“deloitte report” 2012-2013

今年も発表されましたビッグクラブの収入ランキング(2011-2012シーズンはコチラ)。

リヴァプール(前シーズンは9位)が圏外に去って、パリが躍進ですね。来年は圏外だろうけど、ミランとユーベが渋とく粘ってます。

昨シーズン、チャンピオンズでファイナルまで進んだドルトムントが10位以内に入ってくるのではと言われていましたが、今回も11位だったみたいです。2013-2014シーズンはトップテン入り出来るのでは?

では以下備忘録。

 

【第10位】ACミラン(セリエA):2億6,350万ユーロ。

ミラン

渋とく10位にランクインのミラン。

相変わらずリーグ戦は苦戦でもチャンピオンズではノックアウトラウンドに進みました。本田くんは出場出来ませんが、何処まで行けるでしょうか?

奇跡(優勝)が起きない限り来シーズンは無理だろうなぁ〜。

 

【第9位】ユヴェントス(セリエA):2億7,240万ユーロ。

ユヴェントス

2011-2012シーズンは10位だった黒の貴婦人。

リーグ戦は首位快走もチャンピオンズではガラタサライに遅れを取ってグループリーグでゴー・ホームとなりました。

ビッグイヤーを掲げるにはもう少しお金を使わないと難しいかな。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):2億8,430万ユーロ。

アーセナル

2011-2012シーズンは6位だったガナーズ。

『天才』エジルがマドリーから加入してタフなプレミアで首位を走っています。チャンピオンズでは14シーズン連続でグループステージを突破だったと思います(違うかな?)。そして、ミュンヘンとのリベンジ・マッチ。

突破に少し期待しています。

 

第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億0,340万ユーロ。

チェルシー

“ハッピー・ワン”が帰還したチェルシーも順位を5位から7位に下げました。

プレミアでもチャンピオンズでも手堅く勝ち点を重ね良い位置に着けてます。ドログバの歓喜に湧いた一昨シーズンの栄光を再び手に出来るでしょうか?

無理に1票。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):3億1,620万ユーロ。

マン・シティ

7位から一つ順位を上げたマン・シティ。

順調にヨーロッパのビッグクラブとなって行ってます。プレミアでは無類の得点力を見せている攻撃陣は破壊力抜群です。ミュンヘンとも1勝1敗を演じ、2月のバルサとのノックアウトラウンドは瞠目です。

カンプ・ノウで得点出来れば突破見えてきますね。

 

第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):3億9,880万ユーロ。

パリ・サンジェルマン

2011-2012シーズンは圏外だったパリも順調にトップテン入りでしかも一挙に5位にランクイン。

ズラタン王に加えて、ナポリからカバーニを獲得しヨーロッパでも結果をだそうと虎視眈々です。

どうなるでしょうか?

 

【第4位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):4億2,380万ユーロ。

マン・ユナイテッド

絶賛迷走中のマン・ユナイテッドはトップ3の座を明け渡しました。

モイーズによって退化してしまった。

カップ戦も敗退し、スリーストライクアウトじゃね?。現実的な目標であるプレミア4位の座を失えば、順位をもっと下げてしまいます。どこまで我慢するのだろう?

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億3,120万ユーロ。

バイエルン・ミュンヘン

無敵の3冠を達成し、今シーズンは“賢人”を招聘して盤石のミュンヘン帝国。

ブンデスでは早くも2連覇は確実で、カップ戦も順調。チャンピオンズでガナーズを返り討ちすれば、2シーズン連続での3冠も強ち夢ではありません。パス・フットボールの権化に率いられ、ジョーカー・ゲッツェの加入でどこまで行くでしょうかね。

60%の確率で2連覇もあるのでは?

 

【第2位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,260万ユーロ。

バルセロナ

ほとんど変わらずで5年連続2位のバルセロナ。

新たにネイマールを獲得し、5度目のビッグイヤー戴冠を!!って感じでしたが、そのネイマール獲得オペレーションに不正疑惑が持ち上がりロセイ会長が辞任しました。

5,700万ユーロとなっているネイマール獲得費用が、実は9,700万ユーロかもしれない。ベイルと変わらない金額まで跳ね上がっては何だかなぁ〜。もうビッグイヤー獲得しかありません。マン・シティ撃破しかありません。

よろしく!!

 

第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億1,890万ユーロ。

レアル・マドリード

堂々の9年連続1位となった“ゴリアテ”レアル・マドリー。

唯一の5億ユーロ越え。

CR7がバロンドールに輝き、あとはデシマ達成のみですね。最近あまりマドリーのゲームを観てませんが(ドルトムントに目が行ってしまってますので)、ここからはやはり目が離せませんかね。

久しぶりにこの週末のリーガを観ようかな。

広告

“results of the draw 2013-2014”

抽選

組合表

2013-2014シーズンのチャンピオンズリーグ、ノックアウト・ラウンドの組み合わせが決まりましたね。

プラティニ神掛かってます!

面白過ぎる組み合わせになりました。

まずは贔屓のバルサ。恐らく最も厳しい相手であろうマン・シティとなりました。ガナーズを粉砕したマン・シティ。エティハドでの失点をどれだけ無くせるかがポイントです。

『おそらくマンチェスター・シティーも、バルセロナとの対戦が決まって嬉しい気分にはなれなかったことだろう。実際、シティーは質の高い選手をそろえたビッグチームだ。我々としては、2月に行われる第1戦に好調な状態で臨むことが目標になる。同じチームでも、12月と2月でパフォーマンスが異なることはあり得るからね。とにかく、我々としては次のラウンドに駒を進めることが肝心だ』と語ったマルティーノ。直近の2試合で見せたインテンシティがあればシティをも問題なく飲み込めるハズです。

マン・ユナイテッドは恐らく一番弱い相手でしょう。ネクスト・ラウンドへ行けなかった場合は、ビラス・ボアスのようにモイーズ解任です。

ラッキーでした。

そして、もうデキレースかのようなアトレティコVSミラン。事前にムンタリが『アトレティコとの対戦を望む。最も弱いチームだからね』とディスって、ガビが『ムンタリのことは知らない。僕の知らない選手だ』と応戦していましたので見事フラグ回収です。

我々はどこが相手だろうが関係ない。試合から試合へ、毎試合がファイナルのように臨むだけだ。

パリは飛ばして、ドログバ凱旋のチェルシーVSガラタサライも面白そうです。モウリーニョは昨シーズンもマドリーでガラタサライと対戦しています。チェルシーが勝ち抜けするだろうけど、ドログバがゴールして喜びを現さないシーンが脳内再生されてます。

『凄い組み合わせだ。チャンピオンズリーグで一番幸運なのは俺だ。2試合ともホームなんだゼ』と語ったディディエ・ドログバ。カッコ良すぎです。

あと、マドリーはシャルケ。これも何の問題もないですね。ロナウドが疾走しゴールするシーンが目に浮かびます。

ドルトムントも比較的恵まれました。昨シーズンも極寒の地でシャフタールとやりましたが、今シーズンはロシアのゼニト。クロップは、『ロシアには行ったことがないが、ゼニトとの試合を心待ちにしている。今後数週間で、この2試合に集中的に備え、できる限りしっかり相手を分析するつもりだ。チャンピオンズリーグのグループステージを突破したこと自体、実力があるチームであることの証だが、今、彼らについて多くを語ることはできない。対戦までまだ2カ月あるのに、彼らについて細かく語るのは、あまりプロフェッショナルとは言えないだろう』と語りました。

ブンデスでは調子が悪いですが、チャンピオンズではゴキゲンです。ここは難なく突破してもらいたいですね。

最後はチャンピオンのミュンヘン。昨シーズンもベスト16で対戦した両チーム。キャプテンのラームは、『良い前兆だけど、彼らはタフな相手だ。グループ2位通過のチームの中では、最も厳しい相手だね。もちろん、僕らは違う相手を望んでいたよ。アーセナルは良い補強もしてきた。彼らは危険だよ。でももちろん、僕らはベスト8に進みたいと思っている』と語り余裕が窺えます。ガナーズにとってはリベンジ・マッチ。プレミアしかり、茨の道が続きます。

そして、ネットに面白いグラフが出てました。

 

走行距離

16チームのここまでのポゼッションと走行距離のデータみたいです。

上に行けば行く程ボールを持って、右に行く程よく走る。

走ってなおかつポゼッションするミュンヘン無双?。ドルトムントはゲーゲンプレスと世界一のショートカウンターがデータ上でも示されています。また、マドリーがポゼッションにシフトチェンジしているのが窺えますし、ミランが持たないし走らないのが笑えますね。

グループステージを首位で突破したシードチームはベスト16第1戦(2月18/19日、2月25/26日に開催)をアウェーで、第2戦(3月11/12日、18/19日)をホームで戦います。

準々決勝の組み合わせ抽選会は中央欧州標準時3月21日12時(日本時間20時)から、準決勝の組み合わせ抽選会は同4月11日12時(同19時)から実施される。

今季のUCL決勝は5月24日、エスタジオ・ド・SLベンフィカで行われます。早く2月がやって来ないかなァ〜。

待ち遠しいですね。

圧勝しないとなァ〜

メッシ

2013-2014・チャンピオンズリーグ・グループH・グループステージ第3節、ACミランVSバルセロナ@サン・シーロ。

総シュート数15ー6。

枠内シュート数9ー3。

ポゼッション率64-36。

結果1ー1のエンパテ。

マスチェラーノとピケの(特にマスチェラーノ)緩いプレイでカカに突破を許しロビーニョにネットを揺らされた。

う〜〜ん・・・。

ドルトムントとアーセナルのゲームが面白く刺激的だっただけに、バルサのクレとしては納得がいかない。

翌日にミュンヘンの圧巻の試合を観ただけに、切なさが募る。

ミランとヤリ過ぎで正直飽たってのもあるね、うん。これじゃあ〜倦怠期のカップルだ。

プレイヤーもクレも極東の部外者視聴者にも圧倒的に刺激が足りない。牧歌的な新監督ではモティベーションが上がらないかもしれない。

『賢人』はやはり偉大だ。前にも記したが、バルサ最大のミスは『賢人』を守らなかったこと、『賢人』を引き止めることが出来なかったことだろうなぁ〜。

ミュンヘン凄いもんね。徐々に噛み合って、ゲッツェがジョーカーって、破壊力抜群だ、王朝を築いたバルサのように5ー0でブルゼニを叩きのめした。

まぁ〜出て行ったヒトを思っても仕方ない。

フットボールは、人生は、続いていく。

そしてまだ、メッシもイニエスタもシャビもセスクも新しく加入したネイマールも居るのだ。悲観的になる要素は少ない。

でも何故か駄目なんだよなぁ〜。

ビッグイヤーを掲げるイメージが全く持てない。スポーツジャーナリストの金子達人さんも言ってたが、ドルトムントと試合したらケチョンケチョンにヤラれそうだもんなぁ〜。

次は次は次は『エル・クラシコ』@カンプ・ノウだ。何もせずに必然とテンションが上がる、おそらくプレイヤー達も。ナショナルダービーに相応しいインテンシティーとスキルで、もちろん勝利し勝ち点差6に広げようゼ。

 

ミラン

メッシ

メッシ

貴重なゴールを上げた『神』。

クラシコでも頼むぜェー。

どんまい

バロテッリ

セリエA・第4節、ナポリVS ACミラン@サン・パオロ。

楽しい試合でした、違う意味でも。

ここまで例年通り不調のミランでしたが、案の定、前半早々に失点です。後半も10分までにイグアインに強烈な一撃を見舞われ、この試合は難しくなってしまいました。

試合を通しては、けっこう良かったと思いますが、60分にバロテッリがプロになって初めてペナルティを失敗(21回連続成功中だったそうです)し、反撃の糸口を失いました。

アディショナルタイムにスーパー・マリオのスーパー・マリオたる一撃がゴール右隅に決まるも時既に遅し。

昨シーズンも開幕から中位で低迷したミランですが、今シーズンも序盤は相当苦しいですね。

バルサにとっては好都合です。10月が終わるまで沈んでいてもらおう。

 

バロテッリ

ゲーム終了後、度重なるファウルを受けていたにも係わらず取ってもらえなかった苛立に暴言を吐いた模様のスーパー・マリオ。この試合2枚目のイエローカードで結局退場処分。

もう試合終わってたのにね(泣)。怒りは収まらず、さらに罵倒し結局3試合の出場停止となりました。

『Figlio di pu×××××!!』とでも言ったのでしょうかね(泣)

『vaff××××lo!!』

無得点で完敗。捲土重来のロッソ・ネロに屈した夜・・・

ボアテング

チャンピオンズリーグ、ベスト・オブ・16ファーストレグ、ACミランVSバルセロナ@サン・シーロ(ジュゼッペ・メアッツァ)。

例え、それはハンドだったとしても・・・。

ボールは繋げますが、シュートまで行けません。メッシのドリブルはほとんど前進出来ず、イニエスタは孤立し、有り得ないくらいシャビはパスをミスしていました。セスクは何をしていたのでしょうか?。

逆に広大なスペースが出来た左サイドをシャラーウィにフリーで持ち込まれピンチを招き、コーナーキックからこれもフリーの“プリンス”ボアテングにポスト右に外れていきましたがシュートを放たれました。

前半を0-0で終えましたがバルセロナの決定機はゼロだったと思います。ポゼッションは66%だったそうですが、ミランに上手くブロックされ、前線のシャーラウィ・パッツィーニ・ボアテングは献身的に守備に戻って来ていました。

後半もバルサがボールを持っていましたが、イート・ザ・タイムのみで全く効果的ではありません。そして、とうとう均衡が破られました。

57分。モントリーボの放ったミドルシュートがペドロに当たり、サパタの手に当たってエリア中央でフリーだった“プリンス”の所に毀れていき、“プリンス”は冷静に左足で右隅に流し込んでミランが先制に成功しました。

全く消えていたセスクをサンチェスに代えてイニエスタを中盤に下げて打開を図りたいバルサでした、イニエスタの左エリア外から放ったミドルが唯一の見せ場でした。

0-1でもカンプ・ノウがあるバルサでしたが、それでは駄目ですね。81分。ミランがネクストラウンドへの扉を大きく抉じ開ける1発をカウンターから成就させました。

モントリーボからのパスを途中出場のティーンエイジャー、ニアンがエリアで落ち付きを払ってキープし、中央のシャーラウィにパスを出し、シャーラウィはシュートへ行けませんでしたが、フリーで左を駆け上がってきたムンタリへ捌き、ムンタリは左足ボレーで叩きつけてヴァルデスを突破しました。

0-2の失態。

一つアウェイゴールが欲しいバルサでしたが、そこは守備の国のロッソ・ネロ。大歓声のサンシーロサポーターの後押しを受けて無失点で試合の幕を引きました。

かなり土俵際まで追い込まれたブラウ・グラナ。次はカンプ・ノウとはいえ、3-0、4-1で勝利するのは並大抵のことではありません。まして、コパとリーガの連続『クラシコ』の後のゲームです。ウェンブリーは遥か彼方へ過ぎ去ったというのが現状でしょう。

しかし、久しぶりに『スタンフォードブリッジの奇跡』以来の奇跡の目撃者となってみたいです。固く閉じたウェンブリーへの『扉』を攻めまくって再度抉じ開けるか、昨年のセミ・ファイナルのように美しく散るか。決戦は現地3月12日@カンプ・ノウ。

クライマックスはまだもう少し先です。

 

ムンタリ

値千金の2点目を叩きつけたガーナ代表のムンタリ。バルサの致命傷となるゴールとなったかもしれません。

 

メッシ

全く前へ進めなかった『神』。

カンプ・ノウでの巻き返しはなるでしょうか?

モヒカン3兄弟

ミラントリオ

俺たちは誰にも止められないゼ。

念願叶って?ACミランに移籍したスーパーマリオ。ユースで同僚だったエル・シャーラウィと弟のようなエムバイェ・ニアンと3リートップで第23節、ウディネーゼ戦でミランデビューを果たし、早速2ゴール(うちPK1本)を上げました。

やんちゃな3兄弟みたいデスね。

勿論長兄・・・といってもまだ22歳。20歳のシャーラウィと18歳のニアンでゴキゲンな攻撃を魅せて欲しいものです。悪童の長男と末っ子に対して、冷静な次男坊は今シーズン17ゴールの活躍です(ナポリのカバーニの27ゴールに続く現在2位)。

バルセロナとのチャンピオンズがホント楽しみです(レギュレーション上バロテッリは出場出来ませんが)。

 

ミラン

そして、哀しいボージャン・・・。出番あるかなぁ〜。

“deloitte report”

世界的な監査法人のデロイト社が先日、フットボールクラブの収入ランキングを発表しました。毎年発表をみてると、ビッグクラブの凄さを思い知らされます。

『マネーボール』フットボール版はないのでしょうかね?アーセナルがセスク、ソング、ファン・ペルシーを売却して凋落の一途といった感じですが、頑張ってもらいたいものです。

では以下備忘録です。

 

【第10位】ユヴェントス(セリエA):1億9,540万ユーロ。

ユヴェントス

八百長問題で揺れたユヴェントスですが、ピッチでは結果を出し続けています。放映権料に頼ってはいるみたいですが、入場者数増に加えグッズ販売等も好調だそうです。

チャンピオンズリーグでもノックアウト・ラウンドへ進んでいる今シーズン。今回に続きトップ10以内は維持し、ミランを追い抜く可能性もあるみたいです。

 

【第9位】リヴァプール(プレミアリーグ):2億3,300万ユーロ。

リヴァプール

プレミアではイマイチなリヴァプールが9位なのは意外ですが前年に続いての9位です。アンフィールドを埋め尽くす忠誠心溢れるサポーター様々でしょうか?

ミランとの素晴らしいファイナルを制し奇跡のビッグイヤーを獲得してから早8年。サポーターの忠誠心に胡坐を欠いている時間は残されてません。

 

第8位】ACミラン(セリエA):2億5,690万ユーロ。

ミラン

イタリアの雄は収入面でもイタリア勢トップを保ち何とか体面を保っていますが・・・。ズラタンとチアゴ・シウヴァが去った今シーズンは、リーグ戦で低迷しています。

チャンピオンズリーグの収入が大きく寄与した財政面において来シーズンのチャンピオンズリーグ出場は奇跡が起きないと難しいです。バルサとの再度の決戦が最初で最大のハードルです。

 

【第7位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):2億8,560万ユーロ。

シティ

前回より順位を5つ上げたシティ。今回、最も収入が上がったチームみたいで、奇跡のプレミア制覇が大きく寄与しました。

チャンピオンズリーグでは2年続けてグループリーグでゴーホームとなってしまいました。残されたタイトルはビッグイヤーしかありません。イタリアの伊達男で果たして可能でしょうか?

 

【第6位】アーセナル(プレミアリーグ):2億9,030万ユーロ。

アーセナル

ピッチ上では両マンチェスターやロンドンブルーに遅れをとっているガナーズですが収入面では安定のトップ10入りを毎回果たしています。

ランキング中、入場料を最大の収入源としているクラブだそうですが、それだけ高いという事でしょうか?このまま覇権が遠のけばサポーターも黙ってはいないかもしれませんが、タフなプレミアですからドルトムントのようには行かないのでしょうね・・・。

 

第5位】チェルシー(プレミアリーグ):3億2,260万ユーロ。

チェルシー

昨シーズン、バルサとの死闘を制しバイエルンをPK戦で下しヨーロッパチャンピンとなったシェルシーは前回と同様の5位だそうです。また、金も口も出すアブラオーナーに悲願のビッグイヤーをプレゼントし、30%近い収入増ももたらしました。

昨シーズンは6位に終わったリーグ戦。グッバイ、ベニテス。スペシャル・ワンの復帰が実現するでしょうか?

 

【第4位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):3億6,840万ユーロ。

バイエルン

チャンピオンズリーグ・ファイナルでホーム・アリアンツで敗れたドイツの雄。ブンデス唯一のランクインですが、4位は立派です。

ドイツ・テレコムとの長期スポンサー契約が大きく寄与したそうですが、ほぼ全席完売のホームゲームは『賢人』グアルディオラのおかげで全席完売となるでしょう。後は久しぶりのビッグイヤーだけとなりました。

 

【もうすぐベスト10入りの第11位】ボルシア・ドルトムント(ブンデスリーガ):1億8,910万ユーロ。

ドルトムント

躍進著しいドルトムント。昨シーズンは国内2冠で、10年ぶりにチャンピオンズリーグへ出場しました。チャンピオンズでは結果を残せませんでしたが、収入面では大きく貢献。

今シーズンは『死のグループ』を首位で突破し、トップ10入りは確実だそうです。ゴキゲンなフットボールで結果も出して素晴らしいクラブです。

 

【第3位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):3億9,590万ユーロ。

ユナイテッド

リーグ戦でもチャンピオンズでも結果を残せなかったユナイテッドですが、弱かったスポンサー、グッズ収入が大きく改善したそうです。

市場価値が最もあるクラブでも名を馳せて、ポンドがユーロに対して強くなっているそうですから収入で困ることは無いでしょう。こちらもあとはタイトルだけですかね。

 

【第2位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,300万ユーロ。

バルセロナ

ユニホームにスポンサー名を入れないことで矜持を保っていたバルサですが、現実路線に転化し収入を増やし4年連続2位となりました。

昨シーズンはマドリーに遅れをとったリーガの覇権奪還は出来そうなので、5度目のビッグイヤーをウェンブリーで掲げるカピタンの姿を拝みたいものです。

 

第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億1,260万ユーロ。

マドリー

今回も堂々の1位のマドリー。8年連続の1位だそうで、ユナイテッドが持っていた記録の並んだそうです。また、史上初めて5億ユーロを突破したクラブともなりました。

昨シーズン奪還したリーガの覇権は早々と手放した今シーズン。偉大なる『デシマ』で永遠のライバル、バルサに差を付けたいところです。最初のハードルはユナイテッドとのビッグマッチ。楽しみですね。

2強が収入面でも強さを発揮している欧州フットボール界。今回は収入面のみですが、バランスシートも見てみたいものです。流石に単年でみて赤字はないでしょうが、どれほどの利益が出ているのか興味が尽きません。