そこにいるトーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

起死回生。

九死一生。

一昨シーズンのファイナルでのセルヒオ・ラモスの一発を思い出すトーマス・ミュラーの値千金の一発が、バイエルンを(ペップ・グアルディオラを)救うこととなった。まぁバイエルンの自作自演と言ってもいいかもしれないが・・・ね。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSユヴェントス@アリアンツ・アレーナ。

敵地のファーストレグを2-2で終えていたバイエルン。勝ち切れなかったが貴重なアウェイ・ゴール2発をトリノから持ち帰り、この日はホーム。ほとんどの人が勝ち抜けを予想していたと思うが、フットボールはそう簡単にはいかない(改めて・・・)。

5分に単純なロビングボールの処理をノイアーとアラバの連携が上手くいかずリヒトシュタイナーに引っ掛けられて流れたところをポグバに蹴り込まれ、あっさり失点してしまう。声を荒げるノイアー。何かしら不安げでバタつく(そう見える)最終ライン。

28分にはモラタに自陣から50メートル以上の独走を許し(ベナティアの対応が緩くキミッヒがあっさり躱された)、最後は右サイドを並走してきたクアドラードに(ラームのスライディングを秀逸に躱す)美しい切り返しからニアをブチ抜かれ0-2とされた。前半30分も経たずにアウェイ・ゴール2発のアドバンテージを吐き出し、逆に2点以上取らなければならなくなった。

しかし、モラタをトップに置いてそのすぐ下に(横に?)ポグバを配し、残りが綺麗な2列を形成したユヴェントスをなかなか崩せないなか前半を終えることとなる。ピッチをワイドに使い相手ディフェンスを広げさせてウイングの突破から得点を上げるミュンヘンだが、白と黒の壁の素早い寄せにほとんどチャンスらしいチャンスもないままだった。縦への突破を完全にシャットアウトされ、シャビ・アロンソの楔は入るが、その後はノッキングしなかなかエリア内に入っていけなかった。

後半、『賢人』ペップ・グアルディオラは策を敢行。全くダメだったベナティアをベルナトに代えてアラバを中央にしてカウンター対策を取りつつ、左右のウイング、ドウグラス・コスタとリベリーの位置も変えた。利き足と同じ位置に入った両ウイングの縦深部への突破からゴールを窺うバイエルン。しかし状況は変わらず時間だけが過ぎて行った。

次なる『賢人』の策は60分、キングスレー・コマンをシャビ・アロンソに代えて投入しサイドでの起点、更なる縦への突破を目指した。徐々に疲弊するユーヴェの両サイドと下がりはじめるバックライン。左右からクロスの雨を降らせるバイエルン。何とか跳ね返すユヴェントスだがボールをキープ出来ず耐えるのみとなっていった。右のコマン、左のリベリー、抉じ開けようとするバイエルン。ケディラをストゥラーロ、モラタをマンジュキッチに代えて耐えていたがついにバイエルンが抉じ開ける。

 

レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキ

73分。右サイドでボールを残したコマンのパスをドウグラス・コスタがクロスを入れる。そのクロスにピンポイントで合わせたレヴァンドフスキ。

あと1点。残り時間は、アディショナル・タイムを入れて20分。十分に時間が残されていた。ユヴェントスに前へ行く力は残されておらず、あとは1点を守りきるのみだった。バイエルンのハーフコート・オフェンス。

 

トーマス・ミュラー

そして、劇的な冒頭の画像の一発はアディショナル・タイムの90分+1に訪れた。エブラが不用意にボールロストはしたが、そのボールを奪ってからのショートカウンター。右サイド深部からコマンが入れた秀逸なクロス。レヴァンドフスキの1点目と同様の強烈なトーマス・ミュラーの強烈なヘッド一閃。そこにいるトーマス・ミュラーの値千金の一発でゲームはエクストラ・ラウンドへ進むこととなった。

もうユヴェントスに攻めるチカラは残されていなかった。

 

チアゴ

108分。ミュラーとのワンツーを完成させたチアゴ・アルカンタラ。

 

コマン

コマン

ポグバを潰して自陣からカウンターを完結させたキングスレー・コマンの美しくも残酷なトドメの一発。

ボール・ポゼッション69%対31%。

アテンプト26対16。

ショット・オン・ターゲット8対11。

アグリゲート・スコア6-4。

 

グアルディオラ

『ハーフタイムで、これ以上失点するわけにはいかないが、とにかく1点を返せばどんなことでも起こり得ると選手たちに言った。特にドイツ人魂を発揮すればね。そしてリベリーとコスタを中心にもっとサイドを抉るように指示した。後半開始後はユーベがいくつかチャンスをつくったが、その後はゲームを支配できた。それがフットボールというものだ。ほんの1分前までまるでダメだったものが、見違えるように良くなったりする』

『ユヴェントスは本当に強いチームだ。序盤、我々は非常にナーバスになっていた。3点目を奪われていたら、どうなっていただろうか。しかし、次のゴールは我々が奪い主導権を握ることができた。特に延長戦は、バイエルンが一方的に攻める展開になった』

ほとんど死にかけていたが、歴史的逆転勝利でサヴァイブしたペップ・バイエルン。ボール・ポゼッションの矜持を示すコメントが、らしい。

 

トーマス・ミュラー

『プランどおりじゃなかった。ちょっとクレージーなゲームだった。スコアのことじゃなくて、僕にとってものすごく変な試合だったと思う。ユーヴェの守備はほぼマンマークで、僕はあまり試合に入り込めていなかったからね』

『相手に2点を奪われれば、試合は違ったものになる。メンタル面も含めてね。ホームでの試合だし後半には2点取れると信じていたよ。もちろん簡単だとは思わなかったけどね。僕らにとって大事だったのは焦らなかったこと。3点目を許せば敗退が決まっていたわけだからね』

と語ってくれた、往年のフィリッポ・インザーギのようにソコにいるトーマス・ミュラー。

侮れない。

広告

ミュンヘン無双!?

グアルディオラ

2013-2014シーズン・フレンドリーマッチ(ウリ・ヘーネス・カップ)、バイエルン・ミュンヘンVSバルセロナ@アリアンツ・アレーナ。

『賢人』は『賢人』でした。

ノイアーから繋ぐプレイを展開。究極のポゼッション・フットボールをここミュンヘンでも実行するみたいです。ボールマンへのプレッシングも忠実に、ボールポゼッションでもバルサを上回ったみたいです。試合は2-0でミュンヘンが勝ちました。リベリー、絶好調でしたね。

バルサはコンフェデに出場したスペイン代表組は全員出場せず。メッシも前半のみでした。これからコンディションを上げて行ってもらいたいですが、少し心配ですかね。バルトラとマスチェラーノのセントラルでしたが、ラームの擦らしたヘッドで失点してしまう始末。“タタ”・マルティーノ、早くチームに合流しないとイケマセンね。

まァ~プレシーズンマッチひとつでメクジラたてるのもどうかですが、早くベストメンバーを観たいものです!

 

メッシ①

メッシ、ケガは癒えたみたいですね。

先発で45分間ピッチに立ちました。

 

メッシ②

開始1分でシュートを放ったメッシともう馴染んでいたチアゴ。

ゲッツエはどうした??

ミュンヘンは今シーズンは『本命』です。間違いなく強いですね。

マエストロ結婚、他バルサニュースを少々

シャビ

先月に報じられていたマエストロ・シャビの結婚。この度、メデタク式を挙げられ、披露宴パーティを行ったようです。バルサの面々も多数出席したみたいですねェ~(ちなにみ、プジョルとピケ、『聖』イケルはヴァケイション中で欠席だったみたいです)。

マエストロ、おめでとうございます。

英気を養って来るシーズンに備えてもらいたいものですね。

 

メッシ

脱税疑惑で揺れている『神』メッシも出席していました。

自身は、9月のチャンピオンズリーグ前に法廷に出頭しなければならないみたいですが・・・。

何だかなぁ~。

 

チアゴ

一方、マン・ユナイテッド移籍が囁かれていたチアゴ・アルカンタラですが、恩師グアルディオラのミュンヘンへ移籍することが正式発表されました。契約期間は4年、2,500万ユーロ(およそ32億円)だそうです。

『どんだけ補強すんだ!!』

ゲッツエを補強し磐石な体制を敷いているミュンヘンですが、更なる補強を敢行。中盤にはクロース、シュバインシュタイガー、ハビ・マルティネス、グスタボらがいますしどうするんでしょうか?ハビ・マルティネスはセントラルへポジションを替えるんだろうけど・・・。『ゼロ・トップ』をミュンヘンでも披露するのでしょうが、1年後アヤックスへ放出されないことを願うばかりです。

しかし、バルサは放出のニュースばかりですのでそろそろビッグネームの獲得報道が欲しいものです。ビジャとチアゴの移籍で得たお金を有効に使ってもらいたいですね。

パリやロンドンのブラジル人セントラルを獲得出来るでしょうか?

無理だろうなぁ~。

 

プジョル

イビサ島でラブラブ・ヴァカンス中のグラン・カピタン。

ケガからの回復は順調なんでしょうか?

しかし、フットボーラーってイビサ島好きですねェ~。4~5人訪れているニュースを見ました。何にしても、またシーズンを通して素晴らしいプレイを披露してもらいたいものです。

おしまい。

圧勝で連覇

ラ・ロヒータ

U-21・EURO2013・ファイナル、スペインVSイタリア@イスラエル・テディ・スタジアム。

素晴らしいゲームでしたね。

ユース年代でもA代表と同じシステムで、美しいパス・フットボールを披露してくれた“ラ・ロヒータ”。

開始早々の6分。左サイド深く侵入してきたモラタのクロスをフリーでエリア中央に走り込んできたチアゴがヘッドを突き刺し難なく先制。

“アッズリーニ”もその後すぐに縦パス1本でインモービレが抜け出し、綺麗なループでデ・ヘアを破り1-1に追い付きましたが、“ラ・ロヒータ”が2枚は上手でした。追い付かれてからもモラタやテージョ(スパイクが合ってなかったのか滑り過ぎでしたが)が仕掛けます。追加点はコケの柔らかいクロスをまたもチアゴが冷静に胸トラップからボレーでキーパーの股間を当たりながら破り生まれました。

そして、その直後にテージョが左エリア内で倒され、チアゴが最近流行りの真ん中に蹴り込み3-1として勝負が決しました。

後半もモントーヤがエリア内で巧みな切り返しでペナルティをゲットし、今大会キレキレだったイスコがこれも難なく右に蹴り込み4-1。“アッズリーニ”も終盤、ボリーニの美しいゴールで意地を見せましたが、“ラ・ロヒータ”が完全にゲームをコントロールし、このカテゴリー通算4度目の栄冠を連覇で勝ち取りました。

マリオ・バロテッリは、ここをスッ飛ばして“アッズーリ”でコンフェデを戦ったりしていますが、この中から近い将来、A代表に昇格するプレイヤーが居るのは間違いないですね。特にスペイン。カシージャスやシャビ、シャビ・アロンソやプジョルもそうだと思いますが、ブラジル後には代表を引退するので、ホント楽しみです。

 

モラタ

チアゴの先制点を演出したマドリーのモラタ。

ここまで途中出場ばかりでしたが、ファイナルでは先発しアシストを記録。通算4得点でゴールデンブーツ賞(得点王)にも輝きました。

イグアインの代りはモラタでイイのでは?

 

バルサ

チアゴ2

チアゴ

イスコに遅れを取っていた今大会でしたが、ファイナルではハットトリックで結果を出しました。

所属のバルサではなかなか思うようなプレイタイムが無いと思いますが、シャビの後継者は君ですよ~。頑張って欲しいですね。

 

インモービレ

先制点を許し、そのままボロボロで終わるかと思いましたが流石にファイナルです。

インモービレ(ジェノア)の秀逸なバセリーナは見事でした。

 

モントーヤ

アルベロアより数倍イイと思うバルサのモントーヤ。

アウヴェスが君臨していますが、来シーズンはチャンス有りだと思います。

 

イスコ

次は何処へ移籍するかが騒がしくなるイスコ。

個人的に大会MVP(ちなみに、チアゴが大会MVPでした)。

 

アッズリーナ

イジャラ&チアゴ

イジャラはソシエダで、ヨーロッパでインパクトを出せるでしょうか?

シャビ・アロンソの後継者である事に疑いはありません。“ラ・ロハ”でも観たいですね。

 

セレブレーション

おめでとうございます。

ファイナルを制するに値するパフォーマンス、見事でした。スペインはもう5年は安泰ですかね~。

決定力で魅せたモラタ

1962015_w2

U-21・EURO2013・グループステージ第2節、スペインVSドイツ@イスラエル・ネタニヤ。

優勝候補の“ラ・ロヒータ”ですが、初戦のロシア戦同様なかなかネットを揺らせませんでした。しかし、後半途中出場のマドリーのモラタ(まだ20歳)が、これまた初戦同様に値千金のグループリーグ突破を決めるゴールを決めて“ラ・ロヒータ”を救いましたね。

勝負強いです。初戦はバルサのチアゴのクロスに頭で合わせ、今回は単騎突破。左サイドでポストプレイをするのかなと思わせて、ボールを足で引っ掛け素早いターンで前へ向いて速いドリブルでディフェンダーを振り切りエリア内に侵入。ゴールライン際まで入って、中央へ折り返すと思いきや素早く振り抜きニアを破りました。

マドリーでも先発でイイんじゃね?

キレキレのイスコもマラガから獲得して、スペインカラーを出していけば、モウによって傷付いたイメージを回復するかもしれません。

さて、次は好調オランダ。どちらがよりポゼッションするのかな?楽しみです。

 

モラタ

ラ・ロヒータ

キャプテンはバルサのチアゴ。

シュートをポストに当てたり、まずまず良いですね。

 

ワイナルドゥム

オランダの要注意人物、ワイナルドゥム。

2ゴール上げてます。なかなか速くて強く、そして上手い。言い過ぎかな?しかし、ロナウジーニョのような長髪のドレッドヘアだったのをバッサリ切って気合充分です。2戦で8ゴールとゴキゲンなオランダですが、ディフェンスはザルです。

打ち合いが観たいなぁ~。