』

『これから臨む一つ一つの試合が難しいものになるだろうね。シーズンのこの時期には色々な要素が絡んでくる』

公式戦9連勝となったバルサ。このまま勝ち続けるのみです。

メモリアルな300試合目

メッシ

メッシ

メッシ

メッシ

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第23節、バルセロナVSレバンテ@カンプ・ノウ。

好調継続、満足いくゲームでしたね。

メッシが予定調和のようにハットトリックを達成し、リーガ通算300試合目となる一戦に花を添えました。

 

ネイマール

練習のようにパスを回してゲームに入ったバルサは前半17分、いつものように右サイドでボールを持ったメッシがルックアップ。左サイドでラインとの駆け引きで裏を取ったネイマールがメッシの浮きパスをボレー。シュートはヒットしませんでしたが、それが幸いしてバセリーナのようにゴールに吸い込まれていきました(笑)。

ゴールはゴール。

先制点はホント重要です。その後もボールを支配し(メッシがボールを失う等はありましたが)いつ追加点が入るのかという展開。そして、ソレは38分に訪れました。

 

メッシ

エリアを出て攻めに転じようとしたレバンテからバルトラがボールを奪い、前方にいたメッシにスルーパスを通して、メッシはエリア内右から右脚を強烈に振り抜きゴール左に突き刺しました。

前からのプレッシング。コレですね。何回かアドリアーノやモントーヤ、バルトラが前掛かりになり過ぎて裏を取られたりもしましたが、相手はレバンテ。プレッシングをどんどん掛けていくのが正解だと思います。ここからメッシのゴールショウとスアレスのアメイージングなバイシクルが炸裂し、最終スコアはマニータでのクリーンシート。勝ち点1差のままマドリーを追走です。

 

スアレス

スアレス

59分に、右サイドで裏を取ったペドロにブスケツが浮きパスを通し、ペドロは中央にフリーで入ってきたメッシにパスを通し、メッシがゴールに蹴り込み3点目(上部2枚目の画像)。65分には、左サイド深部へドリブルを仕掛けたネイマールが倒され得たペナルティをメッシが沈め、リーガ通算23回目のハットトリック(ロナウドが持つリーガ記録に並ぶ)を達成し、締めは73分、左サイドで仕掛けたアドリアーノの浮きパスを少し下がりながら強烈なバイシクルシュートをネットにスアレスが突き刺し、カンプ・ノウはフィエスタとなりました。

アトレティコのサウールのバイシクル(ダービーでの一発)が記憶に新しいですが、スアレスの一撃の方がヒットしていたと思いますし、プライムタイムを飾るに相応しいアメイジングな一発だったと思います。

 

バルサ

退屈そうに、俺も出てェーって感じをカメラに抜かれていたスアレスでしたが(笑)強烈な結果を残しましたね。

イイものが観れました。

 

メッシ

3G1Aの『神』メッシ。

圧倒的に差があったピチチレースも、CR7に2ゴール差(26ゴール)まで迫ってきて全てがうまく回り始めている感じです。

『リーガ300試合目の出場を、勝利で飾れて幸せだ。抱擁を』

 

ペドロ

そしてもう一人。このゲームで、ゴールこそありませんでしたが攻守に活躍したペドロが陰のMVP。

『我々はクオリティーのある多くの選手たちを擁することを目標としていた。今日の試合のようなことを実現するためにね。本当に満足しているよ。この試合は難しい類のものだったからね』

『一つのポジションに2選手がいることは、ある種の保証だ。チームは成長を続けながら、多彩な手段を手にしている。この勝利は全選手を後押しするものだ。全員にこれ以上多くの出場機会を与えられないことは、残念でもあるがね』

『これ以上、一体何を求められるんだい?。我々は5得点をプレゼントし、ファンからは愛情や声援を受け取った。ウェーブまでしてくれてね。全員にとってスペクタクルなバレンタインだった』と語ったルイス・エンリケ。

モントーヤとアドリアーノに不満が残りましたが(ゲーム感がないからでしょうが、パスミスや拙いポジショニングが散見されました)、このままチャンピオンズ、そして来月の『クラシコ』まで突っ走ってもらいたいものです。