North London Derby雑感

コクラン

コクラン

スパーズは勝たなければいけなかった。

ラムジーの秀逸すぎるヒール・フリックで先制されたが、後半の早い段階で数的有利を得たしガナーズを完全に上回っていたからだ。

2015-2016・プレミアリーグ第29節、トットナムVSアーセナル@ホワイト・ハート・レーン。

トータル・アテンプト、26対10。

ショット・オン・ターゲット、11対4。

ポゼッション、52対48。

スコア、2-2。

何が足りなかったのか?。60分にコーナーキックの溢れ球をアルデルヴァイレルトが捩じ込み、62分には左サイドからハリー・ケインが今年一番の美しいゴールを右ポストに当てて沈め逆転に成功したがリードを守り切れない。76分にショート・カウンターを喰らいアレクシス・サンチェスにゴール左隅に蹴り込まれそのままゲームを終えてしまった。1枚イエローを貰っていたダイアーは2枚目もののファウルを見逃してもらったにも関わらず・・・。追い付かれてしまったがまだ十分に時間があったにも関わらず・・・。ポチェッティーノの交代策も失敗だったか、代わって入ったプレイヤーがゲームに入りきれずホイッスルが吹かれてしまった。

よく走って、インテンシティがあって、コレクティブにプレスを掛けて、ガナーズにフットボールをさせていなかったが・・・それだけでは駄目なんだ。アタッキング・サードでのアイデア、スキル、落ち着き、精度、この辺りが足りない(多くを求め過ぎ?)。

プレミアリーグ2位対3位のシックス・ポインターは、2-2の痛み分け。このあとにゲームを控える首位レスターにこの結果はどのような影響を与えるだろう?。失敗のスペシャリストMrヴェンゲルの首の皮一枚が繋がったノース・ロンドン・ダービーはとても面白いゲームだった。がしかし、繰り返すがスパーズは勝たなければいけなかった(勝てたゲームだった)。またガナーズがどうしてこうも駄目なんだと痛感したゲームでもあった。

 

ラムジー

39分のラムジーの秀逸すぎるヒール・フリック。

ゲーム開始直後から、ラムジーのポジショニングがオカシイと思って観てたが(自陣右サイドをローズにやられまくってたよね?)ゴールで結果は残した。

 

アルデルヴァイレルト

60分。プレミアらしい混戦からのゴールで追い付いたスパーズ。

このゴールの前に、ケインに放たれた一撃がゴールライン・テクノロジーで救われたガナーズだったが、結局決壊してしまった。

 

ハリー・ケイン

ケイン

同点弾の2分後に放ったハリー・ケインの美し過ぎた一発(解説してたベンさんも驚くしかなかった)。早くも今年のベスト・ゴールにノミネート確実な一発だった。

 

サンチェス

サンチェス

ベジェリンの縦パスに反応しダイレクトで捻じ込んだアレクシス・サンチェスの一発。

ゲームの大半で苛立ってたが、結果を残して黙らせた。

 

エジル

ビッグゲームでまたまたほぼ消えていた『天才』エジル。

酷評が待っているだろう。

 

ラムジー&サンチェス

Mrヴェンゲルを救ったラムジーとサンチェス。

 

ゴールライン・テクノロジー

瞬時にノー・ゴール(右側がゴール)と告知してくれたゴールライン・テクノロジーは素晴らしい。

 

スパーズ

勝たなければならなかったスパーズ。

ニュートラルなフットボール・ラバーにとっては、ホント面白いノース・ロンドン・ダービーに大満足。まだまだ混戦が続くプレミアは、リーガとは違った魅力が満載だ。

突破は自分たち次第

ヴェンゲル

三度のメシよりフットボールが好き。

こんばんは、@uemachiです。

ゴキゲンなバルサのおかげで終始ゴキゲンな僕ですが、バルサのゲームをライブ視聴した後に連続して崖っ淵のガナーズのゲームを観ました。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF第5節、アーセナルVSディナモ・ザクレブ@エミレーツ。

エジルが躍動しましたね。サンチェスが決定力を発揮しましたね。妙に入れ込まず我慢してゲームを運び、何とかモノにしたって感じでした。正直、バルサのゲームの後だけに欠伸が出てしまいましたが、ガナーズ好きの後輩のためにも、勝てて良かったです。

 

エジル

『前半の彼はズバ抜けていた。今の(エジル)彼には得点感覚がある。これまでは、そこまでペナルティーエリア内で彼を見ることはなかったが、今シーズンは、特にここ5、6試合の彼はそうしているね』とMrヴェンゲルに賞賛された『天才』エジルの珍しい頭でのゴールで先制したガナーズ。

 

サンチェス

サンチェス

お疲れ気味のアレクシス・サンチェスも続いて、前半で2-0とし一安心。

 

サンチェス

後半にもサンチェスが一発捩じ込み3-0で勝利。

1節、2節の体たらくがなければ楽々突破だったのに、ホントやれやれですね。

 

アーセナル

過去、勝ち点3で第4節を終えた(39)チームがグループ・ステージ突破を果たしたケースは1回しかないそうですが、果たして2チーム目になることはできるでしょうか?。

 

ヴェンゲル

『(突破を賭けた最終節は)非常に面白い試合になることを約束する』と語ったMrヴェンゲル。

舞台は、12月9日@ギリシャ・ピレウス。

ミッションは1-0か2-1以外での勝利。(敗退した)昨シーズンより条件はかなり緩いですが、ガナーズは果たして突破できるでしょうか?。

うん、楽勝じゃね?(笑)。

流麗

アーセナル

エミレーツ

これだからガナーズ・ファンは止めれないのかな。今シーズン観た中で一番素晴らしい前半でした。

2015-2016・プレミアリーグ第8節、アーセナルVSマン・ユナイテッド@エミレーツ。

『スーパー・サンデー』の一発目にライブ視聴しましたが、最高でした。6分、前から奪いかえしたボールをラムジーがエジルに渡し、エリア内右深部を抉ったエジルが中央へ折り返したボールをアレクシス・サンチェスが走り込んできて秀逸なヒールでデヘアの壁を破り、その1分後には左サイドで仕掛けたウォルコットが中央で待ち構えていたエジルに決めてくださいパスで、エジルがゴール左隅に美しく蹴り込んであっという間に2-0。

前からのプレッシャー、ボール奪取からのショート・カウンター。パーフェクトでしたね。マン・ユナイテッドは受けてしまいましたかね。20分には左サイドからドリブルで仕掛け中央から豪快にネットを揺らし3-0。このテンションを90分維持するのは不可能ですが、このレヴェルのプレイをコンスタンに披露できればプレミアを制するのになぁ。

凄い前半でした。マン・ユナイテッドにシュートを前半終了間際まで許さずパーフェクト。ワントップのウォルコットは速く、エジルのプレゼンスも良かったです。『天才』でした(笑)。

まぁ、後半はアクセルを緩めましたが危ないシーンもチェフがビッグセーブで失点を許さずクリーン・シート。Mrヴェンゲルはこの後のインターナショナル・マッチ・ウィークをさぞや恨んだことでしょう。

しかし、ガナーズは麻薬でしょうか(笑)。このゲームのようなフットボールを披露できるなら期待したくなりますよ、そりゃあ。コンスタントに披露できるか、ヨーロッパの舞台でどこまでできるか。僕はアーセナル・サポではありませんが、やっぱ観たくなります。でも裏切られるんだよなぁ。それが麻薬的でもありますかね。

『スーパー・サンデー』一発目のこのゲーム、最高に満足できました。

 

サンチェス

サンチェス

ハットトリックは逃しましたが、2得点で最近複数得点で確変中のアレクシス・サンチェス。

セリエ、リーガ、プレミアの三大リーグでハットトリックを達成した初めてのプレイヤーに相応しい活躍でした。

 

エジル

エジル

1G1Aで結果を出した『天才』エジル。

やれば出来るんだよなぁ。好きなプレイヤーなので頑張って欲しいですね。

 

ヴェンゲル

苦虫を噛み潰す顔を見る予定だったんだけど・・・(笑)。チームは、この笑顔ガッツポーズのデキでしたね。まぁ、たまにはイイかな。

『スタートからいくと決めてきた。プレスをかけて、素早く仕掛けることにしたんだ。うまくいったね。それができたら、我々はゴールを決めることができる。守備も統制がとれていて、コンパクトさを維持した』

『ビッグゲームにはいつも勝たなければいけない。それが自信を得るために重要だということは、過去の経験から十分に分かっている。ただ、それを次に生かさなければいけないね。次はワトフォード戦だ。代表に行く選手が無事に戻ってくることを祈ろう

 

ファンハール

こちらはマン・シティに首位の座を開けた渡し三日天下に終わったファン・ハール。

『あのようなスタートでは、決して試合に勝てない。我々はすべての一対一やセカンドボールで負けた。アーセナルが素晴らしいチームなのは前もって言っていたはずだ。彼らにあのようなスペースを許せば、難しい。5分で2点差では、もっと難しい』

『私はまだ答えを探している。チームの半分以上がゲームプランどおりでなかった。予想外だ。我々は首位のチームだった。(公式戦)4連勝中だったんだ。それを守らなければいけなかった。理解するのは難しい。まだ理由を探さなければいけない』

『(最悪のパフォーマンスだったか?)そうだと思う。我々は普通のパフォーマンスができず、アーセナルの方がずっと良かったからね。彼らの方がずっとアグレッシブだった』

神経症の暴君の苦悩はまた続く。マン・ユナイテッドのバウンス・バックにも期待したいと思います。

“deloitte report” 2013-2014

毎年恒例のビッグクラブの収入ランキングが今年も発表されました。個人的興味からまたまた備忘録です。前回からはミランが圏外(12位)に去って、リヴァプールがカムバック(12位→9位)。贔屓のドルトムントはチャンピオンズで安定した成績を残すも前回同様11位(2億6,150万ユーロ)でした。その他、圏外ではスパーズが22%の収入増加で13位(2億1,580万ユーロ)にランクイン。トップ10入りを目指すなら悲願のチャンピオンズ出場がマストですかね。

では以下、キープレイヤーと共に。

 

【第10位】ユヴェントス(セリエA):2億7,940万ユーロ。

ポグバ

前回の9位(2億7,240万ユーロ)から微増も10位に後退した黒の貴婦人。カルチョの国ではトップもヨーロッパでも躍進したいところ。ドルトムントとのノックアウト・ラウンドは見物です。

 

【第9位】リヴァプール(プレミアリーグ):3億0,590万ユーロ。

ジェラード

圏外(12位:2億4,060万ユーロ)から大幅増でトップ10に返り咲いたレッズ。しかし、ついにジェラードは戴冠することなく今シーズンでプレミアを去ることとなりました(泣)。

寂しいですね。昨シーズンの、まさかのスリップからの失点ゲームが忘れられません。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):3億5,930万ユーロ。

サンチェス

前回同様の順位をキープしたガナーズ。昨シーズンはFAカップを制し、収入は大幅増(2億8,430万ユーロから)となりました。しかし、今シーズンもプレミア制覇は難しく、代わり映えしないのが如何とも・・・。何とかチャンピオンズで躍進を果たし、サポーターに報いたいところですかね。

 

【第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億8,790万ユーロ。

アザール

こちらも前回と順位は変わらずも25%増(3億0,340万ユーロから)の収入を得たチェルシー。

プレミアでは快調に首位をキープし、ハッピー・ワン帰還から2年目の今シーズンは、まさに飛躍のシーズンとなる予感。チャンピオンズで(2シーズン連続で対戦する)パリとのリマッチも注目です。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):4億1,440万ユーロ。

アグエロ

またまた前回同様ですがおよそ1億ユーロも収入を増した(3億1,620万ユーロからの大幅増)マン・シティ。

プレミアではここ2節の取り零しで2位ですが、まだまだ連覇が可能な位置に付けています。そして、チャンピオンズでまたまたバルサとの決戦が決まり、(個人的には勘弁して欲しいですが)そろそろ勝ち上がりたいところ。アグエロが爆発するしかないかなぁ?。

 

【第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):4億7,420万ユーロ。

イブラヒモビッチ

2シーズン連続で5位をキープした異色の傭兵軍団。収入も着実に増加させ、チャンピオンズでもそろそろネクストステージへ進みたい。かつてのボスに恩返しを果たすか?ズラタン王。いつまでパリに居るか分かりませんし、ラストチャンスかもしれませんね。

 

【第4位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,460万ユーロ。

メッシ

5年間維持した2位からとうとう陥落した愛しのバルサ。昨シーズンは無冠で、(前回は4億8,260万ユーロ)栄華を極めたバルサ王朝も崩壊しました。あの煌びやかだったパス・フットボールは、トリデンテの“個”にモデルチェンジし復権となるでしょうか?。

『神』メッシが楽しく、やる気に満ち溢れていればまたビッグイヤーを戴冠出来ると思うのだけれど・・・。最初のハードルは再びマン・シティ。刮目です。

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億8,750万ユーロ。

ロッベン

クラブ史上最高収入を記録するも順位は3位のままのミュンヘン。『賢人』ペップ・グアルディオラ2シーズン目もブンデスでは無双です。それ故に、マイスターシャーレより2シーズンぶりにベルリンでのビッグイヤー戴冠がクラブに課せられた重要過ぎるミッションでしょうか。ハイブリッド・パス・フットボールの極致は、マドリーを上回るのか。

楽しみです。そして、なんと2位はあの・・・(笑)。

 

【第2位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):5億1,800万ユーロ。

ルーニー

モイーズ・・・(笑)。

前回より24%増の収入を得た赤い悪魔。7位に沈んだ『チョーズン・ワン』の蹉跌。トップ10で唯一チャンピオンズに出ていないマン・ユナイテッドは、ただ今ファン・ハール体制で復活を試行錯誤中。チャンピオンズ復帰が現実的な目標は寂しい限りですが、憎たらしいまでに勝ち切っていたファーガソン時代に戻れるか?。

それにしても、人気があるんですね。

 

【第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億4,950万ユーロ。

ロナウド

10年連続での1位の『白い巨人』。

デシマ達成で前回の5億1,890万ユーロから着実に収入を増やし、今シーズンも大本命です。絶好調過ぎるCR7はメッシが持つリーガのゴール記録(50ゴール)を破ることでょう。

チャンピオンズ連覇を果たすと(果たさなくても)11年連続の1位は確実ですね。

個人的にはミュンヘンとのビッグマッチをセミ・ファイナルあたりで観たいと夢想しております。

以上、備忘録でした~。

もう駄目なのか

ドルトムント

クロップ

今シーズンは・・・年内はロイスも居ないし。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第5節、アーセナルVSドルトムント@エミレーツ・スタジアム。

開始早々に失点し、どうにもこうにもでした。先に得点し相手が前掛かりになったところを仕留めるのがシュバルツゲルベンなんですけれど。

クロップは、

『もちろん、試合への入り方は望ましくなかった。(最初の失点の場面では)相手選手3人に対し、我々は5人で守ったが、1人は競り合いに入らず、 もう1人は足を滑らせ、相手選手の1人をフリーにさせている』

『相手を圧倒できなかったのは明らかだ。もっと強引にチャンスを生かし、ゴールを決めなければいけなかった。ラストパスの1つ前のプレーで正しい選択ができていれば、良い状況をつくれたと思う。でも、そうしなかったことにより、ほとんどの場面で、最終的にはチャンスにすらならなかったんだ』

『ラインとラインの間の距離が開きすぎていた。前方でプレスかけても、後方から 押し上げがなかったんだ。そういうプレーすることもあるが、もっと勇敢なプレー を目指していた。もっと勇敢な走りで相手スペースを潰せば、アーセナルはもっと苦労しただろう』

『それをすべて改善していかなければいけない。チャンピオンズリーグに限らず、全コンペティションにおいてね』

『アーセナルの方が良いプレーを見せた。彼らの勝利は妥当だよ。それでも、我々に は1点を挙げるチャンスは間違いなくあった。だが、それを決めなかったことも確かだね』

『我々にとって、今日の試合に関するポジティブな側面は、負傷者を出さなかったこと。そして、アーセナルに対し、得失点差で負けていないことだ。アンデルレヒトとの試合で1ポイントを加えれば、首位でグループを突破できる。もちろんそれが我々の目標だ』

まだ首位突破は可能だけれど・・・、今日のデキは酷かったなぁ。

 

サノゴ

アーセナル

開始2分でサノゴに右サイドを突破されあっけなく失点。

 

サンチェス

57分にはアレクシス・サンチェスに個人技からゴラッソを沈められジ・エンド。

エリア手前左サイドからの強烈な一発がネット右隅に突き刺さりましたが・・・。もっと寄せて欲しかったです。

 

インモービレ

前線でまったく収まらなかったインモービレ。

彼だけではなく全体が重かったですが、ロイスの不在は致命的ですかね。カガワくんも後半30分弱のプレイだけでは・・・。

ブンデスでも前節は2-0から追い付かれ、どうにも出来ない状況はクロップ体制最悪です。

寂しいですが、カガワくんのfairy-tale第2章はバッド・エンドとなるのでしょうかね。

何とかコンディションとメンタル(自信無さげだから)を上げていってもらいたいものです。

ハワード・ウェブと誤審と心配なセレソン

ウェブ

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト16、ブラジルVSチリ@スタディオ・ゴベルナドール・マガリャンイス・ピント。

今でも忘れられない、ワールドカップ・サウスアフリカ大会のファイナル、スペインVSオランダのジャッジをしたハワード・ウェブ。結構な誤審やロッベンの単騎ドリブルを意図的に悪質なファウルで止めようとしたプジョルに対してイエロー・カードしか提示しなかったこのスキンヘッドのプレミア・レフェリーが、このゲームを捌くことに僕は少なからず不安を抱いていた。彼の地で彼はまた致命的なミスを犯すのではないかと。ホスト・カントリーでの失敗はかなり危険だから。

ゲームはホイッスル後から激しい当たりが展開された。チリの前へのアタックにピッチのあちこちで転げるカナリア軍団。そして微妙なシーンが10分を過ぎて訪れた。

ネイマールとのパス交換でフッキがエリア内で倒れたのだ。見ようによってはペナルティ(しかしペナルティではない)。しかし、ハワード・ウェブは微動だにせず、最初の難関を突破した。このあたりは流石と言わざるを得ない。開幕戦でレフェリングした西村さんとの違いに(良いか悪いかはべつだが)僕は安堵した。開幕戦でのジャッジが基準となるなら吹かれてもおかしくなかったと思うが、プレミア基準はいい意味でひと味違う。

ゲームは、チリの魂のディフェンスがセレソンの黄色い弾丸を防ぎ、熱い熱いゲームとなって観る者を飽きさせなかった。

しかし、徐々に押し込まれるチリ。まぁ仕方ない。相手は世界のトップ・オブ・トップでホストカントリーなのだから。数多くのコーナーキックを得たブラジルはそのうちの一つをモノにし、リードを奪う。しかし、チリもセレソンの一瞬の隙(スローインからのミスを見逃さなかった)を付いてダイレクトパスを受けたアレクシス・サンチェスがエリア内右に侵入しゴール左隅に流し込んで1-1とした。

前半は本当に面白かった。ここまでのベスト・バウトと言っても過言ではないスリリングなゲーム展開に、後半も期待が高まっていった。そして、また訪れた誤審。やはり人間のすることだ。致し方あるまい。

55分。ロングフィードをエリアで前を向いて受けたフッキ。右胸あたりでトラップしボールを不格好ではあるがゴール右隅に流し込み後半早々にセレソンがリード・・・と思いきや今度はそれがハンドと見なされゴールは取り消されたのだ。

微妙ではあった。スローで観るとハンドでは無かったが、またもや誤審が生まれてしまったのだ。セレソンサポーターの怒りは尋常ではなかっただろう。その後はブラジル寄りにホイッスルが吹かれていたように錯覚を覚えてしまい、徐々に足が止まっていく両チーム(凄まじい炎天下では致し方ないが)。その中でもブラジルに二度、チリにも二度ほど決定機が訪れたがネットを揺らすことは叶わず(特にチリは本当に惜しかった)エクストララウンドへと進んでいった。

もはや両者に走れ攻めろと言っても、太陽が西から昇ることがないように効果的なソレは不可能なことだった。それでも終了間際にチリがバーを叩くシュートシーンを演出し、ブラジルサポーターの何人か心臓が止まったことだろう。

フットボール・ロシアン・ルーレット。

後攻めのチリが連続で失敗し、ブラジルもウィリアンがストップされ、この試合何かとキーとなったフッキも失敗し手に汗濁る残酷な展開も、最後はチリがポストに当ててしまいジ・エンド。

セレソンが辛くもネクスト・ラウンドに進み、勇敢に戦った偉大なチリがブラジルの地を去ることとなった。

ウィン・オア・ゴーホームの1発勝負はやはり面白い。

ハワード・ウェブのジャッジは後半に失敗したが、ゲームを熱くする無駄なカードを出さなかった点は褒められると言っていいだろう。戦犯になりかけたフッキも胸を撫で下ろし、セレソンは次なるハードルへと1歩進んだ。

 

フッキ

ハンドじゃなかったよな。

1ゴール損したが、勝ててよかった。

 

セレソン

死闘。

 

セレソン

勝利が確定した瞬間のセレソン。

チアゴ・シウバとネイマールの涙が物語っていました。

 

アレクシス・サンチェス

アレクシス・サンチェス

この日もキレキレだったアレクシス。

同点ゴールは見事でしたがね・・・。

 

バルサの僚友

バルサ&バルサ&バルサ。

『苦しかった。それが本音だ。勝ちたいという気持ちは自分のサッカー人生の中で一番大きかった。すべてを出し切ったよ。いまはただ休みたい 』

『母国のファンの前で負けてしまうのではという恐怖はなかった。勝ちたいという気持ちがその恐怖を打ち消した。あの涙は勝てた喜びからだよ』とゲーム後に語ったネイマール。

負傷の報道も出てましたので心配(セレソンのゲーム内容も含め)ですね。そして、次は超新星ハメス・ロドリゲス率いるコロンビア。こちらも凄い試合になることを期待したいと思います。

 

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

今大会一のスーパー・ボレーを沈めたハメス・ロドリゲス。

ブラジルをも飲み込めばハメスの大会となるかもしれません。しかし、ヤバイ1発だったなぁ〜。

まもなくオランダVSメキシコです。また寝不足だ。

バルサのワールドカップ

ネイマール&ソング

ネイマール

ネイマール

ネイマール&ソング。

グループステージ最終戦のカメールン戦で2ゴールを上げたネイマール。ノックアウト・ラウンドではチリと当たることに。面白い一戦になるのでは?。

一方のソングは、マンジュキッチに肘を喰らわせ(かなり悪質でした)3試合のサスペンデッド。やれやれでした。

 

アレクシス

好調なアレクシスですが、オランダ戦では沈黙。

オランダのカウンター2発に沈みノックアウトラウンドでブラジルと当たることとなりました。

どうなるでしょうかね。

 

セスク&ピケ

チェルシーへ行くセスクと全く精彩を欠いたピケ。

 

シャビ

カタールへ行くと言われているマエストロ。

オーストラリアとの最終戦も出場しませんでした。

 

イニエスタ

イニエスタはイニエスタ。

一人奮闘。

お疲れさまでした。

 

ラキティッチ

ラキティッチ

バルサ移籍が発表されたセビージャのラキティッチのワールドカップもメキシコに1-3で敗れ終了。

シャビやセスクと違う縦に速いプレイスタイルでニューバルサを体現願いたいものです。

 

メッシ

ハッピー・バースデイ(本日6月24日に27歳となりました)メッシ。

ネイマールと雌雄を決することになるでしょうか?。

 

アルゼンチンサポ

母国に歓喜を齎すかな。

ワールドカップ後半戦も目が離せませんね。ではイタリア対ウルグアイを堪能したいと思います。