いざ、エティハドへ

バルサ

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ第24節、バルセロナVSラージョ・バジェカーノ@カンプ・ノウ。

開始2分のアドリアーノのゴール。小気味よいワンタッチ・パス。前線からのプレスとメッシ、イニエスタのコンディション。どれも良かった。ポゼッション志向のラージョだから網にも引っ掛けやすい。

36分にはセスクが相手のミスからメッシに絶妙なスルーパスを通し、メッシは練習のようにバセリーナを沈め勝負を決めた。2点目が生まれる前にポストを叩くシーンが2度あって、久しぶりに楽しいバルサだった。

後半は更なるゴールラッシュ。

53分のサンチェスに始まり、ペドロ、メッシと立て続けに15分間で3ゴール。お祭りだ。

仕上げは捻挫から復帰したネイマールがゴラッソなミドルを叩き込み、ミッドウィークの決戦ファースト・レグに臨むこととなった。

マン・シティもFAカップでチェルシーに2-0でプレミアのリベンジを果たし、盛り上がること必至。スペクタクルを期待せずにはいられない。

 

アドリアーノ

開始早々のゴラッソでゲームを有利に。

年に何回か見せる、ジョルディ・アルバには無い魅力のアドリアーノのミドル。素晴らしかった。

 

メッシ

右でアレクシスがフリーだったが、この試合のメッシはゴールしか見てなかった。

当然のようなバセリーナで偉大なるアルゼンチンの先輩、ディ・ステファノに並ぶリーガ通算227ゴール目。

 

メッシ

アレクシスのパスをゴールにパスし、ラウールの記録に並ぶ通算228ゴール目も上げたメッシ。アレクシスにスルーパスも出していたし、確実にコンディションは上がっている。

激しいコンタクトが予想されるプレミア相手にどんなプレイを見せてくれるだろう?。

 

サンチェス

ペドロ

バルサ

ボールロストもあったアレクシスだが、ゴールは完璧だった。

このゲームで最も美しいゴールシーンだったイニエスタのワンタッチヒールパスに反応したセスクの折り返しを沈めたペドロ。

パーフェクト。

 

ネイマール

ネイマール

89分。

センターサークル付近からドリブルを開始し、そのままエリア手前で放った美しい弧を描いた1発。ディフェンスが緩過ぎたが、祝砲は素直に喜ぼう。

 

メッシ

エティハドでもインテンシティを見せてアウェイ・ゴールをその手に。

待ち切れない。

広告